第15旅団 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第15旅団 (陸上自衛隊)
陸上自衛隊第15旅団部隊章.jpg
創設 2010年(平成22年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 旅団
人員 約2,500名
所在地 沖縄県 那覇市
編成地 那覇
上級単位 西部方面隊
担当地域 沖縄県
テンプレートを表示

第15旅団(だいじゅうごりょだん、JGSDF 15th Brigade)は、旅団司令部及び主力部隊が沖縄県那覇市那覇駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊西部方面隊隷下の旅団である。

概要[編集]

東日本大震災での災害派遣で、東北に出動する準備を行う第15旅団
自衛隊音楽まつりで演奏を披露する第15旅団エイサー隊(2012年)

沖縄地方の防衛警備・災害派遣などを任務としている。中期防衛力整備計画 (2005)に基づき2010年(平成22年)3月26日、第1混成団に代わって南西諸島の地理的特性を踏まえつつ、ゲリラ特殊部隊による攻撃やNBC攻撃、島嶼部に対する侵略、大規模特殊災害等の新たな脅威や様々な事態に迅速かつ実効的に対応できる体制を構築する一環として編成された離島型旅団であり、第1混成団よりも高い対処能力を持つ。

改編にあたり第15偵察隊を新編するなど、部隊規模は、第1混成団時の約1,800名から300名増員、2,100名(編成完結当時)となっている。1個普通科連隊(軽)(3個中隊基幹)を主力としているが、地理的条件から戦車部隊・野戦特科火砲部隊は編組されず、高射特科は連隊(4個高射中隊で編成)となっている[1]。また、歴史上の背景から、旅団内に直属の不発弾処理隊を編成している(他部隊は方面後方支援隊隷下部隊)。2020年時点においてもなお、沖縄県内では依然として不発弾の発見が続いており、1日で複数回の処理を行うことも珍しくない[2]

主力の第51普通科連隊第1混成群第301・第302普通科中隊および第301重迫撃砲中隊を再編し3個普通科中隊基幹で編成された。第15偵察隊は新編部隊であり87式偵察警戒車を装備。戦車隊が編組されていない本旅団においては最も重装備の部隊となっている。第15施設中隊は第1混成群第301施設中隊から独立新編。同様に第15通信隊 - 混成団本部付隊通信小隊を増強、独立新編されている。第6高射特科群(現第15高射特科連隊)は八重瀬分屯地のほか4ヶ所の分屯地に駐屯。陸上自衛隊の師団/旅団隷下の高射特科部隊で中距離対空誘導弾を装備しているのは当部隊だけである。部隊章の意匠は新編当初第1混成団のものを踏襲していたが、2020年3月にマイナーチェンジが行われた。

26中期防及び31中期防において地域配備部隊とし陸上自衛隊空白部の島嶼部への平素の部隊配置の推進が謳われている。具体的には、与那国島に沿岸監視部隊を配置(2016年3月28日に与那国駐屯地として開庁)するほか、先島諸島担任部隊(宮古島(2019年3月27日に宮古島駐屯地として開庁)及び石垣島に2基地700-800人)が予定されている。

なお、即応予備自衛官訓練については第8師団第24普通科連隊第4中隊が担当していた。(現在は西部方面混成団が担当)

クラブ活動としてエイサー隊が結成されており、自衛隊音楽まつりで演奏を披露している。

沿革[編集]

  • 2010年(平成22年)3月26日:第15旅団が編成完結。
  1. 第51普通科連隊第15偵察隊、第15通信隊、第15施設中隊が新編。
  2. 第15旅団司令部付隊の下に化学防護隊が新編(化学防護車、除染装置を装備)[3]
  1. 部隊章(師団等標識)を変更[7]
  2. 無人偵察機(UAV)スキャンイーグル」を運用する第15情報隊を新編[8][9]

部隊編成[編集]

本旅団の編成は、即応近代化旅団(離島型)と呼ばれる、独特のものとなっている。なお、第1混成団期に編合していた第416基地通信隊及び第430会計隊はそれぞれ西部方面通信群及び西部方面会計隊隷下として旅団から切り離され、駐屯地管理業務は方面直轄部隊として新たに「那覇駐屯地業務隊」が設けられた。

編成
駐屯地


司令部[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第15旅団長 陸将補 佐藤真 2020年04月15日 第1師団副師団長
練馬駐屯地司令
副旅団長
兼 那覇駐屯地司令
1等陸佐 嶋本学 2019年12月20日 東部方面総監部情報部長
幕僚長 1等陸佐 井川賢一 2017年12月01日 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
歴代の第15旅団長
(陸将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 反怖謙一 2010年03月26日 - 2011年04月26日 防大23期 第1混成団
那覇駐屯地司令
北部方面総監部幕僚長
札幌駐屯地司令
02 友部薫 2011年04月27日 - 2012年07月25日 防大23期 自衛隊情報保全隊司令 第2師団
(陸将昇任)
03 小林茂 2012年07月26日 - 2014年08月04日 防大27期 陸上幕僚監部運用支援・情報部長 第3師団
(陸将昇任)
04 上尾秀樹 2014年08月05日 - 2016年06月30日 防大29期 陸上幕僚監部監理部長 第6師団
(陸将昇任)
05 原田智総 2016年07月01日 - 2019年03月31日 防大31期 陸上幕僚監部運用支援・情報部長 陸上総隊司令部幕僚長
(陸将昇任)
06 中村裕亮 2019年04月01日 - 2020年04月14日 防大32期 陸上自衛隊教育訓練研究本部副本部長
兼 総合企画部長
第7師団
(陸将昇任)
07 佐藤真 2020年04月15日 - 防大34期 第1師団副師団長
練馬駐屯地司令

廃止部隊[編集]

  • 第15飛行隊「15飛」:2013年(平成25年)3月25日 廃止。
  • 第6高射特科群「6高群」:2014年(平成26年)3月25日 廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 通常、陸上自衛隊の師団/旅団内に編成されている高射特科部隊は大隊ないし中隊規模であり、本旅団の編制は第7師団第7高射特科連隊(6個高射中隊で編制)に次ぐ規模である。
  2. ^ 自衛隊の「不発弾処理隊」のスゴイ仕事っぷり”. 東洋経済オンライン (2020年3月1日). 2020年3月1日閲覧。
  3. ^ 沿革”. 第15特殊武器防護隊公式ホームページ. 2020年3月3日閲覧。
  4. ^ 防衛省組織令等の一部を改正する政令(平成二十六年一月三十一日公布政令第二十号、防衛省HP)
  5. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成31年政令第30号)防衛省ホームページ 制定政令
  6. ^ a b c 防衛省人事発令(2019年3月26日1佐職)
  7. ^ 陸上自衛隊 第15旅団 [@jgsdf_15b_pr] (2020年3月31日). "【第15旅団新部隊章の紹介(その1)】令和2年3月26日より #第15旅団 の #部隊章 が新しく変わりました。新しい部隊章は、「#南西域 に #抑止力 を効かせる #強い 旅団」を表現するため、#沖縄 の #伝統的 な #守り神 の「 #シーサー」を配置しています。#自衛隊 #沖縄 #拡散希望" (ツイート). Twitterより2020年3月31日閲覧
  8. ^ 第15情報隊長の紹介 | 陸上自衛隊 第15旅団”. www.mod.go.jp. 2020年4月11日閲覧。
  9. ^ 「沖縄にUAV部隊新編」朝雲新聞(2020年4月23日付)