第160回天皇賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天皇賞 > 第160回天皇賞
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:1.パドックの画像,2.レースの画像,3.慶祝メモリアルブックの画像の画像提供をお願いします。2019年10月
第160回天皇賞 (秋)
第160回天皇賞(秋)ゴール前.jpg
優勝したアーモンドアイ
開催国 日本
主催者 日本中央競馬会(JRA)
競馬場 東京競馬場[1]
施行年 2019年
施行日 10月27日(日)
距離 芝2000m
格付け GI
賞金 1着賞金150,000,000円[1]
出走条件 サラ系3歳以上(国際)(指定)[1]
負担重量 定量[1]
出典 [1]
施行時刻 15時40分[1]
天候[1]
馬場状態[1]
優勝馬 アーモンドアイ[1]
優勝騎手 クリストフ・ルメール
優勝調教師 国枝栄美浦[1]
優勝馬主 シルクレーシング[1]
優勝生産者 ノーザンファーム安平町[1]
テンプレートを表示
映像外部リンク
2019 天皇賞(秋)
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

天皇陛下御即位慶祝 第160回天皇賞(秋)(だい160かいてんのうしょう・あき)は、2019年10月27日東京競馬場で開催された競馬競走である。アーモンドアイが優勝した。

天皇陛下御即位慶祝競走[編集]

2019年(令和元年)10月22日に令和の「即位礼正殿の儀」が執り行われた天皇陛下の御即位を祝して[2]、秋の天皇賞の競走名を「天皇陛下御即位慶祝 第160回天皇賞(秋)」と定めて、「慶祝競走」が開催されることなった[3]

それを受け、日本中央競馬会(JRA)では、ウインズやエクセル、東京競馬場内の競馬博物館にて、「天皇陛下御即位慶祝メモリアルブック」が配布され、天皇賞の歴史についてや皇室と競馬の繋がり、競馬関係者や著名人が語る天皇賞の思い出が掲載された[4]

レース施行前の状況[編集]

主な競走の結果[編集]

図中の太字強調は本競走に出走する馬である。

安田記念[編集]

GI初勝利を挙げ、優勝レイをかけられるインデイチャンプ
2019年6月2日 第69回安田記念GI[5]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 インディチャンプ 4 福永祐一 58 1:30.9 4
2 アエロリット 5 戸崎圭太 56 1:30.9 クビ 0.0 3
3 アーモンドアイ 牝4 C.ルメール 56 1:30.9 ハナ 0.0 1
7 ケイアイノーテック 牡4 幸英明 58 1:31.3 0.4 10
16 ダノンプレミアム 牡4 川田将雅 58 1:32.9 2.0 2

安田記念は、インディチャンプが最後の直線4、5番手から外に持ち出して抜け出し、安田記念のレースレコードでGI初制覇を成し遂げた[6]。2着のアエロリットは前走のヴィクトリアマイルから中2週の間隔での出走、直線で逃げ粘るものの、2018年の安田記念と同じ2着となった[7]。騎乗した戸崎圭太は「落ち着いていたし、いい雰囲気でした。レースもいい形で運べたし、リズムもよかった。」と振り返っている[7]。3着のアーモンドアイは、スタート直後に大外枠のロジクライが内に大きく切り込んだことにより、後方に閉じ込められる不利があったが、最後の直線で出走メンバー中最速の上がり3ハロン32秒4の末脚を見せた。騎乗したルメールは、「スタートで問題があった。あれで5馬身くらい(ロスした)。GIマイルで…。最後まで頑張っていたんですが」と話した[8]。7着のケイアイノーテックは、12番手から上がり3位の32秒7の末脚を見せた。16着のダノンプレミアムは、同じくロジクライによる不利を受け、後方からレースを進めることとなったが、ダッシュがつかず、最後は無理せずに流して入線した[9]。入線後騎乗した川田が、馬場内で下馬し、馬運車で運ばれ、診療所で検査を受けたが異常は認められなかった[10]

最後の直線で先頭を走るリスグラシュー

宝塚記念[編集]

