第1防空師団 (国家人民軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第1防空師団
1. Luftverteidigungsdivision
創設 1952年3月1日 - 1990年10月2日
国籍 東ドイツの旗 東ドイツ
軍種 防空師団
上級部隊 国家人民軍航空軍Kdo. LSK/LV
基地 コトブス

第1防空師団ドイツ語: 1. Luftverteidigungsdivision, 1. LVD)は、国家人民軍航空軍(東ドイツ空軍)が有した主要な編成の1つ。航空軍及び防空軍司令部ドイツ語版直属の部隊として運用された。

任務[編集]

第1防空師団の任務は、「ドイツ民主共和国南部領空の防衛」(Sicherung des südlichen Luftraums der DDR)と定められていた。

歴史[編集]

1952年8月13日、航空人民警察司令官による16/52号命令と18/52号命令に基づき、航空技術や空軍組織の運用に関する専門知識・ノウハウの維持を目的とした最初の航空部隊が設置される。これは航空隊(Aeroklub)と呼称され、兵営人民警察に属するものとされた。

1956年7月1日、これら航空部隊を統括する主要な編成として第1航空師団(1. Fliegerdivision)が設置される。その後、第1戦闘機師団(1. Jagdfliegerdivision)なる名称を経て1961年12月に第1防空師団(1. Luftverteidigungsdivision)と改名されたのである。

師団司令部と参謀部は共にコトブス飛行場内に設置されていた。この師団司令部は兵営人民警察コトブス支部(KVP-Dienststelle Cottbus)の組織を引き継いだものだった。またコトブスから離れたコルクヴィッツ(Kolkwitz)の掩蔽壕内にも、有事における司令部代替施設として第31師団指揮所(Divisions-Gefechtsstand 31, GS-31)が設置されていた。

1990年、共和国の崩壊を経て国家人民軍の解散が決定する。その中で第1防空師団も解隊した。

歴代師団長[編集]

氏名・階級 任期 備考
パウル・ヴィルペルト上級委員(Paul Wilpert) 1950年 - 1952年 航空人民警察時代
レアンダー・ラッツ中佐(Leander Ratz) 1953年 – 1958年 航空軍航空隊時代
ギュンター・シュミット中佐(Günther Schmidt) 1958年 – 1959年 航空軍時代
クルト・ラップマン少佐(Kurt Rappmann) 1960年 – 1965年
ギュンター・シュミット大佐 1965年 – 1976年 1968年以降は少将
ヘルベルト・ボーネ大佐(Herbert Bohne) 1976年 – 1982年 1978年以降は少将
アロイス・ツィリーズ大佐(Aloiis Zieries) 1983年 – 1988年 1986年以降は少将
ゲアハルト・ライシェルドイツ語版大佐 1988年 – 1990年 1989年以降は少将

編制[編集]

