第162回天皇賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第162回天皇賞 (秋)
第160回天皇賞(秋)ゴール前.jpg
優勝したアーモンドアイ(画像は第160回
開催国 日本
主催者 日本中央競馬会(JRA)
競馬場 東京競馬場[1]
施行年 2020年[2]
施行日 11月1日(日)[2]
距離 芝2000メートル[2]
格付け GI[2]
賞金 1着賞金150,000,000円[1]
出走条件 サラ系3歳以上(国際)(指定)[1][2]
負担重量 定量[1][2]
出典 [1][2]
施行時刻 15時40分[2]
天候[1][2]
馬場状態[1][2]
優勝馬 アーモンドアイ[1][2]
優勝騎手 クリストフ・ルメール[2]
優勝調教師 国枝栄美浦[1][2]
優勝馬主 シルクレーシング[1][2]
優勝生産者 ノーザンファーム安平町[1][2]
テンプレートを表示
映像外部リンク
2020 天皇賞(秋)
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画(日本語実況版)
映像外部リンク
2020 Tenno Sho-Autumn (G1)
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画(英語実況版)

第162回天皇賞(だい162かいてんのうしょう・あき)は、2020年11月1日東京競馬場で行われた競馬競走である。アーモンドアイが優勝し、芝のGI級競走8勝を成し遂げた。

競走前の状況[編集]

主な競走結果[編集]

下記各競走は、すべて2020年に行われたものである。また図中の太字強調は本競走に出走する馬である。

安田記念[編集]

着順 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 単勝オッズ 人気
1着 11 グランアレグリア 4 池添謙一 56 1:31.6 012.0 3
2着 5 アーモンドアイ 牝5 C.ルメール 56 1:32.0 2馬身1/2 001.3 1
3着 6 インディチャンプ 5 福永祐一 58 1:32.1 1/2馬身 007.0 2
7着 2 ダノンキングリー 牡4 戸崎圭太 58 1:32.4 012.9 5
13着 1 ダノンプレミアム 牡5 D.レーン 58 1:33.6 012.7 4
天候:、馬場状態:稍重[3]
映像外部リンク
2020 安田記念
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画(日本語実況版)

第70回安田記念GI)は、グランアレグリアが優勝した。

宝塚記念[編集]

映像外部リンク
2020 宝塚記念
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画(日本語実況版)
着順 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 単勝オッズ 人気
1着 16 クロノジェネシス 牝4 北村友一 56 2:13.5 004.1 2
2着 14 キセキ 牡6 武豊 58 2:14.5 6馬身 014.2 6
3着 12 モズベッロ 牡4 池添謙一 58 2:15.3 5馬身 106.1 12
12着 17 カデナ 牡6 鮫島克駿 58 2:16.8 082.5 9
16着 18 ブラストワンピース 牡5 川田将雅 58 2:18.0 009.9 4
17着 3 グローリーヴェイズ 牡5 D.レーン 58 2:18.8 5馬身 010.7 5
天候:曇、馬場状態:稍重[4]


第61回宝塚記念GI)は、6月28日阪神競馬場で行われた競走である。阪神ジュベナイルフィリーズエリザベス女王杯大阪杯勝利のラッキーライラックホープフルステークス皐月賞勝利のサートゥルナーリアというGI複数勝利馬が出走。加えて秋華賞クロノジェネシス菊花賞キセキダービーワグネリアン有馬記念勝利のブラストワンピース香港ヴァーズ勝利のグローリーヴェイズマイルチャンピオンシップ勝利のペルシアンナイトが出走し、GI級優勝経験馬は総勢8頭が参戦。その他重賞3勝のスティッフェリオカデナら重賞優勝馬が参戦し、総勢18頭での出走となった。

単勝1番人気に推されたのは金鯱賞を勝利から臨むサートゥルナーリアで2.4倍のオッズに支持された。大阪杯でワンツーフィニッシュとなった2着クロノジェネシス、1着ラッキーライラックが4倍台の2.3番人気で、ブラストワンピースが9.9倍の4番人気となり、ここまでが一桁台のオッズであった。以降人気はグローリーヴェイズ、キセキ、ワグネリアンと続いた。

サマー2000シリーズ[編集]

順位 競走馬名 騎手 七夕賞[5] 函館記念[6] 小倉記念[7] 札幌記念[8] 新潟記念[9] 合計[10]
1 ブラヴァス 福永祐一 02着 01着 15
2 ノームコア 横山典弘 01着 12
3 アドマイヤジャスタ 吉田隼人 01着 10着 11
アールスター 長岡禎仁 01着 14着
5 クレッシェンドラヴ 内田博幸 01着 10
7 ジナンボー D.レーン