2019年6月23日 第60回宝塚記念GI[11]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 リスグラシュー 牝5 D.レーン 56 2:10.8 3
2 キセキ 牡5 川田将雅 58 2:11.3 3馬身 0.5 1
3 スワーヴリチャード 牡5 M.デムーロ 58 2:11.6 2馬身 0.8 6
4 アルアイン 牡5 北村友一 58 2:11.9 2馬身 1.1 5
7 スティッフェリオ 牡5 丸山元気 58 1:31.3 1.6 10
11 マカヒキ 牡6 岩田康誠 58 2:12.9 2.1 7

宝塚記念は、リスグラシューが、2018年のエリザベス女王杯に続くGI2勝目[12]、史上4頭目[注 1]牝馬による宝塚記念制覇となった[12]。3着のスワーヴリチャードは、先行策で4番手に付け最後の直線は内から前を追った[13]。騎乗したミルコ・デムーロは、「頑張ってるよ。勝った馬の後ろにいたが、最後はいつも通りジリジリだった」とした[14]。4着のアルアインは、好位からレースを進めたがラストは脚色が鈍った[15]北村友一は「4コーナーからの手応えが前走ほど良くありませんでした。距離が1ハロン長いのか、馬場の内が緩かったからか、そこは微妙です」と分析した。単勝10番人気の評価で7着のスティッフェリオ、騎乗した丸山元気は「向こう正面でも右手前のままでした。これから強い馬と戦って力をつけていってくれれば。」とした[16]マカヒキは11着で、「馬場を気にしていたのか、進んで行かなかった」と騎乗した岩田康誠が回顧した[16]

神戸新聞杯[編集]

サートゥルナーリア(2019年皐月賞優勝時)
2019年9月22日 第67回神戸新聞杯GII[17]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 サートゥルナーリア 牡3 C.ルメール 56 2:26.8 1
2 ヴェロックス 牡3 川田将雅 56 2:27.3 3馬身 0.5 2
3 ワールドプレミア 牡3 武豊 56 2:27.5 1馬身1/4 0.8 6

神戸新聞杯サートゥルナーリアが制した[18]。ノーステッキで2着のヴェロックスに3馬身離して、ルメールは「向正面も冷静に走っていた。3、4コーナーで外へ出してから加速し、すごくいい脚を使ってくれた」とし[18]、「スーパーホースだと思います」と評価した[18]。なお3着のワールドプレミアは次走の菊花賞でGI初制覇を挙げており[19]、ヴェロックスは同じく菊花賞で3着となった[20]

オールカマー[編集]

周回するスティッフェリオ(2017年菊花賞のパドック)
2019年9月22日 第65回オールカマーGII[21]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 スティッフェリオ 牡5 丸山元気 56 2:12.0 4
2 ミッキースワロー 牡5 菊沢一樹 56 2:12.3 1馬身3/4 0.3 3
3 グレイル 牡4 戸崎圭太 56 2:12.4 1/2馬身 0.4 6
6 ゴーフォザサミット 牡4 石橋脩 56 2:12.4 0.5 7
9 ウインブライト 牡5 松岡正海 58 2:13.5 1.5 2

オールカマーは、スティッフェリオが勝利した。レース序盤にハナを奪い、そのまま逃げ切り[22]、2017年の東京優駿(日本ダービー)、2018年の天皇賞(秋)でGIを2勝しているレイデオロを4着に退け[23]、重賞3勝目を記録した。騎乗した丸山元気は、「馬の雰囲気も4コーナーの反応も良かったです。リズム良く運ぶことが出来ました。強いメンバーに入って、どこまで走れるかと思っていましたが、よく走ってくれました。馬場もいいし、作戦も上手くいきました。小回りコースで結果を残してきた馬で、広いコースでも結果を出したいです。重賞を勝たせてもらってきた馬で、GIでも結果を残したいです」と振り返った[24]。海外G1を制した後の休み明け復帰初戦であったウインブライトは9着で[25]、騎乗した松岡正海は「距離が長いです。位置取りは一番良いぐらいでしたし、ペースも問題ありませんでしたが、距離が敗因です」と回顧した[24]

新馬戦に臨んでいるドレッドノータス

京都大賞典[編集]

2019年10月6日 第54回京都大賞典GII[26]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 ドレッドノータス 6 坂井瑠星 56 2:23.5 11
2 ダンビュライト 牡5 松若風馬 57 2:23.7 1馬身1/4 0.2 6
3 シルヴァンジャー 牡4 浜中俊 56 2:23.8 3/4馬身 0.3 5

