第十五航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第十五航空隊[1](だい15こうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。2代存在するが、初代・二代とも陸上攻撃機戦闘機を主力とする戦爆連合部隊として、日中戦争中盤に華中華南仏印方面で内陸偵察・爆撃に従事した。

初代[編集]

沿革[編集]

日中戦争序盤の航空戦は日本の圧倒的な勝利で推移したが、広大な大陸を制圧する陸上戦力は十分なものではなく、中国軍は漢口を拠点として日本軍と対峙していた。漢口を陥落させることによって華中の平定を完了させ、中国政府を屈服させることに期待した大本営は、昭和13年度に漢口攻略を完遂するために戦力の全力投入を図った。華中に進出した海軍航空隊は艦上機からなる第十二航空隊第十三航空隊があり、十三空を陸上攻撃機隊に転換して爆撃能力を向上させた。一方で戦闘支援に向いた小回りの効く艦上爆撃機を欠くことになったため、これを補うべく編成したのが初代十五空である。

  • 昭和13年(1938年)
6月25日 - 大村飛行場で臨時編制。第二連合航空隊に編入(陸上攻撃機6・戦闘機12・艦上爆撃機12)。
7月10日 - 安慶に進出、以後、一連の漢口攻略作戦の枝作戦に従事。
7月18日 - 南昌攻略作戦を防空支援。空中戦で9機撃墜・2機喪失。飛行隊長南郷茂章大尉が戦死する。
8月3日 - 漢口爆撃に向かう十三空を護衛。
8月12日 - 九江上空で防空哨戒。
8月18日 - 漢口攻略作戦の事前爆撃に参加。
8月22日 - 漢口攻略作戦の本作戦発動。以後、前線の防空・戦闘・哨戒・爆撃に従事。
11月15日 - 漢口陥落。
12月1日 - 解隊。

所期の目的である漢口攻略に成功したため、作戦のために編成した十五空は使命を終えた。解散後は一部が中国戦線の補充に充てられ、主力は大村に帰還した。

主力機種[編集]

歴代司令[編集]

  • 蒲瀬和足 大佐:1938年6月25日[2] - 1938年12月1日解隊

二代[編集]

沿革[編集]

日中戦争中盤に華南の攻略と援蒋ルート切断を続行するため、第十四航空隊高雄海軍航空隊が進出して活動していた。昭和15年度は消耗した高雄空を再建させるために原隊復帰が必要となった。戦力ダウンを補うべく、高雄空に準ずる規模の陸攻隊を臨時編成して華南に投入することとなり、二代目の十五空が編成された。当初は戦闘機を欠き、防空と護衛を十四空に委ねていたが、夏の重慶爆撃作戦時から戦闘機隊の編入を受けて戦爆連合隊に変貌した。

  • 昭和14年(1939年)
11月15日 内地航空基地で臨時編制。第三連合航空隊に編入(陸上攻撃機27・偵察機6)。
12月19日 九塘に孤立した第五師団の救援攻撃に従事。今村均師団長より感状。

         以後、華南方面で爆撃・哨戒・交通遮断に従事。

  • 昭和15年(1940年)
5月頃  重慶爆撃のため全陸攻隊に漢口集結を下令。十五空陸攻隊も連日重慶爆撃に従事。

         9月頃より零式艦上戦闘機の十三空・十四空投入にともない、両隊の九六式艦上戦闘機を編入。

10月5日 ハノイに進出。
10月18日 援蒋ルート上のメコン川効果橋破壊爆撃に着手。
10月26日 ロイウェン航空機工場を爆撃。
10月28日 援蒋ルート上のサルウィン川恵通橋破壊爆撃。

         以後も仮復旧した効果橋・恵道橋の再切断や車列爆撃・道路破壊に従事。

11月15日 内地帰還命令、解隊。

1年間の実戦経験を積んだ搭乗員を中心として、新たに元山海軍航空隊美幌海軍航空隊を編成することとなったため、木更津飛行場へ帰還した。元山空要員は機体がそのまま譲渡されたために戦爆連合隊として発足し、美幌空要員は新たに陸攻があてがわれ、陸攻隊となった。両隊はまもなく第二連合航空隊に編入され、昭和17年4月にラバウルへ元山空陸攻隊が進出するまで仏印・マレー方面で同一行動を取った。美幌空は七〇一空に改称後、昭和18年2月に解散したが、要員と機体は七五五空に改称した元山空に編入され、かつての二代目十五空の状態に戻った。

主力機種[編集]

歴代司令[編集]

  • 山本親雄 大佐:昭和14年11月15日 - 昭和15年11月15日解隊

脚注[編集]

  1. ^ 内令、達号、辞令公報ほか「海軍省が発行した公文書」では、海軍航空隊番号付与標準制定(1942年11月1日)前の2桁番号名航空隊は航空隊名に「海軍」の文字が入らず漢数字の「十」を使用する。
  2. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第201号 昭和13年6月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 

参考文献[編集]

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)
  • 『日本海軍航空史2』(時事通信社 1969年)
  • 『日本海軍航空史4』(時事通信社 1969年)
  • 『戦史叢書 海軍航空概史』(朝雲新聞社 1976年)
  • 『戦史叢書 中国方面海軍作戦1』(朝雲新聞社 1974年)
  • 『戦史叢書 中国方面海軍作戦2』(朝雲新聞社 1975年)
  • 『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』(朝雲新聞社 1972年)

関連項目[編集]