第10偵察隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第10偵察隊
創設 1958年(昭和33年)6月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 機甲科
所在地 愛知県 春日井市
編成地 今津
上級単位 第10師団
担当地域 東海
テンプレートを表示

第10偵察隊(だいじゅうていさつたい、JGSDF 10th Reconnaissance Unit)は、愛知県春日井市春日井駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第10師団隷下の機甲科部隊である。

概要[編集]

第10師団の行動に必要な情報を偵察警戒車、軽装甲機動車や偵察用オートバイなどの車両や各種偵察用器材を使用して情報収集する任務にあたる。隊長は、2等陸佐。

沿革[編集]

第10混成団偵察中隊

第10偵察隊

  • 1962年(昭和37年)
    • 1月18日:第10混成団の第10師団への改編に伴い、第10偵察隊に改称。
    • 1月23日:西山分屯地へ移駐。
  • 1991年(平成03年)3月29日:本部付隊、電子偵察小隊新設、87式偵察警戒車が配備。
  • 1992年(平成04年)3月:改編「偵察小隊C班」の新編(偵察警戒車の配備)[1]
  • 1996年(平成08年)3月:改編「偵察小隊C班」の新編(人員の増員・偵察警戒車の配備)。
  • 2004年(平成16年)3月27日:第3偵察小隊新編。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第10後方支援連隊第2整備大隊へ移管。
  • 2014年(平成26年)3月26日:即応近代化改編により第3偵察小隊(コア部隊)を廃止。第4偵察小隊新編。軽装甲機動車が配備。
  • (時期未定):第10戦車大隊と統合の上、偵察戦闘大隊に改編予定。

部隊編成[編集]

  • 第10偵察隊本部
  • 本部付隊
  • 電子偵察小隊
  • 第1偵察小隊
  • 第2偵察小隊
  • 第3偵察小隊
  • 第4偵察小隊

装備車両の部隊表示は、全て「10偵」

整備支援部隊[編集]

  • 第10後方支援連隊第2整備大隊偵察直接支援小隊:2004年(平成16年)3月27日から

主要装備[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 部隊の沿革”. www.mod.go.jp. 2020年7月19日閲覧。

出典[編集]

  • 日本の機甲六十年(機甲会「日本の機甲六十年」刊行会 編・1985年)
  • 陸上自衛隊機甲科全史 菊池征男著 イカロス出版 2017

関連項目[編集]