京都大賞典では、ドレッドノータスが勝利した。11番人気の評価で、3連単188万円の高配当を演出した[27]。2015年の京都2歳ステークス以来の4年ぶりの重賞2勝目。騎乗した坂井は、「開幕週だったので、ハナの後ろのイメージ通りのポジションを取れて、リズムよく運べました。直線もしっかり伸びてくれて、ダンビュライトが粘っていたけど、かわしてくれると思っていました。指示通りに乗れて、師匠の矢作先生の馬で勝てたのが何よりうれしいです。前走に比べて体が絞れて状態は良かったと思います」と振り返った[28]

第86回東京優駿(日本ダービー)のパドックを周回するダノンキングリー

毎日王冠[編集]

2019年10月6日 第70回毎日王冠GII[29]
着順 馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 人気
1 ダノンキングリー 牡3 戸崎圭太 54 1:44.4 1
2 アエロリット 牝5 津村明秀 55 1:44.6 1馬身1/4 0.2 2
3 インディチャンプ 牡4 福永祐一 58 1:44.8 1馬身1/4 0.4 3
5 ランフォザローゼス 牡3 北村宏司 54 1:45.0 0.6 8
9 ケイアイノーテック 牡4 幸英明 57 1:45.8 1.2 7

毎日王冠は、東京優駿2着の3歳馬ダノンキングリーが制した。

2着は逃げたが直線で捕らえられたアエロリット。騎乗した津村明秀は「ペースはちょうど良く、最後にインディチャンプを差し返してくれて、力のあるところは見せられました。3コーナーで自分から力むところがあったので、そこが影響したのかもしれません」と振り返った[30]

施行前の状況[編集]

出走馬[編集]

GI優勝馬[編集]
GI勝利 重賞勝利 馬名 GI勝ち鞍 重賞勝ち鞍
5勝 1勝 アーモンドアイ G1 ドバイターフ GIII シンザン記念
GI 桜花賞優駿牝馬(オークス)秋華賞ジャパンカップ
2勝 1勝 アルアイン GI 皐月賞大阪杯 GIII 毎日杯
1勝 サートゥルナーリア GI ホープフルステークス、皐月賞 GII 神戸新聞杯
1勝 2勝 アエロリット GI NHKマイルカップ GII 毎日王冠
GIII クイーンステークス
5勝 ウインブライト G1 クイーンエリザベス2世カップ GII スプリングS中山記念2勝
GIII 福島記念中山金杯
0勝 ケイアイノーテック GI NHKマイルカップ
3勝 スワーヴリチャード GI 大阪杯 GII アルゼンチン共和国杯金鯱賞
GIII 共同通信杯
5勝 ダノンプレミアム GI 朝日杯フューチュリティステークス GII 弥生賞、金鯱賞、マイラーズカップ
GIII サウジアラビアロイヤルカップ
2勝 マカヒキ GI 東京優駿(日本ダービー) G2 ニエル賞
GII 弥生賞
2勝 ワグネリアン GI 東京優駿(日本ダービー) GII 神戸新聞杯
GIII 東京スポーツ杯2歳ステークス

全16頭のうち、天皇賞史上最多の10頭がGI優勝馬で、重賞勝利馬が15頭という豪華メンバーでの開催となった。アーモンドアイ[31]は、2018年に牝馬三冠第38回ジャパンカップを制した後、ドバイに赴きドバイターフに優勝し、GIを5勝している。その後帰国し第69回安田記念に出走。スタート直後のロジクライの斜行で進路を狭まれる不利を受けたが、最後の直線で巻き返し3着。それから秋は初めて出走、単勝オッズ1倍台の支持で、断然の1番人気となる。2番人気はホープフルステークス皐月賞を制しGIを2勝で、前哨戦の神戸新聞杯では、同じ世代の3歳馬を寄せ付けない勝利をみせたサートゥルナーリア[32]。3番人気は2017年の朝日杯フューチュリティステークスGI勝利があり、2019年は金鯱賞マイラーズカップを制しているダノンプレミアム[33]。2018年の東京優駿(日本ダービー)を制したワグネリアン[34]が4番人気。2018年の大阪杯を制したスワーヴリチャード[35]が5番人気。2017年のNHKマイルカップを制したアエロリット[36]が6番人気。2016年の東京優駿(日本ダービー)を制したマカヒキ[37]が8番人気、天皇賞(秋)と同じ距離の2000mであるGI、大阪杯と皐月賞を勝利しているアルアイン[38]が9番人気、2019年の年初の中山金杯から、3連勝で香港G1クイーンエリザベス2世カップを制したウインブライト[39]が12番人気、2018年のNHKマイルカップを制したケイアイノーテック[40]が14番人気と名を連ねた。

