第15回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第15回アカデミー賞
開催日 1943年3月4日
会場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス アンバサダーホテル
司会 ボブ・ホープ
ハイライト
作品賞 ミニヴァー夫人
最多部門受賞 『ミニヴァー夫人』(6)
最多部門
ノミネート
『ミニヴァー夫人』(12)
 < 第14回 アカデミー賞 第16回 > 

第15回アカデミー賞は、1942年の映画を対象としており、授賞式はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスアンバサダーホテルで行われた。司会はボブ・ホープが勤めた。

受賞とノミネート一覧[編集]

太文字のものが受賞である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
原案賞 ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞(一巻) 短編実写映画賞(二巻)
短編アニメ賞
ドラマ音楽賞 ミュージカル音楽賞
歌曲賞 録音賞
美術監督賞(白黒) 美術監督賞(カラー)
撮影賞(白黒) 撮影賞(カラー)
編集賞 特殊効果賞
  • 絶海の嵐』 – 撮影: ファーシオット・エドアートゴードン・ジェニングスウィリアム・L・ペレイラ、音響: ルイス・メセンコップ
    • ジャングル・ブック』 – 撮影: ローレンス・バトラー、音響: ウィリアム・H・ウィルマース
    • 打撃王』 – 撮影: ジャック・コスグローヴ、レイ・ビンガー、音響: トーマス・T・モールトン
    • 透明スパイ』 – 撮影: ジョン・P・フルトン、音響: バーナード・B・ブラウン
    • ミニヴァー夫人』 – 撮影: A・アーノルド・ギレスピー、ウォーレン・ニューカム、音響: ダグラス・シアラー
    • 『戦場を駈ける男』 – 撮影: バイロン・ハスキン、音響: ネイサン・ロヴィンソン
    • フライング・タイガー』 – 撮影: ハワード・ライデッカー、音響: ダニエル・J・ブルームバーグ
    • 『わが一機未帰還』 – 撮影: ロナルド・ニーム、音響: C・C・スティーブンス
    • 『海の征服者』 – 撮影: フレッド・サーセン、音響: ロジャー・ヒーマン、ジョージ・レヴァレット
    • 『Uボート撃滅』 – 撮影: ヴァーノン・L・ウォーカー、音響: ジェームズ・G・スチュワート

アカデミー特別賞[編集]

アービング・G・タルバーグ賞[編集]

統計[編集]

複数候補
  • 12候補: 『ミニヴァー夫人』
  • 11候補: 『打撃王』
  • 8候補: 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』
  • 7候補: 『心の旅路』、『希望の降る街』
  • 4候補: 『アラビアン・ナイト』、『ジャングル・ブック』、『偉大なるアンバーソン家の人々』、『純愛の誓い』、Wake Island
  • 3候補: 『バンビ』、『海の征服者』、『フライング・タイガー』 『スイング・ホテル』, The Invaders, 『嵐の青春』、『情熱の航路』、The Pied Piper、『絶海の嵐』、Take a Letter, Darling、『晴れて今宵は』
  • 2候補: 『空軍の暴れん坊』、Flying With Music、『黄金狂時代』、My Gal Sal、『わが一機未帰還』、『モロッコへの道』、The Shanghai Gesture、『賭博の女王』、『女性No.1』
複数受賞
  • 6受賞: 『ミニヴァー夫人』
  • 3受賞: 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』


参考文献[編集]