第11高射特科大隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第11高射特科大隊
創設 1989年平成元年)3月24日
廃止 2008年(平成20年)3月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 陸上自衛隊
部隊編制単位 大隊
兵科 高射特科
人員 約250名
所在地 北海道 札幌市
編成地 真駒内
最終上級単位 第11師団
担当地域 道南
テンプレートを表示

第11高射特科大隊(だいじゅういちこうしゃとっかだいたい、JGSDF 11th Antiaircraft Artillery Battalion)は、北海道札幌市真駒内駐屯地に駐屯していた、陸上自衛隊第11師団隷下の高射特科部隊であった。

沿革[編集]

  • 1989年(平成元年)3月24日:第11特科連隊第6大隊から分離独立、第11高射特科大隊として編成完結。師団直轄となる。
  • 2008年(平成20年)3月25日:第11師団の旅団化に伴い、「第11高射特科中隊」へ縮小。
  • 2019年(平成31年)3月26日:第11高射特科中隊を「第11高射特科隊」に改編。

廃止時の部隊編成[編集]

  • 大隊本部及び本部管理中隊
  • 第1中隊
  • 第2中隊
歴代の第11高射特科大隊長(2等陸佐
氏名 在任期間 主な後職
5 東川 弘 1995年8月1日 - 1997年7月31日
6 深田光生 1997年8月1日 - 1999年7月31日
7 市橋大樹 1999年8月1日 - 2002年3月22日
8 東泊 優 2002年3月23日 -
9 諸石正弘 - 2005年7月31日
10 島守英次 2005年8月1日 - 2007年3月22日
八木聖一郎 2007年3月23日 - 2008年3月25日 第7高射特科群

主要装備[編集]