重賞優勝馬[編集]
重賞勝利 馬名 重賞勝ち鞍・重賞実績
3勝 スティッフェリオ GII オールカマー
GIII 福島記念小倉大賞典
2勝 カデナ GII 弥生賞
GIII 京都2歳ステークス
ドレッドノータス GII 京都大賞典
GIII 京都2歳ステークス
ユーキャンスマイル GIII ダイヤモンドステークス新潟記念
1勝 ゴーフォザサミット GII 青葉賞
0勝 ランフォザローゼス GII 青葉賞2着
GIII 京成杯2着

13番人気のランフォザローゼス[41]以外の、15頭が重賞優勝馬で、スティッフェリオ[42]は前哨戦のGIIオールカマーを勝利するなど重賞3勝の実績があり11番人気。10番人気のカデナ[43]は2017年の弥生賞以来勝利から遠ざかっているが、2019年は小倉記念2着や、新潟記念3着と好走している。15番人気のドレッドノータス[44]は前哨戦のGII京都大賞典で、2015年の京都2歳ステークス以来の4年ぶりの重賞2勝目を挙げた。7番人気のユーキャンスマイル[45]は、2017年の菊花賞3着の後、2019年はダイヤモンドステークスと新潟記念と2勝している。最低人気の16番人気のゴーフォザサミット[46]は、2018年の青葉賞を制したが、その後GIIを走り続けたが、凡走が続いている。

天候[編集]

10月27日当日、東京都府中市天気予報は曇りで、降水確率20パーセント[47]、15時時点の東京都の最高気温は20.6度で[48]湿度72パーセント[48]降水量はなく[48]風速1メートルで風はほとんどなかった[48]

馬場状態[編集]

天皇賞2日前の10月25日の大雨により東京競馬場でも60.5ミリメートルの雨量を記録[49]。25日の正午現在では、含水率が芝コースのゴール前22.5パーセント、4コーナーで21.4パーセントで不良馬場が記録された[49]

天皇賞前日の26日は晴天に恵まれ、含水率は芝コースのゴール前18.0パーセント、4コーナーで17.7パーセントとなり[50]、天皇賞までに良馬場に回復した[51]

芝コースはこの週から内ラチから3メートルに仮柵を設けるBコースを使用した[47]

出走馬と枠順[編集]

2019年10月27日 第4回東京競馬第9日目 第11競走[52]

天気[52]:晴、馬場状態[52]:良、発走時刻[52]:15時40分

枠番 馬番 競走馬名 斤量 騎手 調教師 オッズ(人気) プレレーティング[53][注 2]
ランク 距離 対象
競走名 着順
1 1 カデナ 5 58 藤岡佑介 中竹和也 126.0(10人) 109 I GIII 小倉記念 2着
2 アーモンドアイ 牝4 56 C.ルメール 国枝栄 1.6(1人) 123 M G1 ドバイターフ 1着
2 3 ケイアイノーテック 牡4 58 幸英明 平田修 257.8(14人) - - - - -
4 スワーヴリチャード 牡5 58 横山典弘 庄野康志 19.1(5人) 118 L G1 ドバイSC 3着
3 5 アエロリット 5 56 戸崎圭太 菊沢隆徳 20.0(6人) 117 M GI 安田記念 2着
GII 毎日王冠 2着
6 ユーキャンスマイル 牡4 58 岩田康誠 友道康夫 40.6(7人) 112 I GIII 新潟記念 1着
4 7 スティッフェリオ 牡5 58 丸山元気 音無秀孝 145.1(11人) 115 L GII オールカマー 1着
8 マカヒキ 牡6 58 武豊 友道康夫 53.0(8人) 116 I GI 大阪杯 4着
5 9 ダノンプレミアム 牡4 58 川田将雅 中内田充正 9.5(3人) 118 I GII 金鯱賞 1着
10 サートゥルナーリア 牡3 56 C.スミヨン 角居勝彦 3.4(2人) 119 I GI 皐月賞 1着
GII 神戸新聞杯 1着
6 11 ゴーフォザサミット 牡4 58 北村宏司 藤沢和雄 406.1(16人) 108 L GII 目黒記念 4着
12 ドレッドノータス 6 58 坂井瑠星 矢作芳人 296.2(15人) 114 L GII 京都大賞典 1着
7 13 ランフォザローゼス 牡3 56 M.デムーロ 藤沢和雄 150.9(13人) 111 L GII 青葉賞 2着
14 ワグネリアン 牡4 58 福永祐一 友道康夫 18.7(4人) 117 I GI 大阪杯 3着
GII 札幌記念 4着
8 15 ウインブライト 牡5 58 松岡正海 畠山吉宏 148.9(12人) 120 I G1 QE2世C 1着
16 アルアイン 牡5 58 北村友一 池江泰寿 67.9(9人) 119 I GI 大阪杯 1着