M.デムーロ

09着 02着 6

2020年のサマー2000シリーズは、新潟記念GIII)を勝利したブラヴァスが合計15ポイントを獲得し優勝した[11]。いずれも福永祐一の騎乗によるものであった。ブラヴァスはその後12月のチャレンジカップGIII)に出走し、2着となった。札幌記念GII)勝利のノームコアエリザベス女王杯GI)に進み、16着に敗退[12]。その他、函館記念GIII)勝利のアドマイヤジャスタは福島記念GIII)に[13]小倉記念GIII)勝利のアールスターはアルゼンチン共和国杯GII)を目指した[14]七夕賞GIII)勝利のクレッシェンドラヴはジャパンカップ(第40回ジャパンカップ)(GI)に出走した(13着)。[15]

優先出走権が得られる競走[編集]

オールカマー[編集]
着順 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 単勝オッズ 人気 RATE[16]
1着 4 センテリュオ 牝5 戸崎圭太 54 2:15.5 009.1 5 111
2着 8 カレンブーケドール 牝4 津村明秀 54 2:15.5 ハナ 003.7 2 110
3着 7 ステイフーリッシュ 牡5 田辺裕信 56 2:15.7 1馬身1/4 004.9 3 112
4着 1 クレッシェンドラヴ 牡6 内田博幸 56 2:15.8 1/2馬身 005.1 4 111
5着 3 ミッキースワロー 牡6 横山典弘 57 2:16.0 1馬身 002.9 1 -
天候:曇、馬場状態:稍重[17]
映像外部リンク
2020年産経賞オールカマー
2020年重賞レース一覧より (レース映像から「PLAY」を選択)

第66回オールカマーGII)は、9月27日中山競馬場で行われた競走である。菊花賞優勝、天皇賞(春)連覇のフィエールマンが出走を予定していたが[18]、競走4日前の夕方に体温が39度となる熱発を発症[19]。その影響で追い切りを中止したため、オールカマーを見送り、回避[20]。そのため、GI優勝馬の出走はなくなった。しかし、ジャパンカップ第39回ジャパンカップ)や優駿牝馬(オークス)などGIで3回2着の経験があるカレンブーケドールが出走[18]。重賞を複数回勝利しているのは、日経賞GII)やセントライト記念GII)など重賞3勝のミッキースワロー[18]、セントライト記念と京成杯GIII)勝利のジェネラーレウーノ[21]福島記念GIII)と七夕賞GIII)勝利のクレッシェンドラヴ[21]の3頭であった。加えて、京都新聞杯GII)勝利のステイフーリッシュ共同通信杯GIII)勝利のオウケンムーンが重賞優勝馬である。その他、マーメイドステークスGIII)でサマーセントに次ぐ2着となったセンテリュオ[18]スプリングステークスGII)でウインブライトに次ぐ2着となったアウトライアーズ、日経賞4着のサンアップルトンが出走[18]。以上9頭での競走となった。

単勝1番人気は、天皇賞(春)で3着となって臨むミッキースワローで、単勝オッズ2.9倍に推された。以降一桁台のオッズはミッキースワローを含め5頭であり、6番人気の10.2倍にジェネラーレウーノが推された。スタートからジェネラーレウーノが先手を奪って逃げ、1000メートルを64秒3で通過[22]。このペースは「超スローペース[22]サンケイスポーツ)」や「ゆったりとしたペース(日刊スポーツ[23]」であったとされている。向こう正面でカレンブーケドールが仕掛け始めて2番手となるなどでペースが上がり[22]、それに続いてミッキースワロー、その後ろから後方で待機していたセンテリュオが進出を開始した[22]。ステイフーリッシュやクレッシェンドラヴは3番手から[24]、先頭に迫るカレンブーケドールに続いて進出し[25]、最後の直線に進入する。直線ではジェネラーレウーノは後退し、カレンブーケドールが先頭となり、後方との差を広げて押し切りを図った[26]。しかし、後方から追い込んだ外からセンテリュオがゴール寸前でハナの差カレンブーケドールを差し切って先着[27]、その競り合いの1馬身4分の1後方でステイフーリッシュが入線[25]

センテリュオが7回目の挑戦で重賞制覇を果たした[23]。牝馬がオールカマーを制覇したのは2017年ルージュバック以来12回目であり[16]、牝馬がワンツーフィニッシュを果たしたのは1着ショウナンパンドラ、2着ヌーヴォレコルトとなった2015年以来で5年ぶりのことであった[16][23]。なお2着のカレンブーケドールは4戦連続5度目の2着となった[26]

センテリュオは天皇賞(秋)の優先出走権を獲得[17]。しかし優先出走権を行使することなく出走を見送り、天皇賞(秋)から2週間後のエリザベス女王杯GI)を目指した[22][23]

