第1回全日本都市対抗バレーボール優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第1回全日本都市対抗バレーボール優勝大会
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
参加チーム数 男子:16
女子:16
テンプレートを表示

第1回全日本都市対抗バレーボール優勝大会(だい1かいぜんにほんとしたいこう バレーボールゆうしょうたいかい)は、1952年4月26日から4月30日にかけて行われた、第1回目の全日本都市対抗バレーボール優勝大会である。9人制バレーボールの大会として行われた。

概要[編集]

  • 日程:1952年4月26日 - 4月30日
  • 会場:大阪扇町プール特設コート(屋外)
  • 参加チーム数:男子 16チーム、女子 16チーム

試合方法[編集]

男女ともにノックアウト方式のトーナメントで優勝を決定する。

エピソード[編集]

  • 予定では4月29日までの日程であったが、屋外施設であるために4月29日は雨天で1日順延となった[1]
  • 当時の入場料は指定席250円、一般席200円と高く、初日開会式の有料観客数はわずかに1人であった[2]

男子[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 地方名
1 富士製鉄 北海道
2 仙台クラブ 東北
3 パインミシン 北関東
4 日本鋼管 南関東
5 専売東京 東京都
6 金沢教員団 金沢市
7 三菱電機 中部
8 全鐘紡 大阪市
9 兵庫クラブ 神戸市
10 東洋レーヨン 近畿
11 東レ九鱗会 近畿
12 倉紡万寿 東中国
13 芸陽クラブ 広島市
14 日新化学 四国
15 八幡製鉄 北九州
16 国鉄西鹿児島 南九州

1回戦[編集]

#101 1952年4月26日
富士製鉄 2 - 0
(21-18)
(21-13)
東洋レーヨン
#102 1952年4月26日
兵庫クラブ 2 - 1
(20-22)
(21-3)
(21-10)
日新化学
#103 1952年4月26日
全鐘紡 2 - 0
(21-10)
(21-15)
三菱電機
#104 1952年4月27日
倉紡万寿 2 - 0
(21-12)
(21-8)
パインミシン
#105 1952年4月27日
八幡製鉄 2 - 0
(21-14)
(21-15)
仙台クラブ
#106 1952年4月27日
専売東京 2 - 1
(18-21)
(21-13)
(21-17)
東レ九鱗会
#107 1952年4月27日
芸陽クラブ 2 - 0
(21-13)
(21-9)
金沢教員団
#108 1952年4月27日
日本鋼管 2 - 0
(21-5)
(21-9)
国鉄西鹿児島

2回戦[編集]

#109 1952年4月28日
兵庫クラブ 2 - 0
(21-15)
(22-20)
富士製鉄
#110 1952年4月28日
倉紡万寿 2 - 1
(21-18)
(14-21)
(21-19)
全鐘紡
#111 1952年4月28日
八幡製鉄 2 - 0
(21-10)
(21-12)
専売東京
#112 1952年4月28日
芸陽クラブ 2 - 1
(21-10)
(15-21)
(21-15)
日本鋼管

準決勝[編集]

#113 1952年4月30日
八幡製鉄 2 - 0
(21-17)
(21-17)
芸陽クラブ
#114 1952年4月30日
兵庫クラブ 2 - 1
(21-13)
(18-21)
(21-16)
倉紡万寿

3位決定戦[編集]

#115 1952年4月30日
芸陽クラブ 2 - 0
(21-16)
(24-22)
倉紡万寿

決勝[編集]

#116 1952年4月30日
八幡製鉄 2 - 0
(21-10)
(21-19)
兵庫クラブ

最終順位[編集]

順位 チーム名 地方名
優勝 八幡製鉄 北九州
準優勝 兵庫クラブ 神戸市
3位 芸陽クラブ 広島市
4位 倉紡万寿 東中国

女子[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 地方名
1 札幌同好会 札幌市
2 仙台クラブ 東北
3 日紡足利 北関東
4 久喜クラブ 南関東
5 富国生命 東京都
6 秋葉クラブ 中部
7 鐘紡四日市 東海
8 日紡高田 近畿
9 木犀会 京都市
10 鐘紡淀川 大阪市
11 神戸大丸 神戸市
12 倉紡万寿 東中国
13 帝人三原 西中国
14 倉紡観音寺 四国
15 日本ゴム 北九州
16 熊本製糸 南九州

1回戦[編集]

#201 1952年4月26日
倉紡万寿 2 - 0
(21-4)
(21-5)
札幌同好会
#202 1952年4月26日
鐘紡淀川 2 - 0
(21-9)
(21-10)
秋葉クラブ
#203 1952年4月26日
神戸大丸 2 - 1
(21-11)
(16-21)
(23-21)
仙台クラブ
#204 1952年4月26日
日紡足利 2 - 0
(21-6)
(21-5)
木犀会
#205 1952年4月27日
鐘紡四日市 2 - 0
(21-9)
(21-6)
久喜クラブ
#206 1952年4月27日
日紡高田 2 - 0
(21-15)
(21-18)
帝人三原
#207 1952年4月27日
倉紡観音寺 2 - 0
(21-14)
(21-12)
日本ゴム
#208 1952年4月27日
富国生命 2 - 0
(21-17)
(21-17)
熊本製糸

2回戦[編集]

#209 1952年4月28日
倉紡万寿 2 - 1
(20-22)
(21-11)
(23-21)
鐘紡淀川
#210 1952年4月28日
日紡足利 2 - 0
(21-9)
(21-8)
神戸大丸
#211 1952年4月28日
鐘紡四日市 2 - 0
(21-5)
(21-10)
日紡高田
#212 1952年4月28日
倉紡観音寺 2 - 1
(21-17)
(19-21)
(21-17)
富国生命

準決勝[編集]

#213 1952年4月30日
倉紡万寿 2 - 1
(21-19)
(19-21)
(21-14)
日紡足利
#214 1952年4月30日
鐘紡四日市 2 - 1
(18-21)
(21-16)
(21-15)
倉紡観音寺

3位決定戦[編集]

#215 1952年4月30日
倉紡観音寺 2 - 0
(21-18)
(21-18)
日紡足利

決勝[編集]

#216 1952年4月30日
倉紡万寿 2 - 0
(21-18)
(21-17)
鐘紡四日市

最終順位[編集]

順位 チーム名 地方名
優勝 倉紡万寿 東中国
準優勝 鐘紡四日市 東海
3位 倉紡観音寺 四国
4位 日紡足利 北関東

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。
  1. ^ 毎日新聞 1952年4月29日夕刊 3ページ
  2. ^ 月刊バレーボール 1982年5月号臨時増刊 46ページ

参考文献[編集]

  • 毎日新聞 1952年4月26日夕刊4版 2ページ
  • 毎日新聞 1952年4月27日朝刊 4ページ
  • 毎日新聞 1952年4月27日夕刊4版 2ページ
  • 毎日新聞 1952年4月28日朝刊12版 8ページ
  • 毎日新聞 1952年4月29日朝刊 4ページ
  • 毎日新聞 1952年4月30日夕刊4版 2ページ
  • 毎日新聞 1952年5月1日朝刊 4ページ