第10次西成暴動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第10次西成暴動(だい10じにしなりぼうどう)とは、1971年(昭和46年)5月大阪府大阪市西成区あいりん地区(通称釜ヶ崎)で発生した日雇い労働者による暴動事件。「第10次釜ヶ崎暴動」ともいう。

事件の発端[編集]

1971年5月25日午後5時30分頃、あいりん地区内の愛隣総合センター前に1台の港湾運送業者マイクロバスが到着した。日雇い労働者が大勢押し寄せたため、身の危険を感じたマイクロバスの運転手は会社に戻ろうとした。マイクロバスに乗れなかった日雇い労働者約130人はこれに憤慨し、そのマイクロバスの後を追って、会社まで押しかけた。約3時間粘って「電車賃」の名目で金銭を獲得することに成功し、意気揚々とあいりん地区に引き揚げた。

ところが、あいりん地区に潜入していた新左翼活動家が、「警察は先ほどの団体交渉で不当介入していた」と日雇い労働者を煽動したため、騒ぎが拡大することになった。

事件の概要[編集]

午後11時30分頃になると大阪府警察西成警察署前に、約1,000人の群衆が押しかけ、同署や一般車両に投石し始めた。

その後30日までの6日間、連日のように暴動が起こり、電車や民家に投石したりした。

この暴動は新左翼が介入した最初の西成暴動事件であり、これ以降に起きた暴動には何らかの形で新左翼が関わっている。

参考文献[編集]

  • 大阪府警察史編集委員会編『大阪府警察40年の記録』大阪府警察本部、1998年
  • 朝日新聞』1971年5月27日朝刊、5月29日朝刊、5月31日朝刊
  • 毎日新聞』1971年5月26日夕刊

関連項目[編集]