第18回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第18回アカデミー賞
開催日 1946年3月7日
会場 グローマンズ・チャイニーズ・シアター
司会 ジェームズ・ステュアートボブ・ホープ
ハイライト
作品賞 失われた週末
最多部門受賞 失われた週末』(4)
最多部門
ノミネート
聖メリーの鐘』(8)
 < 第17回 アカデミー賞 第19回 > 

第18回アカデミー賞は、1945年の映画を対象としており、授賞式は1946年3月7日にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで行われた。司会はジェームズ・ステュアートボブ・ホープが勤めた。

受賞とノミネート一覧[編集]

太文字のものが受賞である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
  • Marie-Louiseリチャード・シュヴァイザー
    • 百万人の音楽』 - マイルズ・コノリー
    • 『傷だらけの勝利』 - ミルトン・ホームズ
    • What Next, Corporal Hargrove? – ハリー・カーニッツ
    • 『犯罪王ディリンジャー』 - フィリップ・ヨーダン
原案賞 短編アニメ賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞(一巻) 短編実写映画賞(二巻)
  • Stairway to Lightハーバート・モールトン
    • Along the Rainbow Trail – エドマンド・リーク
    • Screen Snapshots' 25th Anniversary – ラルフ・ストウブ
    • Story of a Dog – ゴードン・ホリングゼッド
    • White Rhapsody – グラントランド・ライス
    • Your National Gallery – ジョゼフ・オブライエン、トーマス・ミード
  • Star in the Nightゴードン・ホリングゼッド
    • A Gun in His Hand – チェスター・フランクリン
    • The Jury Goes Round 'N' Round – ジュールス・ホワイト
    • The Little Witch – ジョージ・テンプルトン
ドラマ・コメディ音楽賞 ミュージカル音楽賞
歌曲賞 録音賞
美術監督賞(白黒) 美術監督賞(カラー)
  • 東京スパイ大作戦』 – 美術: ウィアード・イーネン、装置: A・ローランド・フィールズ
    • 『王国の鍵』 – 美術: ジェームズ・バセヴィ、ウィリアム・ダーリング、装置: トーマス・リトル、フランク・E・ヒューズ
    • 『恐ろしき結婚』 – 美術: アルバート・S・ディアゴスティーノ、ジャック・オケイ、装置: ダレル・シルヴェラ、クロード・カーペンター
    • 『ラヴレター』 – 美術: ハンス・ドライアー、ローランド・アンダーソン、装置: サム・コマー、レイ・モイヤー
    • ドリアン・グレイの肖像』 – 美術: セドリック・ギボンズ、ハンス・ペーターズ、装置: エドウィン・B・ウィリス、ジョン・ボナー、ヒュー・ハント
  • 情炎の海』 – 美術: ハンス・ドライアーエルンスト・フェジッテ、装置: サム・コマー
    • 緑園の天使』 – 美術: セドリック・ギボンズ、ウーリー・マックリアリー、装置: エドウィン・B・ウィリス、ミルドレッド・グリフィス
    • 『千一夜物語・魔法のランプ』 – 美術: ステファン・グーソン、ルドルフ・スターナド、装置: フランク・タトル
    • 『サン・アントニオ』 – 美術: テッド・スミス、装置: Jack McConaghy
    • 哀愁の湖』 – 美術: ライル・ウィーラー、モーリス・ランスフォード、装置: トーマス・リトル
撮影賞(白黒) 撮影賞(カラー)
編集賞 特殊効果賞
  • ダニー・ケイの 天国と地獄』 – 撮影: ジョン・P・フルトン、音響: アーサー・W・ジョンス
    • 『千一夜物語・魔法のランプ』 – 撮影: ローレンス・バトラー、音響: レイ・ボンバ
    • 白い恐怖』 – 撮影・音響: ジャック・コスグローヴ
    • コレヒドール戦記』 – 撮影: A・アーノルド・ギレスピー、Donald Jahraus、ロバート・A・マクドナルド、音響: Michael Steinore
    • 『旋風大尉』 – 撮影: フレッド・サーセン、ソル・ホルペリン、音響: ロジャー・ヒーマン、ハリー・レオナルド

アカデミー名誉賞[編集]

アカデミー子役賞[編集]

統計[編集]

複数候補
  • 8候補: 『聖メリーの鐘』
  • 7候補: 『失われた週末』
  • 6候補: 『楽聖ショパン』、『白い恐怖』、『ミルドレッド・ピアース』
  • 5候補: 『錨を上げて』、『緑園の天使』
  • 4候補: 『王国の鍵』、『哀愁の湖』、『ラヴレター』、『G・I・ジョウ』、『ダニー・ケイの 天国と地獄』
  • 3候補: Objective, Burma、『ドリアン・グレイの肖像』、『南部の人』
  • 2候補: 『ユーコンの女王』、Can't Help Singing、『小麦は緑』、『炎の街』、『ベニイの勲章』、『アメリカ交響楽』、『サン・アントニオ』、『ステート・フェア』、『コレヒドール戦記』、『千一夜物語・魔法のランプ』、『三人の騎士』、『今宵よ永遠に』、『ブルックリン横丁』、『愛の決断』、Why Girls Leave Home
複数受賞
  • 4受賞: 『失われた週末』
  • 2受賞: 『緑園の天使』


参考文献[編集]