京都大賞典[編集]
着順 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 単勝オッズ 人気 RATE[28]
1着 13 グローリーヴェイズ 牡5 川田将雅 58 2:25.6 006.2 3 119
2着 2 キセキ 牡6 浜中俊 57 2:25.7 3/4馬身 003.5 1 115
3着 17 キングオブコージ 牡4 横山典弘 57 2:25.9 1馬身 005.2 2 113
4着 3 シルヴァンシャー 牡5 北村友一 56 2:25.9 クビ 013.6 8 111
5着 6 ステイフーリッシュ 牡5 藤岡佑介 56 2:26.0 1/2馬身 007.3 4 -
6着 15 パフォーマプロミス 牡8 福永祐一 56 2:26.1 クビ 009.9 6 -
天候:晴、馬場状態:稍重[29]
映像外部リンク
2020年農林水産省賞典 京都大賞典
2020年重賞レース一覧より (レース映像から「PLAY」を選択)

第55回京都大賞典GII)は、10月11日京都競馬場で行われた競走である。GI優勝馬では菊花賞勝利のキセキ、香港ヴァーズ勝利のグローリーヴェイズが出走。重賞優勝馬は、ステイヤーズステークスGII)勝利のアルバートやリッジマン、モンドインテロの3頭が集結。目黒記念GII)勝利のキングオブコージアルゼンチン共和国杯GII)勝利のパフォーマプロミス、重賞2勝のダンビュライトに加えステイフーリッシュが出走。その他宝塚記念3着の経験があるノーブルマーズ、条件戦3連勝で臨むシルヴァンシャーなど、総勢17頭での出走となった。

単勝オッズ3.5倍の1番人気に推されたのはキセキ、2番人気キングオブコージが5.2倍、3番人気グローリーヴェイズが6.2倍と続き、以降ステイフーリッシュ、ダンビュライト、パフォーマプロミスが一桁台のオッズであり、6番人気までに収まった。グローリーヴェイズが好位から直線で伸びて差し切り[30]、ゴール直前で馬場の外側から追い上げるキセキを振り切り、4分の3馬身離して入線した[30]

グローリーヴェイズは、2019年の香港ヴァーズ以来、重賞3勝目を達成[31]。関東所属馬の勝利は1998年(第33回京都大賞典)のセイウンスカイ以来であった[31][32]。なお天皇賞(秋)の優先出走権を獲得した。しかし、優先出走権を行使することなく出走を見送り、天皇賞(秋)から4週間後のジャパンカップを目指した。

毎日王冠[編集]
着順 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 単勝オッズ 人気 RATE[33]
1着 9 サリオス 牡3 C.ルメール 54 1:45.5 001.3 1 119
2着 5 ダイワキャグニー 6 内田博幸 56 1:46.0 3馬身 010.6 4 112
3着 7 サンレイポケット 牡5 荻野極 56 1:46.0 ハナ 018.9 5 112
4着 10 カデナ 牡6 三浦皇成 56 1:46.1 1/2馬身 025.0 6 111
5着 4 ザダル 牡4 田辺裕信 56 1:46.2 クビ 008.5 3 -
6着 6 トーラスジェミニ 牡4 木幡育也 56 1:46.6 2馬身1/2 047.4 8 -
天候:曇、馬場状態:稍重[34]
映像外部リンク
2020年毎日王冠
2020年重賞レース一覧より (レース映像から「PLAY」を選択)

第71回毎日王冠GII)は、10月11日に東京競馬場で行われた競走である。朝日杯フューチュリティステークスGI)を勝利し、皐月賞及び東京優駿(日本ダービー)にて二冠を果たしたコントレイルに次ぎ、2着となった3歳馬サリオスが参戦、初めての古馬との対決となった。重賞優勝馬は、弥生賞GII)や小倉大賞典GIII)など重賞3勝のカデナフラワーカップGIII)とターコイズステークスGIII)勝利のコントラチェックという重賞複数優勝馬に加え、毎日杯勝利の3歳馬サトノインプレッサや、東京巧者で知られるエプソムカップGIII)勝利のダイワキャグニー函館スプリントステークスGIII)勝利のカイザーメランジェが出走した。その他、巴賞(OP)勝利のトーラスジェミニやプリンシパルステークスL)勝利のザダル、メイステークス(OP)勝利のアイスストームなど、11頭での競走となった。

