第14回香港ヴァーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内 検索

2007年12月9日シャティン競馬場で施行された第14回キャセイパシフィック香港ヴァーズについて記述する。

レース概要[編集]

当初第27回ジャパンカップで引退予定だったディラントーマスの引退レースとなった。

レース施行前の状況[編集]

香港ジョッキークラブからは、2007年香港ダービーを制したヴァイタルキングなど4頭が出走した。

イギリスからは、2006年BCターフを制したレッドロックスが出走した。

アイルランドからは、第86回凱旋門賞などを制したディラントーマスなど2頭が出走した。

フランスからは、2007年のマンノウォーステークスを制したドクターディーノなど3頭が出走した。

ドイツからは、2007年のバーデン大賞を制したキジャーノなど3頭が出走した。

なお日本からは、多数の第1回出走登録があったが、馬インフルエンザの影響で出走馬はなかった。その為第11回(2004年)以来3年ぶりに日本馬の出走なしで行われた。

12月7日に各国のハンデキャッパーによる有力馬ポイントランキングが発表された。1位はディラントーマスの150ポイント、2位はドクターディーノの57ポイント、3位はキジャーノの51ポイントとなった。なおポイントは15名のハンデキャッパーより、1位:10ポイント、2位:6ポイント、3位:3ポイントがそれぞれ与えられ、その合計ポイントである。

出走馬と枠順[編集]

天気:-、馬場状態:-、発走時刻:14時40分(日本時間:15時40分)
馬番 ゲート番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
調教国 日本語表記 香港表記 日本語表記 香港表記 日本語表記 香港表記
1 7 アイルランド ディラントーマス 狄倫 牡4 J.ムルタ 莫狄 1.7(1人) A.オブライエン 岳伯仁
2 1 ドイツ キジャーノ 佳駿龍 せん5 A.シュタルケ 薛達祺 9.7(4人) P.シールゲン 薛根
3 8 イギリス レッドロックス 紅石駒 牡4 L.デットーリ 戴圖理 6.8(2人) B.ミーハン 梅衡
4 4 フランス ドクターディノ 迪諾醫生 牡5 O.ペリエ 柏兆雷 8.7(3人) R.ギブソン 高伯新
5 6 ドイツ ブッソーニ 步爽利 牡6 C.スミヨン 蘇銘倫 30.0(8人) H.ブルーム 布林尼
6 3 ドイツ エガートン 易亨通 牡6 T.ムンドリー 唐士庭 99.0(13人) P.ラウ 盧滿
7 9 イギリス ヴァイタルキング 活力金剛 せん5 B.プレブル 柏寶 12.0(5人) P.オサリバン 蘇保羅
8 10 アイルランド アーチレベル 叛軍主帥 せん6 F.ベリー 貝利 89.0(11人) N.ミード 梅狄
9 2 フランス コカブ 耀目之星 牡5 S.パスキエ 柏士祺 97.0(12人) A.ファーブル 費伯華
10 13 香港 ビバマカオ 爆炸 牡4 D.ビードマン 白德民 23.0(6人) J.ムーア 約翰摩亞
11 11 香港 ホークスベイ 厚利多 せん5 G.モッセ 巫斯義 49.0(10人) D.ホール 賀賢
12 5 香港 エヴァーブライト 家福 せん5 O.ドゥルーズ 杜利萊 40.0(9人) P.オサリバン 蘇保羅
13 12 フランス マクレヤ 土霸王 牝5 R.ムーア 莫雅 24.0(7人) A.ファーブル 費伯華

負担重量は牡馬及びせん馬26lbs=約57kg、牝馬122lbs=約55.5kg。

レース結果[編集]

レース展開[編集]

スタート後に先頭を奪ったのはホークスベイだったが、すぐにビバマカオが先頭に立つもその後も激しく先頭が入れ替わり、最終的にはマクレヤが先頭でレースが進み、最後の直線ではブッソーニが先頭となったが後方からドクターディノとキジャーノ追い込んできて、ドクターディノがキジャーノを1馬身半差で抑え1着となった。

レース着順[編集]

着順 馬番 ゲート番 競走馬名 タイム及び着差
1 4 4 ドクターディーノ 2:28.2
2 2 1 キジャーノ 1馬身1/2
3 5 6 ブッソーニ 1馬身3/4
4 8 10 アーチレベル 2馬身3/4
5 9 2 コカブ 3馬身1/4
6 6 3 エガートン 3馬身3/4
7 1 7 ディラントーマス 4馬身3/4
8 12 5 エヴァーブライト 4馬身3/4
9 3 8 レッドロックス 4馬身3/4
10 11 11 ホークスベイ 5馬身1/2
11 13 12 マクレヤ 9馬身
12 10 13 ビバマカオ 10馬身
13 7 9 ヴァイタルキング 24馬身1/2

※着差は1着馬からの着差

レース後[編集]

  • 優勝騎手のオリビエ・ペリエは、香港ヴァーズ2勝目を挙げ、前身の香港国際ヴァーズの1勝を含めると通算3勝目を挙げた。
  • 優勝騎手のオリビエ・ペリエは、直線残り300m付近で外側に斜行し、ディラントーマスの走行に影響を与えたことにより、香港ジョッキークラブの裁決委員から、12月10日から12月19日までの騎乗停止と過怠金4万香港ドルの処分を受けた。当時JRAの短期免許を受けていたため、裁定委員会の議定の結果、12月10日から12月19日まで騎乗停止となった。
  • 引退レースだったディラントーマスは、不利を受けた影響もあり7着だった。

関連項目[編集]