第10後方支援連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第10後方支援連隊
創設 1991年(平成3年)3月29日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 武器科需品科輸送科衛生科
兵種/任務/特性 後方支援
人員 約500名
所在地 愛知県 春日井市
編成地 守山
上級単位 第10師団
担当地域 中部地方
テンプレートを表示

第10後方支援連隊(だいじゅうこうほうしえんれんたい、JGSDF 10th Logistic Support Regiment)は、愛知県春日井市春日井駐屯地に駐屯する第10師団の隷下部隊である。師団の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。

沿革[編集]

  • 1991年(平成03年)3月29日:師団近代化への改編に伴い、第10武器隊・第10補給隊・第10輸送隊・第10衛生隊を統合して第10後方支援連隊が編成完結(連隊本部は守山駐屯地、武器隊・輸送隊は春日井駐屯地でそれぞれ編成)。
  • 1995年(平成07年)1月:阪神・淡路大震災に災害派遣で出動。
  • 1996年(平成08年)3月29日:武器隊が武器大隊に改編。
  • 2004年(平成16年)3月29日:第10師団の戦略機動師団への改編に伴う部隊改編
  1. 武器大隊を廃止し、第1、第2整備大隊に再編。
  2. 在守山部隊(連隊本部・本部付隊・補給隊・衛生隊)が春日井へ移駐。第10施設大隊長に代わり、連隊長が春日井駐屯地司令となる。

部隊編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第10後方支援連隊長
兼 春日井駐屯地司令
1等陸佐 齋藤 剛 2018年03月23日 陸上幕僚監部装備計画部装備計画課
歴代の第10後方支援連隊長
(1等陸佐)
(1991年3月29日から1996年3月28日の間 第10師団司令部第4部長兼補)
(2004年3月29日より春日井駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 深津俊 1991年03月29日 - 1993年03月31日 第10師団司令部第4部長 中部方面総監部装備部長
02 新倉修 1993年04月01日 - 1995年03月27日 陸上幕僚監部装備部需品課
総括班長
陸上自衛隊需品補給処補給部長
03 木船久幸 1995年03月28日 - 1997年12月07日 第3陸曹教育隊 陸上自衛隊幹部学校主任研究開発官
04 高橋裕 1997年12月08日 - 1999年07月31日 陸上幕僚監部装備部開発課総括班長 陸上幕僚監部装備部武器・化学課
化学室長
05 山田忠 1999年08月01日 - 2001年07月31日 陸上自衛隊幹部学校研究員 防衛大学校教授
06 音地龍夫 2001年08月01日 - 2003年06月30日 陸上自衛隊化学学校教育部長 陸上自衛隊化学学校副校長
兼 企画室長
07 中野成典 2003年07月01日 - 2004年11月30日 陸上幕僚監部防衛部研究課勤務 陸上幕僚監部監理部総務課勤務
08 神原誠司 2004年12月01日 - 2006年03月26日 統合幕僚会議事務局第4幕僚室
年度班長
陸上自衛隊補給統制本部需品部長
09 上野榮 2006年03月27日 - 2008年03月25日 陸上自衛隊化学学校研究部長 陸上自衛隊化学学校総務部長
10 間瀬元康 2008年03月26日 - 2009年11月30日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊関東補給処装備計画部長
11 眞弓康次 2009年12月01日 - 2011年04月26日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 西部方面総監部人事部長
12 鈴木正大 2011年04月27日 - 2013年08月21日 陸上幕僚監部装備部開発課
開発第3班長
陸上自衛隊関東補給処装備計画部長
13 柿野正和 2013年08月22日 - 2014年12月18日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛調整官
陸上幕僚監部監理部総務課長
14 星指吉見 2014年12月19日 - 2016年06月30日 陸上幕僚監部装備部武器・化学課
総括班長
防衛装備庁調達事業部武器調達官
15 河合寿士 2016年07月01日 - 2018年03月22日 陸上幕僚監部装備計画部装備計画課
補給管理班長
陸上自衛隊補給統制本部火器車両部長
16 齋藤剛 2018年03月23日 - 陸上幕僚監部装備計画部装備計画課

主要装備[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]