単勝オッズ1.3倍の1番人気にはサリオスが推された。単勝支持率は60.2パーセントに上り[31]、これは1984年のグレード制導入以降、1999年(第50回毎日王冠)のグラスワンダーの支持率、66.3パーセントに次ぐ2番目に高い数字であった[31]。次いで8.2倍の2番人気にはサトノインプレッサ、8.5倍の3番人気にザダル、この3頭が一桁台のオッズに推された。以降ダイワキャグニー、サンレイポケット、カデナと続き、最低11番人気のカイザーメランジェは328.3倍に推された。スタートからトーラスジェミニが逃げの手を打ち、それにコントラチェックやダイワキャグニーが続き、サリオスが4番手に位置した[35]。先頭のトーラスジェミニが1000メートルを58秒0で通過、「速いペース」(週刊Gallop[35])の中、最後の直線に進入。2番手のコントラチェックが逃げ粘るトーラスジェミニを捉えようとする中、残り300メートル地点でサリオスが追い出しを開始[35]。同じく進出を試みるダイワキャグニーと馬体を併せながら先頭となると、そこからサリオスがダイワキャグニーを置き去りにし、後方に3馬身離して決勝線を通過した[35]。ダイワキャグニーは後方から伸びたサンレイポケットをハナ差ばかり退けて2着を確保[35]。2番人気のサトノインプレッサはスタート直後に出遅れるなど10着に敗退した[35]

サリオスは2019年の朝日杯フューチュリティステークス以来の勝利で重賞3勝目を達成。後方に3馬身以上離して勝利したのは1969年第20回毎日王冠(ダート2100メートル)のタケシバオー(3馬身半)以来51年ぶりのことで[31]、グレード制及び1800メートルで行われるようになった1984年以降、最大の着差をつけての勝利であった[31]。加えて、538キログラムの馬体を持つサリオスは、2006年の第57回毎日王冠に勝利したダイワメジャー(526キログラム)を更新するレース史上最高馬体重での勝利である[31]

天皇賞(秋)の優先出走権を獲得した。しかし、優先出走権を行使することなく出走を見送り、天皇賞(秋)から3週間後のマイルチャンピオンシップ(GI)を目指した。

天候[編集]

東京地方の天気、降水量、平均気温
2020年10-11月 第23回
富士S
24日
(土)
ブラジルC
25日
(日)
26日

(月)

27日

(火)

28日

(水)

29日

(木)

30日

(金)

第9回
アルテミスS
31日
(土)
当日
01日
(日)
9時
12時
15時
合計降水量

(mm)[36]

- - - - - - - - -
競馬場の降水量

(mm)[37][38]

- - - - - - - - -
平均気温

(℃)[36]

16.4 14.3 15.8 15.7 15.7 16.3 14.1 11.9 13.1

10月23日(金曜日)に5.5ミリメートルの降水を観測して以来記録されなかった[38]

馬場状態[編集]

富士ステークス直前の金曜日は雨の影響で、稍重であった[37]。しかし馬場は回復し、富士ステークス自体は良馬場で実施[39]。その後馬場状態が悪化することはなかった[40]。天皇賞(秋)が行われる、4回目の東京開催は4週目となり、この週から最も内側の「Aコース」から3メートル外側に内柵を設ける「Bコース」での使用が開始された[38]。JRAによると「柵の移動により傷んでいた箇所は概ねカバーされたが、(第)3コーナーの内柵沿いに傷みがある[38]。」と発表している。

競走当週は芝刈り、肥料殺菌剤の散布、散水を実施[38]。芝の草丈は、野芝は約10 - 12センチメートル、洋芝は約14 - から18センチメートルに設定された[38]。競走2日前の金曜日に観測した芝のクッション値は、9.3で「標準」とされるクッション性であり、同じく含水率は、ゴール前が14.9パーセント、第4コーナーが13.3パーセントを観測した[38]

出走馬[編集]

18頭まで出走可能な天皇賞(秋)には、12頭が出走登録を行った[41]

牝馬三冠を筆頭にGI級競走7勝を挙げており、前年の天皇賞(秋)(第160回天皇賞)制覇に続く天皇賞(秋)連覇を目指すアーモンドアイ、同じく秋華賞を優勝した牝馬で、古馬となり牡馬相手の第61回宝塚記念を勝利したクロノジェネシスが出走を表明[42]。この2頭は初めて顔を合わせることとなり、軍土門隼夫は「最強牝馬決定戦」と表現している[42]。一方牡馬では、天皇賞(春)を連覇したフィエールマンが、初めて天皇賞(秋)の舞台に立った[42]。過去に6頭存在する天皇賞春秋連覇[42]及び、テイエムオペラオーキタサンブラックという顕彰馬2頭に並ぶ天皇賞3勝を目指すこととなった[42]。以上、日本国内のGIを複数回勝利している3頭である。

それ以外のGI優勝馬では、クイーンエリザベス2世カップ香港カップという香港G1を2勝したウインブライト[42]や2018年の有馬記念第63回有馬記念)勝利のブラストワンピース[42]、2017年の菊花賞第78回菊花賞)勝利でそれ以降新たな勝利のないキセキ[42]及び2017年の朝日杯フューチュリティステークス勝利し、前年の天皇賞(秋)にてアーモンドアイの後方2着となったダノンプレミアムが登録[42]。その他、中山記念GII)など重賞3勝を挙げ、東京優駿2着や皐月賞大阪杯で3着のダノンキングリー[42]弥生賞GII)など重賞3勝のカデナエプソムカップGIII)を勝利した騸馬ダイワキャグニー[42]、2019年の府中牝馬ステークスGII)ではGI優勝馬ラッキーライラックを差し切り勝利したスカーレットカラー[42]、牝馬三冠を達成したアパパネの産駒であるジナンボーが登録した[42]