第1防空師団は下級編成として次のような部隊および部局を含んだ。

  • 第31師団指揮所(GS-31) - コルクヴィッツ
  • 第1戦闘航空団「フリッツ・シュメンケル」(Jagdfliegergeschwader 1, JG-1) - コトブス( - 1982年)、ホルツドルフ
  • 第3戦闘航空団「ウラジーミル・コマロフ」ドイツ語版(JG-3) - プレシェン
  • 第7戦闘航空団「ヴィルヘルム・ピーク」ドイツ語版(JG-7) - ドレヴィッツ(1989年解散)
  • 第8戦闘航空団「ヘルマン・マテルン」ドイツ語版(JG-8) - プレシェン( - 1960年)、マルクスヴァルデドイツ語版
  • 第41高射ロケット旅団「ヘルマン・ドゥンカー」(41. Fla-Raketenbrigade „Hermann Dunker“, 41. FRBr) - ラーデブルク(Ladeburg)
  • 第51高射ロケット旅団「ヴェルナー・ランベルツ」(51. Fla-Raketenbrigade „Werner Lamberz“, 51. FRBr) - シュプレータウ(Sprötau)
  • 第31高射ロケット連隊「ヤロスワフ・ドンブロフスキ」(Fla-Raketenregiment 31 „Jaroslaw Dombrowski“, FRR-31) - シュトラスグレヘン(Straßgräbchen)
  • 第31通信技術大隊(Funktechnisches Bataillon 31, FuTB 31) - デーバーン(Döbern)
  • 第41通信技術大隊「アルフィド・ハルナック」(Funktechnisches Bataillon 31 „Arvid Harnack“, FuTB 31) - シェーネヴァルデ (Schönewalde)
  • 第51通信技術大隊「パウル・シェーファー」(Funktechnisches Bataillon 51 „Paul Schäfer“, FuTB 51) - シュプレータウ
  • 第61通信技術大隊(Funktechnisches Bataillon 61, FuTB 61) - ミュンヒェベルク
  • 第31評価計算および情報群(Auswerte- Rechen- und Informationsgruppe 31) - コトブス
  • 第31爆撃・地上戦演習場(Bombenwurf- und Erdschießplatz 31) - イェリシュケ(Jerischke)
  • 第31化学工兵装備保管庫(Chemisches Pioniergerätelager 31) - コトブス
  • 第31高射ロケット機材庫(Fla-Raketentechnisches Lager 31) - リンドゥハルト(Lindhardt)
  • 第31高射ミサイル工場(Fla-Raketenwerkstatt 31) - コトブス
  • 第31航空機材庫(Fliegertechnisches Lager 31) - コトブス
  • 第31通信測定工場(Funkmeßwerkstatt 31) - アイゼンヒュッテンシュタット
  • 第31通信訓練中隊(Funktechnische Ausbildungskompanie 31) - コトブス
  • 第31通信移動中隊(Funktechnische Störkompanie 31) - グロースレッシェン(Großräschen)
  • 第31車両基地(Kfz-Gerätelager 31) - ヴァイスヴァッサー(Weißwasser)
  • 第31車両修理工場(Kfz-Instandsetzuingswrkstadt 31) - コトブス
  • 中央野戦郵便・運輸局(Kurier- und Feldpostzentrale) - コトブス
  • 第31衛生物資集積所(Medizinisches Versorgungslager 31) - コトブス
  • 第31弾薬集積所(Munitionslager 31) - ブロンコウ(Bronkow bei Calau)
  • 第31情報・交通管制局/機材庫(Nachrichten- und Flugsicherungswerkstadt/Lager 31) - コトブス
  • 第31情報大隊「アウグスト・ヴィリッヒ」(Nachrichtenbataillon 31 „August Willich“, NB-31) - コトブス
  • 第31酸素生産・供給隊(Sauerstoffgewinnungs- und Versorgungseinheit 31) - プレシェン
  • 第31幕僚中隊(Stabskompanie 31) - コトブス
  • 第31輸送中隊(Transportkompanie 31) - コトブス
  • 第31合同飛行隊(Verbindungsfliegerkette 31) - コトブス
  • 第31供給倉庫(Versorgungslager 31) - ヴァイスヴァッサー
  • 第31兵器作業所(Waffenwerkstatt 31) - ヴァイスヴァッサー
  • 第31化学防護小隊(Zug Chemische Abwehr 31) - コトブス

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • Wilfried Kopenhagen: Die Luftstreitkräfte der NVA. Motorbuch Verlag, 2002, ISBN 3-613-02235-4.
  • Autorenkollektiv (Hrsg.): Lutz Freundt: MiG, Mi, Su & Co. 1. Auflage. AeroLit, 2002, ISBN 3-935525-07-9.
  • Torsten Diedrich (Hrsg./Bearbeiter im Auftr. des Militärgeschichtlichen Forschungsamtes): Handbuch der bewaffneten Organe der DDR. Weltbild, Augsburg 2004, ISBN 3-8289-0555-2.
  • Arbeitsgemeinschaft Geschichte der LSK/LV Strausberg (Hrsg.): Erlebtes und Geschaffenes – Beiträge zur Geschichte der Luftstreitkräfte der Luftverteidigung der Nationalen Volksarmee der DDR.
  • Wolf-Rüdiger Stuppert und Siegfried Fiedler: Die Funktechnischen Truppen der Luftverteidigung der DDR - Geschichte und Geschichten. Steffen-Verlag, Friedland 2012. ISBN 978-3-942477-39-0