第17回秋華賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第17回秋華賞2012年10月14日に施行された競馬の競走である。ジェンティルドンナ桜花賞優駿牝馬に続いて優勝し、牝馬三冠を達成した。

2012年 秋華賞・最後の直線でヴィルシーナと競り合うジェンティルドンナ
映像外部リンク
2012 秋華賞
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

レース施行前の状況[編集]

本年度の3歳牝馬路線は阪神ジュベナイルフィリーズを制したジョワドヴィーヴルが主役になると目されていたが[1]、同馬は圧倒的人気に推されたチューリップ賞で3着、次の桜花賞でも6着に敗退[2]。その後に骨折が見つかり、休養に入った[3]

桜花賞は、シンザン記念の優勝馬で前走のチューリップ賞では4着に敗れていたジェンティルドンナが優勝した[4]。ジェンティルドンナは続く優駿牝馬にも勝ち[4]、春の二冠を達成した。同馬は秋初戦のローズステークスも快勝[4]。本競走では単勝1.3倍と断然の主役として臨んできた[5]

対抗馬の筆頭とされたのが、クイーンカップの優勝馬で、桜花賞、優駿牝馬、ローズステークスで全てジェンティルドンナの2着に敗れていたヴィルシーナ[6]。他にも、重賞勝ち馬のトーセンベニザクラ(フェアリーステークス[7]ハナズゴール(チューリップ賞)[8]アイムユアーズフィリーズレビュークイーンステークス[9]、オメガハートランド(フラワーカップ)[10]ミッドサマーフェアフローラステークス[11]や、古馬相手に1000万条件を勝ち上がったハワイアンウインド[12]、アロマティコ[13]らが出走してきた。 一方、紫苑ステークスの勝ち馬であるパララサルーは両前脚に腱鞘炎を発症したため、秋を全休することとなった[14]

夏の上がり馬は少なく、出走18頭中、13頭が優駿牝馬にも出走していた[要出典]

春のクラシックの結果[編集]

第72回桜花賞[15]
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ジェンティルドンナ 牝3 岩田康誠 1:34.6
2 ヴィルシーナ 牝3 内田博幸 1:34.7 1/2
3 アイムユアーズ 牝3 N.ピンナ 1:34.8 1/2
第73回優駿牝馬[16]
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ジェンティルドンナ 牝3 岩田康誠 2:23.6
2 ヴィルシーナ 牝3 内田博幸 2:24.4 5
3 アイスフォーリス 牝3 松岡正海 2:24.5 3/4

トライアルの結果[編集]

紫苑ステークス[17]
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 パララサルー 牝3 三浦皇成 1:58.4
2 ブリッジクライム 牝3 大野拓弥 1:58.5 1/2
第30回ローズステークス[18]
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ジェンティルドンナ 牝3 岩田康誠 1:46.8
2 ヴィルシーナ 牝3 内田博幸 1:47.0 1 1/2
3 ラスヴェンチュラス 牝3 川田将雅 1:47.1 3/4


出走馬と枠順[編集]

スポーツナビ(Yahoo Japan)の「第17回秋華賞(GI)」出馬表およびオッズ参照。

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 ヴィルシーナ 牝3 内田博幸 6.1(2人) 友道康夫
2 アロマティコ 牝3 佐藤哲三 37.7(6人) 佐々木晶三
2 3 ブリッジクライム 牝3 大野拓弥 71.2(11人) 鈴木康弘
4 ハワイアンウインド 牝3 ピンナ 24.9(4人) 岡田稲男
3 5 ラスヴェンチュラス 牝3 川田将雅 52.0(9人) 小島茂之
6 チェリーメドゥーサ 牝3 小牧太 203.6(15人) 小西一男
4 7 トーセンベニザクラ 牝3 武豊 38.8(7人) 柴崎勇
8 キャトルフィーユ 牝3 四位洋文 85.4(12人) 角居勝彦
5 9 ダイワズーム 牝3 横山典弘 131.5(13人) 鹿戸雄一
10 ハナズゴール 牝3 田辺裕信 40.2(8人) 加藤和宏
6 11 サンシャイン 牝3 浜中俊 215.3(16人) 藤岡健一
12 アイスフォーリス 牝3 松岡正海 67.3(10人) 相沢郁
7 13 メイショウスザンナ 牝3 福永祐一 199.2(14人) 高橋義忠
14 ジェンティルドンナ 牝3 岩田康誠 1.3(1人) 石坂正
15 ミッドサマーフェア 牝3 蛯名正義 28.0(5人) 小島太
8 16 サトノジョリー 牝3 秋山真一郎 409.7(18人) 松田国英
17 アイムユアーズ 牝3 池添謙一 11.8(3人) 手塚貴久
18 オメガハートランド 牝3 石橋脩 287.1(17人) 堀宣行

