第15軍 (ドイツ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第15軍
創設 1941年1月15日
廃止 1945年4月18日
所属政体 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 フランス
西部戦線
主な戦歴 フランス侵攻
西部戦線
テンプレートを表示

第15軍(だい15ぐん、Deutsche 15. Armee)は第二次世界大戦時のドイツ軍の部隊である。

歴史[編集]

1941年1月15日、第15軍はクルト・ハーゼンを司令官として設立された。フランスで初任務に就き、その後、連合軍の侵入からチャンネル諸島周辺の海岸の防衛任務を行った。

ノルマンディー上陸作戦後、連合軍によるマーケット・ガーデン作戦の際には防衛に成功したが、スヘルデの戦いではカナダ第1軍に撃破され、またブラックコック作戦(en:Operation Blackcock)ではイギリス第2軍に敗退した。

バルジの戦いに参加した後、ルール川沿いに戦い、1945年、ルール地方で降伏した。

司令官[編集]

脚注[編集]