レース結果[編集]

レース展開[編集]

アエロリットが良いスタートでハナに立ち、スティッフェリオやサートゥルナーリアがそれに倣い先頭集団を形成。その後ろのダノンプレミアムとアーモンドアイが並んだ。後方にスワーヴリチャードやワグネリアンが付けて、そのさらに後方には、ユーキャンスマイルやマカヒキ、最後尾はカデナが待機する隊列となった。

1000メートル通過のペースは59.0秒とアエロリットがマイペースの逃げに持ち込み、第4コーナーではまだ後続に1馬身離していた。これをめがけて2、3番手にいたサートゥルナーリアが手綱を持ったまま、アエロリットの外側を進出、それにつれてその外からダノンプレミアムが追い出し、先頭で3頭が並ぶ形となった。その後ろに位置していたアーモンドアイが3頭を見ながら、内を走るアエロリットと内ラチの間をすり抜け先頭に躍り出た。追い抜いた残り200メートル地点からは2番手集団を離して、ゴール板では2着馬に3馬身離す独走状態で入線した。

2番手集団は最も外のダノンプレミアムと最も内のアエロリットが横一列で入線したが、クビ差ダノンプレミアムが勝って2着、アエロリットが3着、サートゥルナーリアは直線で伸びを欠き6着に後退した。

ウイニングランをするアーモンドアイ

後続集団では、ユーキャンスマイルとワグネリアンが追い込んで来たが前の集団には届かず、それぞれ4着、5着となった。

レース着順[編集]

以下の情報は、netkeiba.com[52]に基づく。

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差 上がり3ハロン 騎手 斤量 人気
1着 1 2 アーモンドアイ 1:56.2 33.8 C.ルメール 56 1
2着 5 9 ダノンプレミアム 1:56.7 3馬身 34.5 川田将雅 58 3
3着 3 5 アエロリット 1:56.7 クビ 34.8 戸崎圭太 56 6
4着 3 6 ユーキャンスマイル 1:56.8 クビ 33.7 岩田康誠 58 7
5着 7 14 ワグネリアン 1:56.8 クビ 34.0 福永祐一 58 4
6着 5 10 サートゥルナーリア 1:57.1 1馬身1/2 34.9 C.スミヨン 56 2
7着 2 4 スワーヴリチャード 1:57.1 ハナ 34.3 横山典弘 58 5
8着 8 15 ウインブライト 1:57.3 1馬身1/4 34.8 松岡正海 58 12
9着 2 3 ケイアイノーテック 1:57.5 1馬身 34.2 幸英明 58 14
10着 4 8 マカヒキ 1:57.6 3/4馬身 34.4 武豊 58 8
11着 6 11 ゴーフォザサミット 1:57.7 3/4馬身 34.7 北村宏司 58 16
12着 4 7 スティッフェリオ 1:57.9 1馬身1/4 35.9 丸山元気 58 11
13着 1 1 カデナ 1:58.4 3馬身 34.7 藤岡佑介 58 10
14着 8 16 アルアイン 1:58.7 2馬身 36.1 北村友一 58 9
15着 7 13 ランフォザローゼス 1:59.1 2馬身1/2 36.2 M.デムーロ 58 13
16着 6 12 ドレッドノータス 2:00.1 6馬身 37.5 坂井瑠星 58 15

データ[編集]

ハロンタイム 12.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.3 - 11.1 - 11.3 - 11.9
1000m通過タイム 59.0秒(アエロリット)
優勝馬上がり3ハロン 33.8秒
上がり最速 33.7秒(ユーキャンスマイル)

