第三の女 (研ナオコのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「㐧三の女」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
㐧三の女
研ナオコスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東宝レコード
研ナオコ 年表
女ごころ
1973年
㐧三の女
1974年
その道・オリジナル14
1974年
『㐧三の女』収録のシングル
  1. 「女心のタンゴ」
    リリース: 1973年3月1日
  2. 「うわさの男」
    リリース: 1973年10月25日
  3. 「㐧三の女」
    リリース: 1974年6月25日
テンプレートを表示

㐧三の女』(だいさんのおんな)[注釈 1]は、研ナオコの2枚目のオリジナルアルバム

1974年発売。販売・発売元は東宝レコード

解説[編集]

シングル「女心のタンゴ」「うわさの男」「㐧三の女」のA面と「私は泣いています」「雨がやんだら」「夜が明けて」「砂漠のような東京で」「星の流れに」「カスバの女」「人形の家」「終着駅」「教会へ行く」のカバーを収録。

アルバム本体としては未CD化だが、ベスト盤である「研ナオコ シングルA面コンプリート」、「研ナオコ カバー作品コレクション」にて個別にCD化された。

収録曲[編集]

side:A[編集]

  1. うわさの男
    7枚目のシングル曲。再収録でデビューアルバムでもA面1曲目に収録されている。
  2. 㐧三の女
    • 作詞:阿久悠/作曲:森田公一/編曲:鈴木宏昌
    8枚目のシングル曲。
  3. 私は泣いています
    りりィのカバー。
  4. 雨がやんだら
    朝丘雪路のカバー。
  5. 夜が明けて
    • 作詞:なかにし礼/作曲・編曲:筒美京平
    坂本スミ子のカバー。
  6. 砂漠のような東京で
    いしだあゆみのカバー。

side:B[編集]

  1. 女心のタンゴ
    • 作詞:阿久悠/作曲:森田公一/編曲:前田憲男
    6枚目のシングル。再収録でデビューアルバムでもB面1曲目に収録されている。
  2. 星の流れに
    菊池章子のカバー。
  3. カスバの女
    エト邦枝のカバー。
  4. 人形の家
    • 作詞:なかにし礼/作曲:川口真/編曲:有明春樹
    弘田三枝子のカバー。
  5. 終着駅
    奥村チヨのカバー。
  6. 教会へ行く
    ペドロ&カプリシャスのカバー。

注釈[編集]

  1. ^ > 『』は『第』の略字。元来の楽曲タイトル表記は『㐧三の女』であるが、長らくWWW上での一般表示が不可能であった。Unicodeに『』が追加された事により表示可能となった。 数値文字参照:[㐧]