第六天神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第六天神社(だいろくてんじんしゃ)は、関東地方(旧武蔵国)を中心としてその周辺に存在する神社。なお、神社によっては第六天を「大六天」と表記する場合もある。

歴史・特徴[編集]

元々は神仏習合の時代に第六天魔王他化自在天)を祀る神社として創建されたものであるが、明治の神仏分離の際、多くの第六天神社がその社名から神世七代における第六代のオモダル・アヤカシコネ(面足命・惶根命)[注 1]祭神を変更した。

『日本民俗学 No.127』によると、『新編武蔵国風土記稿』より320余社、『新編相模国風土記稿』より140余社、『増訂・豆州志稿』より40余社の「第六天神社」を確認できたとあるように江戸時代末までは関東を中心に多く存在したが[1]、前述の神仏分離によって改称あるいは他の神社に合祀相殿末社となり、のようなものも数えれば現在でも300余社あるものの[2]宗教法人格を持つような独立神社としては36社しかなく珍しい存在となっている[3]。なお、現在では東京都千葉県県境近辺に多く所在しており、神奈川県内において神社庁下の独立神社は2社に留まる[2][3][4](第六社および大六天神社を含めれば5社となる)。また、千葉県香取市山倉大神は前述の神仏分離まで大六天王(第六天魔王と同一)を祀っており(現在では近距離に所在する真言宗山倉山観福寺に遷座)、大六天王社の総社とされていた。

一方、第六天神社が所在する分布にも大きな特徴があり、東日本において関東の旧武蔵国を中心に旧相模国、旧伊豆国などに存在するが[5]西日本では皆無となっている[3][4]。これは神奈川県神社庁の 『かながわの神社ガイドブック』(1997年、かなしん出版)によると、戦国時代覇者である織田信長が篤く信奉していたとされることから、天下統一の跡を継いだ豊臣秀吉が第六天の神威(しんい)を恐れ、拠点としていた西日本の第六天神社を尽く廃社したためという[3][4]。なお、信長が信奉し自ら「第六天魔王」と名乗っていたとされるのは、イエズス会宣教師ルイス・フロイス書簡の中で紹介されている、武田信玄と信長が書状のやり取りをした際の話からきており、それによると「信玄がテンダイノザス・シャモン・シンゲン(天台座主沙門信玄)と署名したのに対して、信長は仏教に反対する悪魔の王、ドイロクテンノ・マオウ・ノブナガ(第六天魔王信長)と署名して返した」とされるが、実際に自ら名乗っていたという文献などは他に存在しない[6]

この他、祭神については前述の第六天魔王から神世七代第六代の神に変更されたケース以外に、東京都墨田区押上葛飾区西亀有高木神社(旧称:第六天社)のように高木の神(タカミムスビ:日本書紀では高皇産霊神、古事記では高御産巣日神)を祭神としている場合[7]宮城県名取市の第六天神社のようにそもそも第六天魔王とは関係がなく天神を祀っている神社もある[8][9][10]。またさいたま市岩槻区にある武蔵第六天神社でも御使役の天狗様や社殿に宿る大天狗・烏天狗など天狗と関連付けられている[11]

主な第六天神社[編集]

現在でも社名に「第六天」(大六天)の名前が残ってる主な神社を以下に記す。鎮座地の分布については関東地方が中心であるが、東北地方中部地方甲信越[12]東海地方)にも存在している。一方で、長野県および静岡県より以西にはほとんど見られない。

登記上の宗教法人名称としては、「第六天神社」が19社、「第六天社」が4社、「第六天宮」が1社、「第六社」が2社、「大六天神社」が5社、「大六天社」が3社、「魔王天神社」が2社の計36社が存在する。地名などを冠して社名に含む神社は存在しない。例えば、「武蔵第六天神社」「第六天榊神社」の正式な社名はそれぞれ「第六天神社」「榊神社」である。宗教法人格が存在するものについては以下に ☆ をつけて表す。

東北地方[編集]

宮城県
第六天神社(宮城県名取市)

関東地方[編集]

群馬県
栃木県
茨城県
埼玉県
第六天榊神社(東京都台東区)
大六天魔王神社(東京都八王子市)
千葉県
  • 第六天社(市川市若宮) ☆
  • 第六天神社(千葉市花見川区横戸町/横戸第六天公園内) ☆
  • 第六天神社(千葉市中央区浜野町)
  • 大六天神社(千葉市若葉区貝塚町) ☆  
  • 大六天神社(千葉市若葉区中田町)
  • 大六天神社(香取市大崎) ☆
  • 大六天神社(袖ケ浦市大曽根) ☆
  • 大六天尊(船橋市夏見)  
  • 大六天王宮(船橋市楠が山町)
  • 大六天王神社(富津市大堀)
東京都
神奈川県
第六天神社(神奈川県茅ヶ崎市)
  • 第六天神社茅ヶ崎市十間坂)法人名:「宗教法人第六天神社」 ☆
  • 第六天神社(横浜市泉区和泉町字鍋屋)法人名:「宗教法人第六天神社」、通称:「鍋屋第六天神社」 ☆ [16]
  • 第六社(横浜市戸塚区上矢部町字坂本)法人名:「宗教法人第六社」、通称:「坂本第六社」 ☆
  • 第六社(横浜市戸塚区上矢部町字番匠谷)法人名:「宗教法人第六社」、通称:「番匠谷第六社」 ☆
  • 大六天神社(横須賀市坂本町) ☆