払戻[編集]

単勝 2 160円
複勝 2 110円
9 260円
5 270円
枠連 1-5 220円
馬連 2-9 920円
ワイド 2-9 400円
2-5 400円
5-9 1740円
馬単 2-9 1170円
3連複 2 - 5 - 9 3210円
3連単 2 - 9 - 5 8860円


記録[編集]

エピソード[編集]

アーモンドアイ
  • 騎乗したクリストフ・ルメールは、レースについて「アエロリットの後ろでいいポジションを取れましたし、サートゥルナーリアをマークして行ったんですが、早めに止まってしまったので内にスペースがあったしいい反応をしてくれました」[56]「すごい脚で伸びてくれた。結構早めに勝てると思いました。多分、きょうの彼女はトップコンディションではなかった。でも心臓と能力がすごいから楽勝でした」と絶賛した[59]。騎手としての天皇賞3連勝については、「平成最後の天皇賞を勝てて、令和最初も勝つことができた。すごくうれしい」と語った[59]
  • 国枝栄調教師は、最後の直線の伸びについて「やっぱりビックリですよね。メンバーがメンバーなので、しのぎを削ってという感じを思っていたんですけど、一気に抜けましたね」「なんか…おっかないというか…ねぇ。すごいなと。本当にビックリですね」と振り返った[60]
  • 馬主・シルクレーシングの米本昌史代表は「令和最初の天皇賞で、こうやって表彰台に立たせていただいた。アーモンドアイに感謝しています。天皇盾は何とも言えない重みがありました」「直線に向くまでの立ち回りが完璧でした。(後続を)突き放した時は鳥肌が立ちました。ひと夏越して精神的にも成長して、充実しましたね」と回顧した[58]
  • レース後、今までと同じく脚元がふらつく場面が見られたため、芝コースでの口取り記念撮影はなく、検量室前で水をかけられ、厩舎へと引き揚げた。優勝馬が姿を見せないため、競馬場内がざわついたが、国枝は「止めると少しフラッとしたので大事を取っただけ」と説明した[55]
ダノンプレミアム
  • 騎乗した川田将雅は、レースについて「スムーズに自分の競馬はできましたが、やはりアーモンドアイは強いですね。(ダノン)プレミアムなら、と思って挑みましたが、やはり強かった」と振り返った[61]
  • 中内田充正調教師は「勝った馬が強いというか、化け物」とアーモンドアイを称えた[62]
アエロリット
  • 騎乗した戸崎圭太は、レースについて「状態はさらによくなっていた。自分の形で競馬ができたし、最後も2着に入りそうな感じがあった。距離がうんぬんと言うより、本当にタフな馬」と評価した[63]
  • 菊沢隆徳調教師は「2着もあるかなと思った。よく頑張った」とした[64]
ユーキャンスマイル
  • 騎乗した岩田康誠は「力のある馬。スムーズに自分の競馬ができ、よく伸びてくれた」と評価した[65]
ワグネリアン
  • 騎乗した福永祐一は「もう1列前で競馬がしたかった。リラックスして走り、脚はたまっていた。最後はよく追い詰めただけに悔しい」と回顧した[66]
サートゥルナーリア
  • 騎乗したクリストフ・スミヨンは、敗因として精神面を挙げ「ゲートに入る前からカッカしていた。レースでも力みがあった。残り100メートルで外に逃げてしまったし、ラストはアップアップだった」[67]「地下馬道を通っているうちにだんだんとエキサイトしてきて、レース直前には、わずか1分のあいだに何度も何度も頭を上げ下げするまでになった」[68]と述べた。
  • 角居勝彦は「乗り方はジョッキーに任せていましたが、積極的に前に行く競馬になりました。現時点としてはいい状態だったと思うのですが…」とした[67]
  • 本馬を管理する滝川清史調教助手ベストターンドアウト賞を受賞。「今回の受賞は非常に光栄です。誰でも取扱いができる馬になるよう躾けるのが厩舎の方針であり、それが今回の受賞につながったと思います。ありがとうございました」とコメントした[69]
スワーヴリチャード
  • 騎乗した横山典弘は「休み明けだったけど、馬は頑張ってくれた」とコメントした[70]
ウインブライト
  • 騎乗した松岡正海は「競馬上手な面を生かせた。調子が戻ればもっと上位にこれる」と分析した[70]
ケイアイノーテック
  • 騎乗した幸英明は「最後はしっかり脚を使ってくれたし、こういう競馬がいいのかな」と分析した[70]
マカヒキ
  • 騎乗した武豊は「この馬にとっては時計が速すぎた。脚をためる時間がなかった」とした[70]
アルアイン
  • 騎乗した北村友一は「強い馬相手にこの時計で外枠は厳しい」とした[70]