競走除外、出走取り消しは発生せず、登録した12頭の出走が実現した。

主な回避馬[編集]

  • 日経新春杯GII)勝利のモズベッロが出走の予定があったが[43]トモの外傷により回避。年内出走は「絶望的」(日刊スポーツ新聞[44])「困難」(netkeiba.com[45])とされていた。しかし、手術後の経過が良かったために年内復帰が視野に入っている[44]
  • サートゥルナーリアは出走する態勢が整わなかったために回避[46]、復帰戦にジャパンカップを選択するも回避し有馬記念を目指すことになった[46]

枠順[編集]

枠番 馬番 競走馬名 性齢 騎手 斤量

[kg]

調教師 単勝人気 馬体重

[kg]

所属 氏名 オッズ 人気
1 1 ブラストワンピース 5 池添謙一 58 美浦 大竹正博 032.3 7 550
2 2 カデナ 牡6 田辺裕信 58 栗東 中竹和也 146.1 11 478
3 3 ダイワキャグニー 6 内田博幸 58 美浦 菊沢隆徳 089.8 10 496
4 4 ダノンキングリー 牡4 戸崎圭太 58 美浦 萩原清 013.3 3 450
5 5 ウインブライト 牡6 松岡正海 58 美浦 畠山吉宏 180.6 12 484
6 フィエールマン 牡5 福永祐一 58 美浦 手塚貴久 017.4 5 478
6 7 クロノジェネシス 4 北村友一 56 栗東 斉藤崇史 004.4 2 464
8 キセキ 牡6 武豊 58 栗東 角居勝彦 016.7 4 508
7 9 アーモンドアイ 牝5 C.ルメール 56 美浦 国枝栄 001.4 1 490
10 スカーレットカラー 牝5 岩田康誠 56 栗東 高橋亮 042.3 8 488
8 11 ダノンプレミアム 牡5 川田将雅 58 栗東 中内田充正 021.6 6 496
12 ジナンボー 牡5 M.デムーロ 58 美浦 堀宣行 089.0 9 492

展開[編集]

スタート直後ダイワキャグニーがハナを主張するも2番手に甘んじ、ダノンプレミアムが外枠から制して逃げの手を打つ[47]。続いて好位の3.4番手にキセキとアーモンドアイが位置した。中団にはブラストワンピースやウインブライト、ダノンキングリーがおり、その後方にフィエールマンとクロノジェネシスが追走[47]。最後方はスカーレットカラーとカデナであった。ダノンプレミアムが2番手のダイワキャグニーに3馬身つけて逃げる中、1000メートルを60秒5で通過した。

ダイワキャグニーが最終コーナーで後退する中[47]、最後の直線に進入した。キセキが2番手に進出したが、先頭との差が縮まらなかった。アーモンドアイは「抜群の手応え」(週刊Gallop)で直線に向き、4番手から追い出しを始めた。残り300メートルでゴーサインが発出されると加速し[48]、残り200メートル過ぎにて先頭で粘るダノンプレミアムを捕らえた[47]。そんな中、馬場の外側後方ではクロノジェネシスが、さらに後方からフィエールマンが追い上げを開始[47]。アーモンドアイが先頭となったにつれてフィエールマンとクロノジェネシスが追い上げるも半馬身振り切り[48]、アーモンドアイが先頭で入線した。

競走結果[編集]

着順[編集]

以下の内容は、JRA[49]及びnetkeiba.com[50]の情報に基づく。

着順 枠番 馬番 競走馬名 騎手 斤量 タイム 着差 上がり3F 単勝オッズ 人気 レーティング[51]
1 7 9 アーモンドアイ C.ルメール 56 1:57.8 33.1 001.4 1 120
2 5 6 フィエールマン 福永祐一 58 1:57.9 1/2馬身 32.7 017.4 5 123
3 6 7 クロノジェネシス 北村友一 56 1:57.9 クビ 32.8 004.4 2 119
4 8 11 ダノンプレミアム 川田将雅 58 1:58.2 2馬身 34.0 021.6 6 119
5 6 8 キセキ 武豊 58 1:58.6 2馬身1/2 34.1 016.7 4 115
6 3 3 ダイワキャグニー 内田博幸 58 1:59.0 2馬身1/2 34.5 089.8 10 111
7 8 12 ジナンボー M.デムーロ 58 1:59.1 クビ 34.4 089.0 9 110
8 2 2 カデナ 田辺裕信 58 1:59.2 1/2馬身 33.9 146.1 11 109
9 7 10 スカーレットカラー 岩田康誠 56 1:59.2 アタマ 33.7 042.3 8 105
10 5 5 ウインブライト 松岡正海 58 1:59.4 1馬身1/4 34.5 180.6 12 107
11 1 1 ブラストワンピース 池添謙一 58 1:59.5 3/4馬身 34.6 032.3 7 106
12 4 4 ダノンキングリー 戸崎圭太 58 2:00.7 7馬身 35.8 013.3 3 94

