第17回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第17回都市対抗野球大会(だい17かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1946年8月3日から8月9日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 終戦から1年、GHQの管理下にあった後楽園球場もプロ野球再興のために1945年のうちには自由に試合が行えるようになっていた。都市対抗野球大会もその復活を待ち望む声を受け、戦前同様に予選が行われ、物資には不足していたが16チームが後楽園球場に集い、GHQ関係者も観戦する中、トーナメントが行われた。
  • この大会から3位決定戦が行われるようになった。
  • 優勝したのは初出場の岐阜市・大日本土木。戦前に中等学校野球の甲子園大会で活躍した岐阜商業出身者を多く集め、投打がかみ合って初出場初優勝を果たした。
  • 本来であれば優勝チームには黒獅子旗が授与される予定であったが、前回大会の優勝は朝鮮の全京城。関係者は黒獅子旗は戻ってこないと諦め、実際戻ってこなかったため、閉会式では大日本土木に表彰状のみが授与された。しかし、全京城で3番を打っていた秋山光夫中堅手が、大陸からの引揚げ船に乗る際に黒獅子旗を自らの体に巻きつけ、アメリカ軍の所持品検査に遭った場合まで想定して命がけで帰国(1945年10月14日)。秋山は郷里の丸亀に帰還し、地元の有力者に黒獅子旗を預けた。その後丸亀市長が、地元に優勝旗があるという話を聞き、毎日新聞社に連絡。秋山から毎日新聞社に黒獅子旗が返還され、小野三千麿記者の手により、1946年10月、大日本土木本社において改めて授与式が行われた。この黒獅子旗は老朽化により第45回大会を最後に2代目と交代し、現在では野球体育博物館(現・公益財団法人 野球殿堂博物館)に所蔵されている。

出場チーム[編集]

「4年ぶり」は2大会連続と同義である。

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全神戸 0 0 0 0 6 0 0 0 2 8
川崎いすゞ 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3

勝:川村 敗:片山 本:清家(川崎)

  • 第2試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
海南日東紡 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
全福島日東紡 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1x 3

勝:八島 敗:山崎

  • 第3試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
大日本土木 0 0 0 0 0 1 2 2 0 2 3 10
鯉城園 3 0 0 1 0 0 1 0 0 2 0 7

勝:中原 敗:橋本

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京鉄道局 3 0 0 4 0 0 0 4 0 11
全富山 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:飯田 敗:箕浦

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜金港倶楽部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
八幡製鉄 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:河村 敗:石井

  • 第6試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
全大阪 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
全桐生 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1x 3

勝:木暮 敗:殿村 本:伊達(大阪)

  • 第7試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
全徳島 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3
全京都 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:林 敗:橋本

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛知産業 0 0 2 0 0 4 1 0 0 7
函館太洋倶楽部 0 0 0 0 0 0 1 5 0 6

勝:大西 敗:佐藤

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全福島日東紡 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全神戸 0 0 0 0 0 1 1 0 X 2

勝:小泉 敗:八島

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京鉄道局 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
大日本土木 0 1 0 0 0 0 0 3 X 4

勝:中原 敗:飯田 本:深沢(東京)

  • 第3試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
全桐生 0 2 1 0 0 0 0 0 0 1 4
八幡製鉄 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3

勝:木暮 敗:河村

*第4試合

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全徳島 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
愛知産業 1 1 0 0 0 0 1 0 X 3

勝:大西 敗:林

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全神戸 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
大日本土木 0 0 0 0 0 1 0 2 X 3

勝:中原 敗:川村

  • 第2試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
愛知産業 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3
全桐生 0 0 0 0 0 3 0 0 0 1x 4

勝:三輪 敗:大西

3位決定戦[編集]

  • 3位決定戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全神戸 0 0 1 3 0 0 0 0 0 4
愛知産業 0 1 0 0 3 0 0 0 1x 5

勝:久野 敗:川村 本:谷(愛知)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大日本土木 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
全桐生 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:中原 敗:木暮
(大日本土木は初優勝)

表彰選手[編集]

  • 橋戸賞 中原宏投手(大日本土木)