評価[編集]

競馬評論家安藤勝己は自身のTwitterにて、アーモンドアイについて「改めてとんでもない馬。スタート後は(サートゥルナーリアの)スミヨンに強引に入られてヒヤッとしたけど、そんな心配もどこ吹く風」「先行馬ペースで前付けした2頭が圏内に残ったけど、その手応えがまるで違う。1分56秒2で走ってやからね」とし、ダノンプレミアムについては「相手が悪かったとしか言いようがない」と評価した[71]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1966年エイトクラウン、2005年スイープトウショウ、2016年マリアライト
  2. ^ 比較のために、牝馬に4ポンド追加している。表中のアーモンドアイ・アエロリットが該当

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 2019年10月27日(日)4回東京9日”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ 今秋の天皇賞を「天皇陛下御即位慶祝第160回天皇賞(秋)」として実施” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年5月28日). 2019年10月22日閲覧。
  3. ^ 慶祝競走の実施について JRA”. jra.jp. 2019年10月22日閲覧。
  4. ^ 天皇陛下御即位慶祝メモリアルブックを発行します! JRA”. jra.jp. 2019年10月22日閲覧。
  5. ^ 安田記念|2019年06月02日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  6. ^ 【安田記念】インディチャンプG1初V 2強粉砕!福永会心「馬が応えてくれた」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月23日閲覧。
  7. ^ a b 【安田記念】アエロリット、最後まで粘逃2年連続2着” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年6月3日). 2019年10月23日閲覧。
  8. ^ 【安田記念】アーモンドアイ悲運3着 発走後不利…G1連勝「5」で止まる | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月24日閲覧。
  9. ^ 【安田記念】ダノンプレミアム16着…レース後下馬” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年6月3日). 2019年10月24日閲覧。
  10. ^ ダノンプレミアムJRAは異常なしと発表/安田記念|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年10月24日閲覧。
  11. ^ 宝塚記念|2019年06月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  12. ^ a b リスグラシューが異次元に強すぎた。宝塚記念圧勝で高まる海外への期待。(島田明宏)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2019年10月25日閲覧。
  13. ^ 【宝塚記念】スワーヴリチャード 低評価に反発3着”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月25日閲覧。
  14. ^ 【宝塚記念】スワーヴリチャードは勝ち馬から5馬身差の3着 Mデムーロ「最後はじりじりでした」” (日本語). スポーツ報知 (2019年6月23日). 2019年10月25日閲覧。
  15. ^ 【宝塚記念】アルアインはGI連勝ならず4着 北村友「距離が1ハロン長いのか…」” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年6月23日). 2019年10月25日閲覧。
  16. ^ a b 【宝塚記念】レースを終えて…関係者談話” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年6月24日). 2019年10月25日閲覧。
  17. ^ 神戸新聞杯|2019年09月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  18. ^ a b c 【神戸新聞杯】サートゥルナーリア独壇場 ノーステッキ3馬身!ライバルぶっちぎり | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月25日閲覧。
  19. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月20日). “菊花賞、ワールドプレミアが優勝 競馬GI” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月25日閲覧。
  20. ^ 【菊花賞】ヴェロックスまたも惜敗 距離長く…3着 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月25日閲覧。
  21. ^ 産経賞オールカマー|2019年09月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  22. ^ 【オールカマー】スティッフェリオ快逃V 音無師驚いた「あんなに強いとは」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  23. ^ 【産経賞オールカマー】レイデオロ、行きっぷり悪く4着” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年9月23日). 2019年10月28日閲覧。
  24. ^ a b 【オールカマーレース後コメント】スティッフェリオ丸山元気騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  25. ^ 【オールカマー】2番人気ウインブライトはまさかの9着 松岡「距離が長い」” (日本語). スポーツ報知 (2019年9月22日). 2019年10月28日閲覧。
  26. ^ 京都大賞典|2019年10月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  27. ^ 【京都大賞典】ドレッドノータス絆で大金星 師匠・矢作師「瑠星で勝てて良かった」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  28. ^ 【京都大賞典】11番人気のドレッドノータスが約4年ぶりの重賞V” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年10月6日). 2019年10月28日閲覧。
  29. ^ 毎日王冠|2019年10月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年10月22日閲覧。