負担重量は全馬55kg。

レース結果[編集]

レース展開[編集]

スタート後のポジション争いでは、最内枠のヴィルシーナが気合をつけて逃げる作戦にでた[19]。ジェンティルドンナは馬群中団の外を追走する[20]。前半はスローペースで流れ、1000メートルの通過は62.2秒[20]。向こう正面に入ると、チェリーメドゥーサが最後方から一気に進出を開始して先頭に立ち、大逃げをうった[19][20]。後続も残り600メートルを過ぎたあたりから進出を開始する。最後の直線に入ってもチェリーメドゥーサと後続は大きく離れていたがゴール前で一杯になり、残り約100メートルになってようやくジェンティルドンナとヴィルシーナが馬体を併せて追い上げてくる[19][20]。ゴール前では大接戦となったが、わずか7センチメートルの差でジェンティルドンナが優勝した[19][20]

レース着順[編集]

以下は、netkeiba.comの第17回秋華賞(G1)[5]および月刊『優駿』2012年12月号100頁参照。

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 7 14 ジェンティルドンナ 2:00.4
2 1 1 ヴィルシーナ 2:00.4 ハナ
3 1 2 アロマティコ 2:00.6 1 1/2
4 2 3 ブリッジクライム 2:00.7 1/2
5 3 6 チェリーメドゥーサ 2:00.7 ハナ
6 8 17 アイムユアーズ 2:00.7 ハナ
7 6 11 サンシャイン 2:00.8 3/4
8 4 8 キャトルフィーユ 2:00.8 アタマ
9 4 7 トーセンベニザクラ 2:01.1 1 3/4
10 3 5 ラスヴェンチュラス 2:01.1 アタマ
11 7 15 ミッドサマーフェア 2:01.1 ハナ
12 5 9 ダイワズーム 2:01.2 1/2
13 2 4 ハワイアンウインド 2:01.2 アタマ
14 8 18 オメガハートランド 2:01.4 3/4
15 6 12 アイスフォーリス 2:01.6 1 1/4
16 5 10 ハナズゴール 2:02.0 2 1/2
17 8 16 サトノジョリー 2:02.1 1/2
18 7 13 メイショウスザンナ 2:02.4 2

データ[編集]

1000m通過タイム 1:02.2秒
上がり4ハロン 46.6秒
上がり3ハロン 35.2秒
優勝馬上がり3ハロン 33.1秒

達成された記録[編集]

  • 優勝馬のジェンティルドンナは、メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネに続く史上4頭目の牝馬三冠を達成した[21]
  • ジェンティルドンナの父であるディープインパクトもクラシック三冠を達成しており、史上初めて親子での三冠達成となった[22]
  • 優勝騎手の岩田は、史上初めて秋華賞を連覇した[23]。また、秋華賞3勝目[注 1]となり、武豊[注 2]に並ぶ最多勝騎手となった[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 底知れないジョワ、松田博師「とにかく楽しみ」”. スポーツニッポン (2012年1月1日). 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ ジョワドヴィーヴル”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  3. ^ 2歳女王ジョワドヴィーヴルが骨折”. netkeiba.com (2012年4月13日). 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c ジェンティルドンナ”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  5. ^ a b 第17回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  6. ^ ヴィルシーナ”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  7. ^ トーセンベニザクラ”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  8. ^ ハナズゴール”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  9. ^ アイムユアーズ”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  10. ^ オメガハートランド”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  11. ^ ミッドサマーフェア”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  12. ^ ハワイアンウインド”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  13. ^ アロマティコ”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  14. ^ パララサルー、けんしょう炎で秋華賞回避”. netkeiba.com (2012年9月20日). 2016年1月1日閲覧。
  15. ^ 第72回桜花賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  16. ^ 第73回優駿牝馬(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  17. ^ 紫苑ステークス”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  18. ^ 第30回関西TVローズS(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ a b c d 月刊『優駿』2012年11月号56頁
  20. ^ a b c d e 【秋華賞】岩田 本馬場入場落馬も今季5勝目!年間最多G1王手”. スポーツニッポン (2012年10月15日). 2016年1月1日閲覧。
  21. ^ ジェンティルドンナ、力でねじ伏せ牝馬三冠達成/秋華賞”. netkeiba.com (2012年10月14日). 2016年1月1日閲覧。
  22. ^ Memoires〔メモワール〕 2012 秋華賞(GI)”. JRA. 2016年1月1日閲覧。
  23. ^ a b 【秋華賞】まさにG1男!岩田、今年9戦4勝!”. スポーツニッポン (2014年10月12日). 2016年1月1日閲覧。
  24. ^ 第13回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  25. ^ 第16回秋華賞(G1)(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  26. ^ 第3回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  27. ^ 第7回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。
  28. ^ 第10回秋華賞(G1)(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月1日閲覧。