第14特科隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第14特科隊
創設 1981年(昭和56年)3月
(第2混成団特科大隊)
廃止 2006年(平成18年)3月26日
再編成 2006年(平成18年)3月27日
(第14特科隊)
廃止 2018年(平成30年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 特科
所在地 愛媛県松山市
編成地 松山
上級単位 第14旅団
担当地域 愛媛県
テンプレートを表示

第14特科隊(だいじゅうよんとっかたい、JGSDF 14th Artillery Unit)は、愛媛県松山市松山駐屯地に駐屯していた第14旅団の隷下部隊。 第14旅団第15普通科連隊の即応機動連隊改編に伴い、2018年3月26日をもって廃止された。

沿革[編集]

(前史である第2混成団特科大隊を含む)

  • 1981年(昭和56年) 3月:第13特科連隊第4大隊、第5大隊第12中隊及び第6大隊より1個高射中隊を基幹に第2混成団特科大隊として日本原駐屯地で編成。
  • 1994年(平成 6年) 3月29日:日本原駐屯地から松山駐屯地に移駐。
  • 2006年(平成18年) 3月27日:旅団への改編に伴い第2混成団特科大隊から拡大新編。この際、高射中隊は第14高射特科中隊として分離した。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第14後方支援隊第2整備中隊へ移管。
  • 2018年(平成30年) 3月26日:第15普通科連隊の即応機動連隊改編に伴い廃止(3個射撃中隊は中部方面特科隊として再編成[1]、一部を第50普通科連隊の重迫撃砲中隊及び第15即応機動連隊の火力支援中隊へ分散配置、隊本部機能の一部を第14旅団司令部の火力調整部として編成)

廃止時の部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1中隊
  • 第2中隊
  • 第3中隊 

 

歴代の主要幹部[編集]

歴代の第14特科隊長
(1等陸佐・松山駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 幸野英明 2006年03月27日 - 2008年07月31日 陸上自衛隊幹部学校 東北方面総監部人事部人事課長
02 大上明彦 2008年08月01日 - 2010年11月30日 中部方面総監部防衛部勤務 中部方面総監部装備部後方運用課長
03 興梠隆博 2010年12月01日 - 2012年12月03日 富士教導団本部高級幕僚 陸上自衛隊幹部学校総務部総務課長
04 前田利徳 2012年12月04日 - 2014年07月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上自衛隊富士学校特科部研究課長
05 財津耕一郎 2014年08月01日 - 2017年03月22日 陸上自衛隊研究本部研究員 防衛研究所主任研究官
06 内野敏紀 2017年03月23日 - 2018年03月26日 西部方面総監部人事部人事課長 中部方面特科隊
兼 松山駐屯地司令

主要装備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 陸上自衛隊 松山駐屯地 駐屯部隊”. 陸上自衛隊松山駐屯地. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]