競走に関するデータ[編集]

ハロンタイム[52] 12.7 - 11.7 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 10.9 - 11.1 - 11.6
1000m通過タイム[53] 60.5秒(ダノンプレミアム)
上がり4ハロン[52] 45.3秒
上がり3ハロン[52] 33.6秒
優勝馬上がり3ハロン[53] 33.1秒
上がり3ハロン最速[53] 32.7秒(フィエールマン)

配当[編集]

払戻[編集]

馬番[52][54] 配当[52] 人気[52][54] 的中票数[52][54] 投票数[52][54] 売得金[52][54]
単勝 9 0140円 01番人気 0609万0207票 1093万3260票 10億9332万6000円
複勝 9 0110円 01番人気 1243万7598票 1780万8117票 17億8081万1700円
6 0260円 06番人気 0049万6993票
7 0140円 02番人気 0148万5990票
枠連 5-7 0780円 04番人気 0034万8062票 0352万9536票 03億5295万3600円
馬連 6-9 0970円 05番人気 0165万1006票 2071万3838票 20億7138万3800円
ワイド 6-9 0420円 05番人気 0085万3886票 1531万7392票 15億3173万9200円
7-9 0180円 01番人気 0261万1048票
6-7 0670円 09番人気 0049万4237票
馬単 9-6 1180円 06番人気 0090万7433票 1435万6219票 14億3562万1900円
3連複 6-7-9 0960円 03番人気 0290万1391票 3720万4067票 37億2040万6700円
3連単 9-6-7 4130円 09番人気 0167万0414票 9522万7303票 95億2273万0300円

ワイド「7 - 9」180円は、天皇賞(秋)におけるワイド最低払戻金額である[55]。競走全体の売上は、215億897万3200円。前年第160回天皇賞の99.7パーセント。週刊Gallopは「微減」とし「12頭と少頭数」なのが原因と表した[55]

当日の東京競馬場への入場者は1310人で、前年第160回天皇賞開催日の1.3パーセント[56]

当日のWIN5(5重勝単勝式)[編集]

対象順 1[57] 2[52] 3[58] 4[57] 5[52]
競走順 京都第10競走 東京第10競走 福島第11競走 京都第11競走 東京第11競走
競走名 栞S 秋嶺S 福島民友カップ(L カシオペアS (L 天皇賞(秋) (GI
条件 ダート1900m
3勝クラス (1600万下)
ダート1300m
3勝クラス (1600万下)
ダート1700m
オープン
芝外1800m
オープン
芝2000m
オープン
単勝人気 2番人気 1番人気 4番人気 2番人気 1番人気
勝利馬 メイショウカズサ フィールドセンス オーヴェルニュ ランブリングアレー アーモンドアイ
馬番 3 9 2 3 9
残票数[59] 3,006,490票 857,721票 164,098票 37,749票 22,548票

達成された記録[編集]

映像外部リンク
天皇賞秋特別ダイジェスト映像
jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画
映像外部リンク
C.ルメール騎手インタビュー動画
jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

アーモンドアイ[編集]

騎手:クリストフ・ルメール
  • 天皇賞(秋)は、2018年のレイデオロ(第158回)、2019年のアーモンドアイ(第160回)に続く3年連続通算3勝目[60][55]。3年連続勝利は保田隆芳(1949年[第20回]:ニユーフオード、50年[第22回]:ヤシマドオター、51年[第24回]:ハタカゼ)以来69年ぶり史上2人目[60][55]
  • 天皇賞は、2018年秋:レイデオロ(第158回)、2019年春:フィエールマン(第159回)、2019年秋:アーモンドアイ(第160回)、2020年春:フィエールマン(第161回)に続く5連勝[55]。ルメール自身が樹立した連勝記録をさらに更新する歴代最多の記録である[55]
    • JRA-GIは、グランアレグリアに騎乗し優勝した2020年のスプリンターズステークス以来、2020年5勝目、通算32勝目[60][55]。また、1年間でJRA-GIを5勝するのは2018年から3年連続で、グレード制が導入された1984年以降初めてのことである[55]。JRA重賞は、サリオスに騎乗し勝利優勝した2020年の毎日王冠(上述)以来、2020年12勝目、通算102勝目[60][55]
調教師:国枝栄
  • 天皇賞(秋)は、アーモンドアイと同様に2年連続、通算2勝目[60][55]
    • JRA-GIは、アーモンドアイのヴィクトリアマイル以来2020年2勝目、通算18勝目[60][55]。JRA重賞も同様に、ヴィクトリアマイル以来で2020年3勝目、通算53勝目[60][55]
父:ロードカナロア
馬主:有限会社シルクレーシング(シルク及び有限会社シルクを含む)
  • 天皇賞(秋)は、同様に2年連続、通算2勝目[55]
生産者:ノーザンファーム
  • 天皇賞(秋)は、2018年のレイデオロから3年連続、通算7勝目[55]。また2018年から3年連続3回目の、同一年の天皇賞春秋連覇を達成[55]
    • JRA-GIは、グランアレグリアが優勝したスプリンターズステークス以来2020年7勝目、通算151勝目(J-GIを含まない)[55] 。JRA重賞は天皇賞(秋)前日に行われたアルテミスステークスGIII)、ソダシの勝利に続く2020年41勝目、通算645勝目[55]

