第10施設大隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第10施設大隊
創設 1958年(昭和33年)6月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 大隊
兵科 施設科
人員 約350名
所在地 愛知県 春日井市
編成地 千僧
上級単位 第10師団
担当地域 中部地方
テンプレートを表示

第10施設大隊(だいじゅうしせつだいたい、JGSDF 10th Engineer Battalion(Combat))は、愛知県春日井市春日井駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第10師団隷下の施設科部隊である。師団隷下部隊に対する施設作業を担任する。大隊長は師団司令部の施設課長を兼任する。


沿革[編集]

  • 1958年(昭和33年)6月26日:第10混成団編成により、第10施設大隊が千僧駐屯地において編成完結。
    • 部隊編成(本部管理中隊・第1中隊・第2中隊)
    • 大久保駐屯地へ移駐
  • 1960年(昭和35年)3月21日:第10施設大隊が大久保から豊川駐屯地に移駐[1]
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第10混成団の第10師団への改編により、第3中隊を新編。
  • 1967年(昭和42年)
    • 3月10日:春日井駐屯地へ移駐。
    • 5月:春日井駐屯地開庁
  • 2004年(平成16年)3月29日:第4中隊(即応予備中隊)新編。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第10後方支援連隊第1整備大隊へ移管。
  • 2014年(平成26年)3月26日:第4中隊(即応予備中隊)廃止。

部隊編成[編集]

  • 大隊本部および本部管理中隊
  • 第1中隊
  • 第2中隊
  • 第3中隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第10施設大隊長 2等陸佐 吉田泰輔 2018年03月023日 陸上幕僚監部
歴代の第10施設大隊長(2等陸佐
氏名 在職期間
20 高木照男       
21 大坪伸生 2003年0000日 - 2005年07月27日
22 三田亮司 2005年07月28日 - 2007年07月31日
23 田平秀晴 2007年08月01日 - 2009年03月23日
24 仲西勝典 2009年03月24日 - 2010年03月22日
25 倉本浩二 2010年03月23日 - 2011年04月18日
26 坂本晴俊 2011年04月19日 - 2013年03月22日
27 箕輪康二 2013年03月23日 - 2015年03月31日
28 坂口 誠 2015年04月01日 - 2016年07月31日
29 大谷和之 2016年08月01日 - 2018年03月22日
30 吉田泰輔 2018年03月23日 -

主要装備[編集]

国際貢献活動[編集]

  • 平成4年9月~平成5年4月 第1次カンボディア派遣施設大隊
  • 平成10年1月~8月 第5次ゴラン高原派遣輸送隊
  • 平成14年9月~平成15年4月 第14次ゴラン高原派遣輸送隊
  • 平成15年2月~11月 第3次東チモール派遣施設群
  • 平成17年1月~6月 第5次イラク復興支援群
  • 平成23年2月~8月 ハイチ派遣国際救援隊(4次要員)
  • 平成23年8月~24年3月 ゴラン高原派遣輸送隊(第32次)
  • 平成24年7月~24年12月 ハイチ派遣国際救援隊(7次要員)
  • 平成25年11月~ 26年5月 南スーダン国際平和協力隊(5次要員)
  • 平成27年11月~ 南スーダン国際平和協力隊(9次要員)

主な災害派遣活動[編集]

  • 昭和34年9月~12月 伊勢湾台風による風水害救助
  • 昭和38年1月~2月 北陸地区豪雪による災害救助
  • 昭和43年8月~10月 奥飛騨川バス転落救助
  • 昭和51年9月 濃尾集中豪雨による災害救助
  • 昭和54年8月 奥飛騨豪雨による水害救助
  • 昭和56年1月 北陸豪雪による道路の除雪・排雪
  • 平成6年4月 中華航空機墜落事故救難活動
  • 平成7年1月~4月 阪神・淡路大震災救助活動
  • 平成9年1月 タンカー重油流出事故対処活動
  • 平成12年9月 東海地区集中豪雨災害救助
  • 平成19年3月 能登半島地震災害派遣
  • 平成19年7月 中越沖地震地震災害派遣
  • 平成23年3月~ 東日本大震災災害派遣
  • 平成23年9月 三重県南部集中豪雨災害派遣
  • 平成30年2月 福井県における大雪に係る災害派遣
  • 平成30年7月 平成30年7月豪雨災害派遣

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊年表(防衛庁長官官房広報課・1962)

関連項目[編集]