第百一号駆潜特務艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第101号駆潜特務艇
艦歴
建造所 バタビア造船所
起工
進水
竣工 1942年竣工
7月10日艦籍編入
喪失 1945年4月8日戦没
除籍 1945年7月10日
要目(整備完成時)
排水量 基準:67トン
全長 水線長:22.70m
全幅 水線幅:4.30m
吃水 1.50m
機関 カーマス式ガソリン機関4基、2軸、2,000馬力
速力 26.0ノット
航続距離
燃料搭載量
乗員
兵装(推定) 13mm単装機銃2艇、爆雷4個

第百一号駆潜特務艇(だいひゃくいちごうくせんとくむてい)は、日本海軍駆潜特務艇。旧オランダ海軍沿岸用掃海艇「テジュリメイ(Tejurimei)」で1942年に捕獲、1945年戦没。

艦歴[編集]

オランダ海軍メラピ(Merapi)級沿岸用掃海艇の3番艇テジュリメイ(Tejurimei)。1942年(昭和17年)の竣工直後に日本軍が侵攻、ジャワ島タンジョン・プリオクで同級の3艇(メラピ、スラマト(Slamat)、本艇)が自沈した。日本軍はそのうち本艇を捕獲、浮上させ同年7月10日に日本海軍の艦籍に編入、駆潜特務艇に類別され第百一号駆潜特務艇[1]と命名された。同年8月4日にスラバヤの第百二海軍工作部で整備完成、その後は主に港湾や沿岸での対潜哨戒に使用された。

1945年(昭和20年)4月8日にセレベス島南東においてアメリカ海軍水上艦艇と交戦、沈没した。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和17年7月10日付 海軍 達第198号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070115100 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第45集 日本海軍護衛艦艇史」海人社、1996年2月号増刊、第507集

関連項目[編集]