テレビ・ラジオ中継[編集]

本レースのテレビ・ラジオ放送の実況担当者は、以下の通り。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

雑誌

  • 優駿編集部『優駿』第80巻11号通巻923号、日本中央競馬会、2020年11月。
  • 優駿編集部『優駿』第80巻11号通巻924号、日本中央競馬会、2020年12月。
  • 『週刊Gallop』第28巻第45号通巻1471号、サンケイスポーツ特別版、2020年10月18日。
  • 『週刊Gallop』第28巻第48号通巻1474号、サンケイスポーツ特別版、2020年11月8日。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 2020年11月1日(日)4回東京8日”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 第4回 東京競馬 第8日成績編”. JRA.go.jp. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月8日閲覧。
  3. ^ 第3回東京競馬第2日 - 成績編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月10日閲覧。
  4. ^ 第3回阪神競馬第8日 - 成績編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月10日閲覧。
  5. ^ 11R 七夕賞|2020年7月12日(日)2回福島4日|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年11月10日閲覧。
  6. ^ 11R 函館記念|2020年7月19日(日)2回函館6日|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年11月10日閲覧。
  7. ^ 11R 小倉記念|2020年8月16日(日)2回小倉2日|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年11月10日閲覧。
  8. ^ 11R 札幌記念|2020年8月23日(日)2回札幌4日|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年11月10日閲覧。
  9. ^ 11R 新潟記念|2020年9月6日(日)3回新潟8日|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年11月10日閲覧。
  10. ^ サマーシリーズ2020 JRA”. www.jra.go.jp. 2020年11月9日閲覧。
  11. ^ 【新潟記念】大魔神の愛馬・ブラヴァスが重賞初V サマー2000シリーズ優勝! | 競馬ニュース | 競馬ラボ” (日本語). www.keibalab.jp. 2020年11月22日閲覧。
  12. ^ 【エ女王杯】ノームコア 2番人気も16着…坂手前で息切れ「休み明けの影響あった」”. www.sponichi.co.jp. 2020年11月22日閲覧。
  13. ^ 函館記念Vアドマイヤジャスタなどが登録/福島記念|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年11月22日閲覧。
  14. ^ 【アルゼンチン共和国杯】厩舎の話” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年11月5日). 2020年11月22日閲覧。
  15. ^ 【古馬次走】クレッシェンドラヴはジャパンC”. www.sponichi.co.jp. 2020年11月22日閲覧。
  16. ^ a b c 優駿、「優駿 Book in Book 2020 vol.9(9月5日-9月27日)」第80巻11号(通巻923号)、pp.21-22「第66回産経賞オールカマー(GII)」
  17. ^ a b 第4回中山競馬第7日 - 成績編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月6日閲覧。
  18. ^ a b c d e 【産経賞オールカマー】レース展望” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月22日). 2020年11月13日閲覧。
  19. ^ フィエールマンが熱発で「オールカマー」回避 手塚師「今後は29日に放牧に出しチェック」:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2020年11月10日閲覧。
  20. ^ フィエールマンが発熱の影響で産経賞オールカマー回避” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月25日). 2020年11月10日閲覧。
  21. ^ a b 【オールカマー展望】天皇賞・春連覇のフィエールマンが始動 : スポーツ報知 [アーカイブ]”. web.archive.org (2020年10月3日). 2020年11月13日閲覧。
  22. ^ a b c d e 【産経賞オールカマー】センテリュオ豪快差し重賞初V” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月28日). 2020年11月13日閲覧。
  23. ^ a b c d センテリュオV秋はエ女王杯最大目標/オールカマー|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年11月13日閲覧。
  24. ^ 【産経賞オールカマー】クレッシェンドラヴ重賞連勝ならず4着 内田「次につながる競馬ができた」” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月27日). 2020年11月13日閲覧。
  25. ^ a b 【オールカマー】ステイフーリッシュ しぶとく伸び3着「自分のリズムを維持できた」”. www.sponichi.co.jp. 2020年11月13日閲覧。
  26. ^ a b 【産経賞オールカマー】カレンブーケドール4連続2着” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月28日). 2020年11月13日閲覧。
  27. ^ センテリュオが重賞初V 競馬のオールカマー” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月13日閲覧。
  28. ^ 優駿、「優駿 Book in Book 2020 vol.10(10月3日-11月1日)」第80巻12号(通巻924号)、pp.7-8「第55回農林水産省賞典京都大賞典(GII)」