  30. ^ 【毎日王冠レース後コメント】ダノンキングリー戸崎圭太騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  31. ^ アーモンドアイ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  32. ^ サートゥルナーリア | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  33. ^ ダノンプレミアム | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  34. ^ ワグネリアン | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  35. ^ スワーヴリチャード | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  36. ^ アエロリット | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  37. ^ マカヒキ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  38. ^ アルアイン | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  39. ^ ウインブライト | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  40. ^ ケイアイノーテック | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  41. ^ ランフォザローゼス | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  42. ^ スティッフェリオ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  43. ^ カデナ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  44. ^ ドレッドノータス | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  45. ^ ユーキャンスマイル | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  46. ^ ゴーフォザサミット | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  47. ^ a b 27日東京競馬場・馬場情報”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  48. ^ a b c d 東京都心(東京都)の過去の天気(実況天気・2019年10月27日)” (日本語). tenki.jp. 2019年10月28日閲覧。
  49. ^ a b 【馬場情報】東京競馬場 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  50. ^ 東京競馬場・馬場情報”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  51. ^ 【万哲の馬場予報】天皇賞・秋(東京芝)「脚質問わず内を通る馬には注意」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  52. ^ a b c d e 天皇賞(秋)(G1) レース結果 | 2019/10/27 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com”. race.netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  53. ^ 2019年 天皇賞(秋) プレレーティング JRA”. www.jra.go.jp. 2019年11月18日閲覧。
  54. ^ a b c d e 2019年 天皇賞(秋) JRA”. www.jra.go.jp. 2019年10月28日閲覧。
  55. ^ a b c 【天皇賞・秋】アーモンドV!“8割”で最強証明「令和の女傑」G1馬9頭蹴散らした”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  56. ^ a b c d 【天皇賞・秋】絶対女王アーモンドアイが完勝! GI6勝目を奪取!” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  57. ^ 【天皇賞】アーモンドアイ無双 日本に敵なし!最強女帝3馬身差の完勝でG1V6 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  58. ^ a b 【天皇賞・秋】シルクR 6頭目挑戦で初制覇「アーモンドアイに感謝」”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  59. ^ a b 【天皇賞】アーモンドアイ無双 日本に敵なし!最強女帝3馬身差の完勝でG1V6 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  60. ^ kbn_ykw (2019年10月27日). “【天皇賞・秋】国枝師「やっぱりびっくり」アーモンドアイがG1 6勝目” (日本語). 競馬ニュースなら「競馬のおはなし」. 2019年10月28日閲覧。
  61. ^ 【天皇賞・秋】ダノンプレミアムは3馬身差の2着 川田「やはりアーモンドアイは強いですね」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  62. ^ 【天皇賞】ダノンプレミアム2着完敗 中内田師「化け物」アーモンドアイに脱帽 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  63. ^ 【天皇賞・秋】逃げたアエロリットは3着に粘る 戸崎「本当にタフな馬」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  64. ^ 【天皇賞・秋】アエロリット 小細工なしで逃げた3着 菊沢師「よく頑張った」”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  65. ^ 【天皇賞・秋】ユーキャンスマイルが上がり最速の末脚で4着まで浮上” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  66. ^ 【天皇賞・秋】アーモンドアイ同期のダービー馬ワグネリアンは5着 福永「悔しい」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  67. ^ a b 【天皇賞】サートゥルナーリア6着…高かった古馬の壁 スミヨン「力みがあった」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  68. ^ 【C.スミヨン騎手(後編)】『今年いい結果を出して、来年も短期免許で日本に乗りにきたい』” (日本語). netkeiba.com. 2019年11月28日閲覧。
  69. ^ 「ベストターンドアウト賞」 サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月28日閲覧。
  70. ^ a b c d e 【天皇賞・秋】戦い終えて”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月28日閲覧。
  71. ^ andokatsumiのツイート(1188350899111874560)