第二津軽大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第二津軽大橋(だいにつがるおおはし)とは、青森県北津軽郡中泊町長泥地区の岩木川に架かる橋梁である。現在[いつ?]建設中であり、つがる市車力地区の青森県道12号鰺ケ沢蟹田線中泊町中里地区の国道339号のアクセス強化を目指す、青森県道43号五所川原車力線道路改良工事の一部で、またその改良工事の総称名としても使用されている。

橋の概要[編集]

  • 架橋箇所-青森県中泊町長泥地内
  • 橋梁種類-鉄筋コンクリート橋
  • 橋梁形式-PC・6径間ラーメン箱桁橋
  • 道路規格-第3種 第3級
  • 設計速度-V=50km/h
  • 橋梁延長-L=600m
  • 車線数-2車線
  • 全幅員-10.95m(2.2m-1.5m-6.0m-1.25m)
  • 勾配-縦断 0.3%〜0.4% 横断 2.0%
  • 平面線形-R=∞(直線)

沿革[編集]

  • 2001年 事業着手
  • 2002年 交流ふれあいトンネル・橋梁事業に選定

その他[編集]

  • 平成21年度中の完成を見込んでいたが、道路予算の削減等から工事が遅れており、現在[いつ?]も建設中である。

関連項目[編集]