  29. ^ 第4回京都競馬第2日”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月7日閲覧。
  30. ^ a b 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第45号(通巻1471号)、p.176「レース速報[グローリーヴェイズすべて二四で重賞3勝目]」
  31. ^ a b c d e f g 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第45号(通巻1471号)、p.162「重賞アラカルト[第71回毎日王冠][第55回京都大賞典]」
  32. ^ 京都大賞典アラカルト | ニュース | 競馬ブック”. p.keibabook.co.jp. 2020年11月17日閲覧。
  33. ^ 優駿、「優駿 Book in Book 2020 vol.10(10月3日-11月1日)」第80巻12号(通巻924号)、pp.9-10「第71回毎日王冠(GII)」
  34. ^ 第4回東京競馬第2日”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月6日閲覧。
  35. ^ a b c d e f 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第45号(通巻1471号)、p.174「レース速報[サリオス"新たな頂点へ完璧な第一歩"]」
  36. ^ a b 気象庁|過去の気象データ検索”. www.data.jma.go.jp. 2020年11月16日閲覧。
  37. ^ a b 【馬場情報】東京競馬場 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI”. keiba.radionikkei.jp. 2020年11月16日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g 【馬場情報】東京競馬場 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI”. www.radionikkei.jp. 2020年11月16日閲覧。
  39. ^ 富士ステークス|2020年10月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年11月18日閲覧。
  40. ^ 甲斐路ステークス|2020年10月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年11月18日閲覧。
  41. ^ 2020第4回東京競馬第8日第11競走出走馬決定順一覧(特別登録)”. 日本中央競馬会(JRA). 2020年11月10日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m 優駿、「優駿」第80巻11号(通巻923号)、pp.48-51 軍土門隼夫「見どころ満載 第162回天皇賞(秋)展望」
  43. ^ モズベッロは天皇賞・秋から始動” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年9月22日). 2020年11月17日閲覧。
  44. ^ a b モズベッロ、ジャパンC視野 外傷手術の経過よく|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年11月17日閲覧。
  45. ^ 【次走】モズベッロが外傷で天皇賞・秋を回避 年内出走も困難 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年11月17日閲覧。
  46. ^ a b サートゥルナーリア天皇賞・秋断念 ジャパンCで復帰” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2020年10月8日). 2020年11月17日閲覧。
  47. ^ a b c d e 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第48号(通巻1474号)、p.119「東京の日曜成績 - 11R第162回天皇賞(秋)」
  48. ^ a b 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第48号(通巻1474号)、pp.3-7 「レース速報 [第162回天皇賞(秋)]『皇帝7冠から35年・・ ついに越えたその頂』」
  49. ^ 2020年11月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA”. www.jra.go.jp. 2020年11月15日閲覧。
  50. ^ 天皇賞(秋)|2020年11月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年11月15日閲覧。
  51. ^ 優駿、「優駿 Book in Book 2020 vol.10(10月3日-11月1日)」第80巻12号(通巻924号)、pp.25-26「第162回天皇賞(秋)(GI)」
  52. ^ a b c d e f g h i j k 第4回東京競馬第8日”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月5日閲覧。
  53. ^ a b c 天皇賞(秋)|2020年11月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2020年11月15日閲覧。
  54. ^ a b c d e 令和2年第4回東京競馬第8日 - 票数編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月8日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第48号(通巻1474号)、p.154「第162回天皇賞(秋) アラカルト [GIレースドキュメント]」
  56. ^ 週刊Gallop、「週刊Gallop」第28巻第48号(通巻1474号)、p.119「東京の日曜成績 <東京8日目できごと>」
  57. ^ a b 第4回京都競馬第8日 - 成績編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月6日閲覧。
  58. ^ 第3回福島競馬第2日 成績編”. JRA(日本中央競馬会). 2020年11月4日閲覧。
  59. ^ WIN5対象レース | 2020年11月1日 レース情報(JRA)” (日本語). netkeiba.com. 2020年11月9日閲覧。
  60. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 天皇賞(秋)アラカルト | ニュース | 競馬ブック”. p.keibabook.co.jp. 2020年11月10日閲覧。