第1回選抜中等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 第1回選抜中等学校野球大会
試合日程 1924年4月1日 - 4月5日
出場校 8校
優勝校 高松商香川、初優勝)
試合数 8(再試合1)試合
入場行進曲星条旗よ永遠なれ』他
始球式 川崎卓吉(第10代名古屋市長
大会本塁打 12本塁打
1925 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第1回選抜中等学校野球大会(だい1かいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1924年4月1日から4月5日(雨で1日順延)まで愛知県名古屋市山本球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

概要[編集]

記念すべき第1回大会は、当日午前3時より山本球場に観衆が詰めかけ、熱気に包まれながら午前9時に開会式が挙行された。入場式、主催者(大阪毎日新聞社)挨拶、紫紺の大優勝旗の納入が行われた。

この大会は名古屋市山本球場で開催されたが、この年の7月に甲子園大運動場(甲子園球場)が完成し、翌1925年の第2回大会より使用するようになったため(夏の大会では1924年の第10回大会より使用)、選抜大会としては甲子園球場以外で行われた最初で最後の大会となった。

第1試合の愛知一中対立命館中の試合前に始球式が行われ、川崎卓吉名古屋市長がモーニング姿で大会第1球を放った。

出場校[編集]

すべて初出場

選出校
早稲田実 東京
横浜商 神奈川
愛知一中 愛知
立命館中 京都
市岡中 大阪
和歌山中 和歌山
高松商 香川
松山商 愛媛

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 決勝[編集]

 
1回戦準決勝決勝
 
          
 
 
 
 
高松商7x
 
 
 
和歌山中6
 
高松商7
 
 
 
愛知一中1
 
愛知一中16
 
 
 
立命館中3
 
高松商2
 
 
 
早稲田実0
 
早稲田実3
 
 
 
松山商2
 
早稲田実6
 
(再試合)[1]
 
市岡中5
 
市岡中21
 
 
横浜商13
 

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
高松商 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 5 3
早稲田実 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 3
  1. (高) : 松本 - 生乃
  2. (早) : 水上 - 神山
  3. 試合時間:1時間45分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:野村栄一(高松商)
  • 第2号:田嶋豊次郎(和歌山中)
  • 第3号:田嶋豊次郎(和歌山中)
  • 第4号:飯田国吉(横浜商)
  • 第5号:土肥梅之助(市岡中)
  • 第6号:楠木貞一(市岡中)
  • 第7号:増田喜三郎(横浜商)
  • 第8号:広岡知男(市岡中)
  • 第9号:田丸実(早稲田実)
  • 第10号:土肥梅之助(市岡中)
  • 第11号:村川克己(高松商)
  • 第12号:村川克己(高松商)

1988年まで本塁打は参考記録扱いとなっていた。1989年に第1回大会の本塁打12本が公式記録として認められるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 初戦は13 - 13、延長14回・日没引き分け

関連項目[編集]