第14回全日本都市対抗バレーボール優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第14回全日本都市対抗バレーボール優勝大会
Namba9.jpg
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
参加チーム数 男子:24
女子:16
前回優勝 男子:松下電器
女子:日紡貝塚
テンプレートを表示

第14回全日本都市対抗バレーボール優勝大会(だい14かいぜんにほんとしたいこう バレーボールゆうしょうたいかい)は、1965年4月28日から5月2日にかけて行われた、第14回目の全日本都市対抗バレーボール優勝大会である。

概要[編集]

  • 日程:1965年4月28日 - 5月2日
  • 会場:大阪府立体育館
  • 参加チーム数:男子 24チーム、女子 16チーム

試合方法[編集]

  • 男子は、8組×各組3チームの予選リーグ(ゾーンリーグと称する)で予選を行い、各組1位チーム(計8チーム)が準々決勝に進出し、トーナメントで優勝を決定する。
  • 女子は、4組×各組4チームのゾーンリーグを行い、各組1位チーム(計4チーム)が準決勝に進出し、トーナメントで優勝を決定する。

男子[編集]

参加チーム及び組み分け[編集]

No. 1組 2組 3組 4組 5組 6組 7組 8組
1 松下電器 富士フイルム 日本鋼管 東レ九鱗会 住友軽金属 旭化成旭陽会 八幡製鉄 シチズン時計
2 森永製菓鶴見 帝人岩国 住友金属和歌山 三菱電機伊丹 帝人三原 岐阜教員 日本ビクター 冨士製鉄室蘭
3 長野電鉄 堀田産業 信越化学 大倉工業 古川工高クラブ 日本カーバイド 三洋電機 大丸京都

ゾーンリーグ[編集]

1組[編集]

#111 1965年4月28日
森永製菓鶴見
(1勝)
2 - 1
(13-15)
(15-6)
(15-3)
長野電鉄
(1敗)
#121 1965年4月29日
松下電器
(1勝)
2 - 0
(15-3)
(15-0)
長野電鉄
(2敗)
#131 1965年4月30日
松下電器
(2勝)
2 - 0
(15-7)
(15-2)
森永製菓鶴見
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 松下電器 2 0 4 0 -
2 森永製菓鶴見 1 1 2 2 1.000
3 長野電鉄 0 2 0 4 0.000

2組[編集]

#112 1965年4月28日
帝人岩国
(1勝)
2 - 0
(15-8)
(15-4)
堀田産業
(1敗)
#122 1965年4月29日
富士フイルム
(1勝)
2 - 0
(15-1)
(15-6)
堀田産業
(2敗)
#132 1965年4月30日
富士フイルム
(2勝)
2 - 0
(15-2)
(15-2)
帝人岩国
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 富士フイルム 2 0 4 0 -
2 帝人岩国 1 1 2 2 1.000
3 堀田産業 0 2 0 4 0.000

3組[編集]

#113 1965年4月28日
住友金属和歌山
(1勝)
2 - 0
(15-10)
(15-13)
信越化学
(1敗)
#123 1965年4月29日
日本鋼管
(1勝)
2 - 0
(15-0)
(15-0)
信越化学
(2敗)
#133 1965年4月30日
日本鋼管
(2勝)
2 - 0
(15-0)
(15-5)
住友金属和歌山
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 日本鋼管 2 0 4 0 -
2 住友金属和歌山 1 1 2 2 1.000
3 信越化学 0 2 0 4 0.000

4組[編集]

#114 1965年4月28日
三菱電機伊丹
(1勝)
2 - 0
(15-2)
(15-4)
大倉工業
(1敗)
#124 1965年4月29日
東レ九鱗会
(1勝)
2 - 0
(15-2)
(15-3)
大倉工業
(2敗)
#134 1965年4月30日
東レ九鱗会
(2勝)
2 - 0
(15-9)
(15-7)
三菱電機伊丹
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 東レ九鱗会 2 0 4 0 -
2 三菱電機伊丹 1 1 2 2 1.000
3 大倉工業 0 2 0 4 0.000

5組[編集]

#115 1965年4月28日
住友軽金属
(1勝)
2 - 0
(15-3)
(15-1)
古川工高クラブ
(1敗)
#125 1965年4月29日
帝人三原
(1勝)
2 - 0
(15-1)
(15-3)
古川工高クラブ
(2敗)
#135 1965年4月30日
住友軽金属
(2勝)
2 - 1
(11-15)
(16-14)
(15-8)
帝人三原
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 住友軽金属 2 0 4 1 4.000
2 帝人三原 1 1 3 2 1.500
3 古川工高クラブ 0 2 0 4 0.000

6組[編集]

