第1回日本フートボール優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第1回日本フートボール優勝大会
開催期間 1918年1月12日 - 1月13日
参加チーム数 9
優勝 御影師範
準優勝 明星商業
試合総数 8
1919
テンプレートを表示

第1回日本フートボール優勝大会(だい1かいにほんフートボールゆうしょうたいかい)は、大阪毎日新聞主催により1918年1月12日13日の2日間に渡り豊中グラウンドで開催された日本フートボール優勝大会である。当初は中等学校による大会ではなく大学や旧制高校も参加が認められていた。また慶應義塾が棄権したため結果的に関西地区のチームのみの大会となったが、全国大会として開催されており、参加資格に関西在住であることは明記されていない。(実際に、一緒に行われていたラ式大会では東京のチームが参加している。) 

関西では朝日新聞社主催の全国中等学校優勝野球大会1915年に始まっていたこともあり、企画が受け入れられたが、ラグビーだけでは参加チームが少ないため、サッカー(当時はアソシエーション)との共同開催として、名称をフートボール(フットボール)に統一した。

アソシエーション[編集]

この年、関東地区では関東蹴球大会(関東中等学校蹴球選手権大会)、東海地域では八高主催による東海蹴球大会も始まった。

参加チーム[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 明星 2-0 関学
  • 御影 2-0 奈良
  • 神戸 8-0 堺中
  • 姫路 1-0 京都

準決勝[編集]

  • 明星 1-1 姫路
  • 御影 1-0 神戸

決勝[編集]

  • 御影 1-0 明星

当時は同点の場合、コーナーキックの数で決定していた。

ラグビー[編集]

参加チーム[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 全同志社 19-0 三高
  • 京一商 棄権 慶應

決勝[編集]

  • 全同志社 31-0 京一商

参考文献[編集]

日本ラグビー2005平成16年~平成17年公式戦主要記録 ISBN 4-583-03863-1

関連項目[編集]