中部地方[編集]

新潟県
長野県
山梨県
第六天魔王(山梨市の神社)
静岡県
  • 第六天宮(御殿場市西田中) ☆
  • 第六天神社(御殿場市柴怒田字ツイチ) ☆
  • 第六天神社(御殿場市神場) ☆
  • 第六天神社(沼津市大岡字竹ノ花) ☆
  • 第六天神社(伊豆の国市守木字上殿) ☆
  • 大六天尊神社(熱海市東海岸町)
  • 大六天神社(賀茂郡河津町田中)
  • 第六天神社(富士市比奈) ☆
  • 大六天神社(富士市沼田新田)
  • 第六天神社(富士宮市山本) ☆
  • 第六天神社(富士宮市源道寺字芝添) ☆
  • 第六天神社(富士宮市弓沢町)
  • 第六天神社(静岡市清水区由比阿僧)

改称された主な旧第六天神社[編集]

改称されている主な旧第六天神社(第六天社・大六天社などを含む)のうち、現在は「第六天」(大六天)と名乗らない神社を以下に記す。なお、以下には過去に「第六天」(大六天)と呼ばれた社を合祀している神社も含む。

千葉県
東京都
神奈川県

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本書紀の表記による。古事記では淤母陀琉神・阿夜訶志古泥神と表記されており、この表記に従う神社もある。

出典[編集]

  1. ^ 一般社団法人 日本民俗学会機関紙『日本民俗学』第127号(1980年3月15日), 木村博 「第六天信仰の展開」
  2. ^ a b 神奈川県茅ヶ崎市にある第六天神社の境内社頭掲示板「第六天神社御由緒」より
  3. ^ a b c d 第六天神社(旅の道標)
  4. ^ a b c 『かながわの神社・ガイドブック 〜こころの散歩道〜』(かなしん出版/監修:神奈川県神社庁 平成9年 (1997年) 10月20日), p83
  5. ^ 他にもあった第六天 全国編(臨済宗祐泉寺のサイト内)
  6. ^ その正体は欲望の神様!? なぜ織田信長は「第六天魔王」と呼ばれたか(戦国ポータルサイト 武将ジャパン)
  7. ^ 高木神社(東京都神社庁)
  8. ^ a b 第六天神社(宮城県神社庁)
  9. ^ a b なとり百選(歴史):第六天神社(名取市公式ウェブサイト)
  10. ^ 第六天についての考察(存在証明)
  11. ^ 天狗伝説 飯能市、さいたま市岩槻区武蔵第六天神社(妖怪伝説の旅)
  12. ^ a b c 参考:甲信上越の大六天(第六天)マップ(道祖神と第六天を巡って)
  13. ^ 増田の七天神(名取市増田公民館:文化財・史跡)
  14. ^ 第六天神社拝殿(第六天神・馬塚明神)(panoramio)
  15. ^ [1]
  16. ^ [2]
  17. ^ 西山神社(長野県伊那市)(八百万の神)
  18. ^ 第六天西山神社 上伊那神社巡り♪(五十鈴神社『宮司の社務日誌』 2009年6月26日)
  19. ^ 第六天西山神社例祭(伊那谷ねっと 2014年10月9日放送)
  20. ^ 西山神社の例祭 保育園児、小さなのぼり奉納(信濃毎日新聞:なーのちゃんTV 2014年10月10日)
  21. ^ 花の開花状況 H25.4.1現在(山梨市観光協会「ぐるっと山梨市」 2013年4月2日)
  22. ^ 第六天魔王のシダレザクラ(Charm Weblog 2010年4月20日)
  23. ^ 第六天魔王のシダレザクラ:山梨市牧丘町(山梨の観光情報(牧丘タクシーの取材ブログ))

参考文献[編集]

  • 『かながわの神社・ガイドブック 〜こころの散歩道〜』(かなしん出版/監修:神奈川県神社庁 平成9年 (1997年) 10月20日)
  • 一般社団法人 日本民俗学会機関紙『日本民俗学』第127号(1980年3月15日)

関連項目[編集]

外部サイト[編集]