#116 1965年4月28日
岐阜教員
(1勝)
2 - 0
(15-2)
(15-6)
日本カーバイド
(1敗)
#126 1965年4月29日
旭化成旭陽会
(1勝)
2 - 1
(15-7)
(10-15)
(15-9)
日本カーバイド
(2敗)
#136 1965年4月30日
旭化成旭陽会
(2勝)
2 - 0
(15-5)
(15-12)
岐阜教員
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 旭化成旭陽会 2 0 4 1 4.000
2 岐阜教員 1 1 2 2 1.000
3 日本カーバイド 0 2 1 4 0.250

7組[編集]

#117 1965年4月28日
日本ビクター
(1勝)
2 - 0
(15-9)
(15-11)
三洋電機
(1敗)
#127 1965年4月29日
八幡製鉄
(1勝)
2 - 0
(15-13)
(15-6)
三洋電機
(2敗)
#137 1965年4月30日
八幡製鉄
(2勝)
2 - 0
(15-12)
(15-12)
日本ビクター
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 八幡製鉄 2 0 4 0 -
2 日本ビクター 1 1 2 2 1.000
3 三洋電機 0 2 0 4 0.000

8組[編集]

#118 1965年4月28日
冨士製鉄室蘭
(1勝)
2 - 1
(11-15)
(15-5)
(15-5)
大丸京都
(1敗)
#128 1965年4月29日
シチズン時計
(1勝)
2 - 0
(15-12)
(15-5)
大丸京都
(2敗)
#138 1965年4月30日
シチズン時計
(2勝)
2 - 0
(17-15)
(15-11)
冨士製鉄室蘭
(1勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 シチズン時計 2 0 4 0 -
2 冨士製鉄室蘭 1 1 2 3 0.667
3 大丸京都 0 2 1 4 0.250

準々決勝[編集]

#141 1965年5月1日
松下電器
(1組1位)
3 - 0
(15-8)
(15-10)
(15-10)
旭化成旭陽会
(6組1位)
#142 1965年5月1日
八幡製鉄
(7組1位)
3 - 0
(15-7)
(15-6)
(15-5)
東レ九鱗会
(4組1位)
#143 1965年5月1日
日本鋼管
(3組1位)
3 - 1
(9-15)
(15-8)
(15-3)
(15-6)
シチズン時計
(8組1位)
#144 1965年5月1日
富士フイルム
(2組1位)
3 - 0
(15-8)
(15-7)
(15-11)
住友軽金属
(5組1位)

準決勝[編集]

#145 1965年5月2日
松下電器 3 - 1
(8-15)
(15-13)
(16-14)
(15-6)
八幡製鉄
主審: 桑原博
副審: 秋永
#146 1965年5月2日
日本鋼管 3 - 1
(15-6)
(15-6)
(10-15)
(15-13)
富士フイルム
主審: 中島勝政
副審: 今久保

決勝[編集]

#147 1965年5月2日
日本鋼管 3 - 2
(17-15)
(15-5)
(8-15)
(7-15)
(15-10)
松下電器
主審: 鳴川六司
副審: 石坪敏彦

最終順位[編集]

順位 チーム名 都市名
優勝 日本鋼管 川崎市
準優勝 松下電器 門真市
3位 八幡製鉄 北九州市
3位 冨士フイルム 南足柄町

女子[編集]

参加チーム及び組み分け[編集]

No. 1組 2組 3組 4組
1 ニチボー貝塚 倉紡倉敷 ヤシカ 日立武蔵
2 電電神戸 林兼産業 東洋紡守口 鐘紡四日市
3 東邦レース 東洋紡敦賀 三菱レイヨン豊橋 富士フイルム
4 明治生命 三菱電機伊丹 岐阜県庁 岩田屋

ゾーンリーグ[編集]

1組[編集]

#211 1965年4月28日
ニチボー貝塚
(1勝)
2 - 0
(15-5)
(15-6)
明治生命
(1敗)
#212 1965年4月28日
電電神戸
(1勝)
2 - 1
(9-15)
(15-10)
(16-14)
東邦レース
(1敗)
#213 1965年4月29日
ニチボー貝塚
(2勝)
2 - 0
(15-3)
(15-1)
電電神戸
(1勝1敗)
#214 1965年4月29日
東邦レース
(1勝1敗)
2 - 0
(15-7)
(15-11)
明治生命
(2敗)
#215 1965年4月30日
ニチボー貝塚
(3勝)
2 - 0
(15-0)
(15-5)
東邦レース
(1勝2敗)
#216 1965年4月30日
明治生命
(1勝2敗)
2 - 0
(15-4)
(15-12)
電電神戸
(1勝2敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 ニチボー貝塚 3 0 6 0 -
2 東邦レース 1 2 3 4 0.750
3 明治生命 1 2 2 4 0.500
4 電電神戸 1 2 2 5 0.400

