第133師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第133師団
創設 1945年(昭和20年)2月1日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 広西省-浙江省
編成地 広西省 桂州
通称号/略称 進撃
補充担任 熊本師管・熊本師管区
最終上級単位 第6軍
最終位置 浙江省 杭州
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示

第133師団(だいひゃくさんじゅうさんしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

沿革[編集]

太平洋戦争末期、武漢地区の警備と治安維持を目的として1945年(昭和20年)2月1日軍令陸甲下令により、第131師団第132師団・第133師団の3個師団の編成が発令された。これら3個師団は、武漢方面に在った部隊から兵力を抽出して設けられた師団である。

師団の編制は、4個独立歩兵大隊から成る歩兵旅団を2個持ち、砲兵を欠いた丙師団である。しかし、これら3個師団には、7月10日付けで師団砲兵隊が設けられた。

第133師団は、満州に転用された第63師団や、後に杭州湾満州へ転用された第70師団などからの抽出部隊を基幹に桂州地区で編成された。編成後、第6軍の指揮下に入り、第70師団の任務を引き継ぎ、寧波方面の治安警備を担当し、その地で終戦を迎えた。

師団概要[編集]

歴代師団長[編集]

  • 野地嘉平 中将:1945年(昭和20年)3月1日 - 終戦[1]

参謀長[編集]

  • 樋沢一治 中佐:1945年(昭和20年)3月23日 - 終戦[2]

最終司令部構成[編集]

  • 参謀長:樋沢一治大佐
    • 参謀:塩川辰己少佐

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第99旅団(熊本):城戸寛爾少将
    • 独立歩兵第607大隊:中村此君生大尉
    • 独立歩兵第608大隊:水崎久雄大尉
    • 独立歩兵第609大隊:村木敏行大尉
    • 独立歩兵第610大隊:鈴木正司大尉
  • 歩兵第100旅団(熊本):羽鳥長四郎少将
    • 独立歩兵第611大隊:三浦己之助大佐
    • 独立歩兵第612大隊:山下孝雄大尉
    • 独立歩兵第613大隊:松井政一少佐
    • 独立歩兵第614大隊:早木治文大尉
  • 第133師団通信隊:霞堂哲生大尉
  • 第133師団工兵隊:高桑利道大尉
  • 第133師団輜重隊:砂走孝大尉
  • 第133師団兵器勤務隊:横張利春中尉
  • 第133師団野戦病院:星野宜士少佐
  • 第133師団病馬廠:吉良幸逸大尉
  • 第133師団砲兵隊:

脚注[編集]

  1. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』297頁。
  2. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』477頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 別冊歴史読本 戦記シリーズNo.32 太平洋戦争師団戦史』、新人物往来社、1996年。

関連項目[編集]