第二大函丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第二大函丸
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 東日本フェリー(1965-1971)
東日本海フェリー(1972-1983)
運用者 東日本フェリー(1965-1971)
東日本海フェリー(1972-1983)
建造所 下田船渠
改名 第二大函丸
第三陸奥
経歴
進水 1965年
竣工 1965年
就航 1965年7月23日
運航終了 1983年
要目 (フェリー時代)
総トン数 479.79トン
全長 48.35m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
出力 1200 PS
航海速力 13.50ノット
テンプレートを表示

第二大函丸(だい2たいかんまる)は、東日本フェリーが運航していたフェリー。

概要[編集]

1965年7月23日大函丸 (初代)に続いて大間函館航路に就航した。 1968年、戦車搭載性能調査を実施、陸上自衛隊のM4中戦車を搭載した。

1971年に売船され、東日本海フェリーが購入、船首ランプを閉鎖して船首を取り付け、デッキ屋根を撤去するなど改造を受けた。 1972年5月より奥尻航路に就航、その後、1983年に引退した。

その後、青森県の建設業者である高重組に売却され、福井造船で船橋以外の上部構造物を撤去、船体を短縮する大改造を行い、1985年1月にサプライボート船型の曳船、第三陸奥として竣工、関根浜港の建設工事に従事した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フェリーから曳船へ! 目まぐるしく船容を変えた「第三大函丸」の奇跡を辿って」、『世界の艦船』第350号、海人社、1985年5月、 134-135頁、2015年11月19日閲覧。