第17回ワールドスーパージョッキーズシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2003年12月6日12月7日阪神競馬場で施行された第17回ワールドスーパージョッキーズシリーズについて記述する。

出場騎手[編集]

騎手名 地区 出場回数
エドガー・プラード 北アメリカ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2年ぶり2回目
ホセ・サントス 2年連続3回目
キーレン・ファロン ヨーロッパ イギリスの旗 イギリス 3年連続3回目
クリストフ・スミヨン フランスの旗 フランス 初出場
ミルコ・デムーロ ヨーロッパ イタリアの旗 イタリア 初出場
ダミアン・オリヴァー オセアニア オーストラリアの旗 オーストラリア 2年連続4回目
ダレン・ビードマン 7年ぶり3回目
ダグラス・ホワイト アジア 香港の旗 香港 初出場
小牧太 兵庫 日本の旗 日本 4年ぶり3回目
柴田善臣 美浦 3年連続6回目
蛯名正義 3年連続4回目
武豊 栗東 2年連続15回目
安藤勝己 8年ぶり2回目
幸英明 初出場
藤田伸二 3年連続5回目
  • 出場予定だったミルコ・デムーロは11月30日に騎乗停止処分を受けたため、補欠騎手の藤田伸二が代理で出場した。
  • 幸はこの年、牝馬三冠を達成し、特別枠での出場となった。

補欠騎手

騎手名 地区
横山典弘 美浦
藤田伸二 栗東
吉田稔 愛知

ポイント表[編集]

  • 競走名のGはゴールデン、Tはトロフィーの略。
順位 騎手名 国・所属 GスパーT GホイップT GブーツT GサドルT トータル
1 柴田善 美浦 1着20P 4着11P 10着2P 2着15P 48P
2 D.オリヴァー オーストラリア 7着5P 2着15P 11着2P 1着20P 42P
3 蛯名 美浦 2着15P 1着20P 8着4P 12着1P 40P
4 D.ホワイト 香港 8着4P 8着4P 1着20P 5着10P 38P
5 K.ファロン イギリス 6着6P 3着13P 4着11P 10着2P 32P
6 小牧太 兵庫 4着11P 中止2P 3着13P 8着4P 30P
7 J.サントス アメリカ 3着13P 取消2P 13着1P 4着11P 27P
8 安藤勝 栗東 14着1P 10着2P 5着10P 3着13P 26P
9 E.プラード アメリカ 12着1P 5着10P 7着5P 6着6P 22P
10 D.ビードマン オーストラリア 13着1P 取消2P 2着15P 9着3P 21P
11 武豊 栗東 5着10P 6着6P 9着3P 14着1P 20P
12 C.スミヨン フランス 9着3P 9着3P 6着6P 7着5P 17P
13 栗東 11着2P 7着5P 12着1P 11着2P 10P
14 藤田 栗東 10着2P 取消2P 取消1P 13着1P 6P

達成された記録[編集]

  • 柴田善臣は史上初の2人目となる2度目の優勝となった。
  • ダグラス・ホワイトはゴールデンブーツトロフィーをマヤノモーリスで制しJRA初勝利を挙げた。