第五十八号駆潜艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第五十八号駆潜艇
艤装中の第五十八号駆潜艇 (1943年12月20日 新潟鐵工所新潟工場)
艤装中の第五十八号駆潜艇
(1943年12月20日 新潟鐵工所新潟工場)
基本情報
建造所 新潟鐵工所新潟工場
運用者  大日本帝国海軍
艦種 駆潜艇
級名 第十三号型駆潜艇
建造費 2,921,600円(予算成立時の価格)
艦歴
計画 マル急計画
起工 1943年6月5日
進水 1943年10月30日
竣工 1944年1月26日
最期 1945年5月22日沈没
除籍 1945年8月10日
要目(竣工時)
基準排水量 420トン
全長 51.00m
水線長 49.0m
垂線間長 46.5m
最大幅 6.70m
深さ 4.65m
吃水 2.63m
機関 艦本式23号乙8型ディーゼル2基
推進 2軸
出力 1,700hp
速力 16.0ノット
燃料 重油 16トン
航続距離 14ノットで2,000カイリ
乗員 定員73名[注釈 1]
兵装 40口径8cm高角砲 単装1基
13mm機銃 連装1基
九四式爆雷投射機2基
爆雷36個
搭載艇 短艇2隻
レーダー 22号電探1基
ソナー 九三式水中聴音機1基
九三式水中探信儀1基
テンプレートを表示

第五十八号駆潜艇[注釈 2](だいごじゅうはちごうくせんてい)は、日本海軍駆潜艇。普遍的には第二十八号型駆潜艇の最終艇(31番艇)とされているが、海軍省が定めた艦艇類別等級では第十三号型駆潜艇の46番艇[注釈 3]。基本計画番号K8Bによる駆潜艇の建造は本艇を最後として終了し[注釈 4]、以後の建造は簡易化をさらに推進した基本計画番号K8C(第5341号艦型)に移行した。

艇歴[編集]

マル急計画の第440号艦型19番艇、仮称艦名第458号艦として計画。1943年6月5日、新潟鐵工所新潟工場で起工。8月31日、第五十八号駆潜艇と命名され、第十四号型駆潜艇の40番艇に定められ[注釈 3]、本籍を呉鎮守府と仮定。10月30日進水。11月1日、艤装員事務所が新潟鐵工所新潟工場内で事務を開始[1]

1944年1月26日竣工し本籍を呉鎮守府に、役務を呉鎮守府警備駆潜艇にそれぞれ定められ、佐世保鎮守府佐世保防備戦隊に編入。31日、兵力部署第一護衛部隊に編入。2月11日、軍隊区分機雷部隊に編入され、第十八戦隊の護衛に従事。奄美大島方面で行動。27日、悪石島で対潜掃蕩に従事。

4月1日、北大東島で陸軍徴傭船南丸が被雷沈没したため、対潜掃蕩に向かう。現地到着後は第49号駆潜艇と共同で3日まで対潜掃蕩に従事し、加計呂麻島瀬相港へ回航。10日、佐世保防備戦隊が解隊され、佐世保鎮守府隷下に新編された第四海上護衛隊に編入[注釈 5]。ただし本艇は6月19日まで第十八戦隊の護衛を継続[2]

6月10日、連合艦隊作戦指揮下に編入[3]。軍隊区分機動部隊補給隊警戒部隊に配置。第十八戦隊の護衛終了後は基隆で補給を行いダバオへ回航[2]。以後タウィタウィ島タラカン島方面の船団護衛に従事。7月25日、Z258船団(6隻)を護衛しダバオ発。船団は1隻を失ったが27日、サンボアンガ着。28日、C294船団(4隻)を護衛しサンボアンガ発。31日、セブ[4]

8月9日、マタ26船団(24隻)を護衛しマニラ発。17日、高雄[5]。8月20日、タモ23船団(14隻)を護衛し高雄発。26日、門司[5]。8月、佐世保鎮守府作戦指揮下に編入され修理と整備を行う。

10月10日、往航船団の護衛を終え那覇に在泊中、十・十空襲に遭遇し被爆損傷。佐世保、次いで鎮海へ回航し修理を行う。

1945年1月から佐世保-奄美大島間の護衛に従事。

3月5日、軍隊区分機雷部隊に編入。12日まで大島緊急物件輸送の第十八戦隊を護衛[6]。21日、カナ101船団(陸軍徴傭船華頂山丸)を護衛して西桜島錨地発。22日久慈湾で仮泊。23日、那覇へ向け出発したが、同日アメリカ艦上機の空襲を受け華頂山丸が沈没し、本艇も損傷した。佐世保へ回航し、5月まで修理を行う。修理中の4月、第四海上護衛隊指揮下に復帰[注釈 6]

5月10日、第四海上護衛隊は第五特攻戦隊に改編。本艇は佐世保防備隊作戦指揮下に編入。21日、第三次大島輸送隊の第173号輸送艦を第37号駆潜艇と護衛し佐世保発。同日から空襲を受け、22日に奄美大島沖で輸送艦と護衛の駆潜艇は全て撃沈された。

