第12軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第12軍 (日本軍)
創設 1938年昭和13年)11月11日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
通称号/略称
最終上級部隊 北支那方面軍
担当地域 北支
最終位置 鄭州
主な戦歴 日中戦争-第二次世界大戦
  

第12軍(だいじゅうにぐん)は大日本帝国陸軍の一つ。

目次

沿革

1938年(昭和13年)11月11日に編成され、北支那方面軍戦闘序列に編入された。主に北支方面を作戦地域とし終戦時は鄭州に在った。

軍概要

歴代司令官

  • 尾高亀蔵中将(陸士16期:1938年(昭和13年)11月9日 - 1939年(昭和14年)9月12日)
  • 飯田貞固中将(陸士17期:1939年(昭和14年)9月12日 - 1941年(昭和16年)3月1日)
  • 土橋一次中将(陸士18期:1941年(昭和16年)3月1日 - 1943年(昭和18年)3月1日)
  • 喜多誠一中将(陸士19期:1943年(昭和18年)3月1日 - 1944年(昭和19年)2月7日)
  • 内山英太郎中将(陸士21期:1944年(昭和19年)2月7日~1945年(昭和20年)4月7日)
  • 鷹森孝中将(陸士20期:1945年(昭和20年)4月7日~ 終戦)

歴代参謀長

  • 小林浅三郎少将(陸士24期:1938年(昭和13年)11月9日 - 1939年(昭和14年)12月1日)
  • 本郷義夫少将(陸士24期:1939年(昭和14年)12月1日 - 1940年(昭和15年)12月2日)
  • 山内正文少将(陸士25期:1940年(昭和15年)12月2日 - 1941年(昭和16年)10月15日)
  • 河野悦次郎少将(陸士25期:1941年(昭和16年)10月15日 - 1942年(昭和17年)12月10日)
  • 寺垣忠雄少将(陸士28期:1942年(昭和17年)12月10日 - 1944年(昭和19年)10月16日)
  • 中山源夫少将(陸士32期:1944年(昭和19年)10月16日 - 終戦)

最終司令部構成

  • 司令官:鷹森孝中将
  • 参謀長:中山源夫少将
  • 高級参謀:折田正男大佐
  • 高級副官:植田稔中佐
  • 兵器部長:古田建一少将
  • 経理部長:高畑富主計大佐
  • 軍医部長:津野兵太郎軍医大佐
  • 獣医部長:鈴木立身獣医大佐
  • 法務部長:畑逸郎法務少佐

所属部隊

創設時
太平洋戦争開戦当時
  • 第32師団
  • 第35師団
  • 独立混成第5旅団
  • 独立混成第6旅団
  • 独立混成第7旅団
  • 独立混成第10旅団
終戦時
  • 第110師団
  • 第115師団
  • 戦車第3師団
  • 騎兵第4旅団
  • 第6独立警備隊
  • 第10独立警備隊
  • 第13独立警備隊
  • 第14独立警備隊
  • 砲兵部隊
    • 野戦重砲兵第6連隊:村上尚武大佐
    • 独立山砲兵第1大隊:佐々木典吾少佐
  • 輸送・通信部隊
    • 自動車第25連隊:成友藤夫大佐
    • 自動車第26連隊:志波常一大佐
    • 電信第10連隊:波木周治大佐
  • 兵站病院
    • 第168兵站病院:栗本博雄軍医中佐(最終位置:新郷)
    • 第169兵站病院
    • 第186兵站病院(最終位置:開封)
    • 第189兵站病院(最終位置:許昌)

関連項目

軍事 この「第12軍 (日本軍)」は、軍事に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆・訂正等して下さる協力者を求めています
(ポータル:軍事/PJ軍事/PJ軍事史)

今日は何の日(8月18日

もっと見る

「第12軍_(日本軍)」のQ&A