2組[編集]

#221 1965年4月28日
倉紡倉敷
(1勝)
2 - 0
(15-3)
(15-1)
三菱電機伊丹
(1敗)
#222 1965年4月28日
林兼産業
(1勝)
2 - 0
(15-3)
(15-4)
東洋紡敦賀
(1敗)
#223 1965年4月29日
倉紡倉敷
(2勝)
2 - 0
(15-4)
(15-5)
東洋紡敦賀
(2敗)
#224 1965年4月29日
林兼産業
(2勝)
2 - 0
(15-5)
(15-4)
三菱電機伊丹
(2敗)
#225 1965年4月30日
東洋紡敦賀
(1勝2敗)
2 - 0
(15-11)
(15-9)
三菱電機伊丹
(3敗)
#226 1965年4月30日
倉紡倉敷
(3勝)
2 - 1
(15-10)
(6-15)
(15-8)
林兼産業
(2勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 倉紡倉敷 3 0 6 1 6.000
2 林兼産業 2 1 5 2 2.500
3 東洋紡敦賀 1 2 2 4 0.500
4 三菱電機伊丹 0 3 0 6 0.000

3組[編集]

#231 1965年4月28日
東洋紡守口
(1勝)
2 - 0
(15-6)
(15-7)
岐阜県庁
(1敗)
#232 1965年4月28日
ヤシカ
(1勝)
2 - 0
(15-10)
(15-5)
三菱レイヨン豊橋
(1敗)
#233 1965年4月29日
東洋紡守口
(2勝)
2 - 0
(15-7)
(15-7)
三菱レイヨン豊橋
(2敗)
#234 1965年4月29日
ヤシカ
(2勝)
2 - 0
(15-3)
(15-5)
岐阜県庁
(2敗)
#235 1965年4月30日
三菱レイヨン豊橋
(1勝2敗)
2 - 0
(15-2)
(15-12)
岐阜県庁
(3敗)
#236 1965年4月30日
ヤシカ
(3勝)
2 - 0
(15-13)
(15-2)
東洋紡守口
(2勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 ヤシカ 3 0 6 0 -
2 東洋紡守口 2 1 4 2 2.000
3 三菱レイヨン豊橋 1 2 2 4 0.500
4 岐阜県庁 0 3 0 6 0.000

4組[編集]

#241 1965年4月28日
鐘紡四日市
(1勝)
2 - 0
(15-8)
(15-13)
岩田屋
(1敗)
#242 1965年4月28日
日立武蔵
(1勝)
2 - 0
(15-8)
(15-5)
富士フイルム
(1敗)
#243 1965年4月29日
日立武蔵
(2勝)
2 - 0
(15-6)
(15-8)
岩田屋
(2敗)
#244 1965年4月29日
鐘紡四日市
(2勝)
2 - 0
(15-11)
(15-8)
富士フイルム
(2敗)
#245 1965年4月30日
富士フイルム
(1勝2敗)
2 - 1
(10-15)
(15-11)
(15-12)
岩田屋
(3敗)
#246 1965年4月30日
日立武蔵
(3勝)
2 - 0
(15-9)
(15-10)
鐘紡四日市
(2勝1敗)
結果
順位 チーム 得セット 失セット セット率 備考
1 日立武蔵 3 0 6 0 -
2 鐘紡四日市 2 1 4 2 2.000
3 富士フイルム 1 2 2 5 0.400
4 岩田屋 0 3 1 6 0.167

準決勝[編集]

#251 1965年5月1日
ニチボー貝塚
(1組1位)
3 - 1
(15-2)
(15-13)
(14-16)
(15-6)
ヤシカ
(3組1位)

主審: 貴山隆一
副審: 今久保
#252 1965年5月1日
日立武蔵
(4組1位)
3 - 2
(10-15)
(16-14)
(15-8)
(6-15)
(15-10)
倉紡倉敷
(2組1位)

主審: 桑原博
副審: 秋永

決勝[編集]

#253 1965年5月1日
ニチボー貝塚 3 - 0
(15-9)
(15-2)
(15-10)
日立武蔵
主審: 貴山隆一
副審: 上野康夫

大松前監督時代からの連勝記録を175としていたニチボー貝塚は、5連勝し記録を180連勝まで伸ばした[1]

最終順位[編集]

順位 チーム名 都市名
優勝 ニチボー貝塚 貝塚市
準優勝 日立武蔵 小平市
3位 倉紡倉敷 岡山市
3位 ヤシカ 東京都

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。
  1. ^ VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1966年10月号 49-53ページ

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL 1965年6月号 22-23ページ