8月10日、第五十八号駆潜艇は帝国駆潜艇籍から除かれ、第十四号型駆潜艇から削除された。

駆潜艇長[編集]

艤装員長
  1. 川村光雄 大尉:1943年12月25日 - 1944年1月26日
駆潜艇長
  1. 川村光雄 大尉:1944年1月26日 - 1944年10月10日 戦死、同日付任海軍少佐
  2. (臨時)山本悦六 少佐:1944年10月21日 - 1944年11月10日
  3. 美郷幸一 大尉:1944年12月5日 - 1945年3月23日 戦死、同日付任海軍少佐
  4. 飯田英一 大尉:1945年4月1日 - 1945年5月21日 戦死、同日付任海軍少佐

脚注[編集]

注釈
  1. ^ この数字は法令上の定員であり、特修兵や臨時増置された人員を含まない。
  2. ^ 本来の艇名表記は第五十八號驅潛艇。以下、「第五十八号駆潜艇」の表記部について同じ。
  3. ^ a b 本艇が艦艇類別等級別表に登載された1943年8月31日時点で第13号駆潜艇、第25号駆潜艇、第27号駆潜艇の3隻が除籍済み、第55号駆潜艇、第56号駆潜艇、第57号駆潜艇の3隻が艦艇類別等級別表未登載のため法令上は第十四号型の40番艇である。これら6隻を含めた場合、本艇は第十三号型の通算46番艇となる。
  4. ^ 各建艦計画の仮称艦名順で見た場合の「最後」。日付順ならば函館船渠建造分の第57号駆潜艇が起工竣工ともに基本計画番号K8Bの最終艇となる。
  5. ^ 戦史叢書『大本営海軍部・聯合艦隊(6) -第三段作戦後期-』附表による。『第四海上護衛隊/沖縄方面根拠地隊戦時日誌』では、1944年4月から1945年3月までの間、本艇の行動に関する記述が一切存在しない。
  6. ^ 1945年4月-5月分『第四海上護衛隊戦時日誌』、別紙第二「麾下艦船部隊ノ行動」による。
脚注
  1. ^ 昭和18年12月11日付 海軍公報(部内限)第4563号。
  2. ^ a b 第十八戦隊戦時日誌(昭和19年6月1日-30日)。
  3. ^ 昭和19年6月10日付 大海指第391号。
  4. ^ 第一海上護衛隊戦時日誌(昭和19年7月1日-31日)。
  5. ^ a b 第一海上護衛隊戦時日誌(昭和19年8月1日-31日)。
  6. ^ 特設敷設艦高榮丸戦時日誌(昭和20年3月1日-31日)。

参考文献[編集]

  • 海軍省
    • 法令、令達、命令
      • 昭和15年11月15日付 内令第841号。
      • 昭和18年5月1日付 内令第838号、内令第847号。
      • 昭和18年8月31日付 達第202号、内令第1775号、内令第1778号、内令第1779号ノ2。
      • 昭和19年1月26日付 内令第230号、内令第242号、内令第243号。
      • 昭和20年8月10日付 内令第720号、内令第721号、内令第722号、内令第723号、内令第728号。
    • 人事発令
      • 昭和18年12月27日付 海軍辞令公報(部内限)第1288号。
      • 昭和19年1月26日付 海軍辞令公報(部内限)第1305号。
      • 昭和19年10月26日付 秘海軍辞令公報 甲 第1628号。
      • 昭和19年11月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1643号。
      • 昭和19年12月9日付 秘海軍辞令公報 甲 第1664号。
      • 昭和20年4月16日付 秘海軍辞令公報 甲 第1774号。
      • 昭和20年8月30日付 秘海軍辞令公報 甲 第1900号。
      • 昭和20年9月28日付 海軍辞令公報 甲 第1933号。
      • 昭和20年9月29日付 海軍辞令公報 甲 第1934号。
    • 戦時日誌、功績調査
      • 佐世保防備戦隊戦時日誌。
      • 第一海上護衛隊戦時日誌。
      • 第四海上護衛隊/沖縄方面根拠地隊戦時日誌。
      • 第十八戦隊戦時日誌。
      • 第五特攻戦隊戦時日誌。
      • 佐世保防備隊戦時日誌。
      • 特設敷設艦高榮丸戦時日誌。
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』、出版共同社、1987年。ISBN 4-87970-047-9
  • 坂本正器/福川秀樹 『日本海軍編制事典』、芙蓉書房出版、2003年。ISBN 4-8295-0330-0
  • 世界の艦船海人社
    • No. 507 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、1996年。
    • No. 522 増刊第47集 『日本海軍特務艦船史』、1997年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 『戦史叢書』、朝雲新聞社。
    • 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、1969年。
    • 第46巻 『大本営海軍部・聯合艦隊(6) -第三段作戦後期-』、1971年。
    • 第71巻 『大本営海軍部・聯合艦隊(5) -第三段作戦中期-』、1974年。
    • 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、1975年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。
  • 丸スペシャル潮書房
    • No. 49 日本海軍艦艇シリーズ 『駆潜艇・哨戒艇』、1981年。
    • No. 50 日本海軍艦艇シリーズ 『掃海艇・輸送艦』、1981年。