第18回選抜中等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第18回選抜中等学校野球大会
試合日程 1941年3月23日-3月28日
出場校 16校
優勝校 東邦商愛知、2年ぶり3回目)
試合数 15試合
入場行進曲 国民進軍歌
選手宣誓 加藤政一(岐阜岐阜商
始球式 高石真五郎大阪毎日新聞社会長)
大会本塁打 0本塁打
 < 19401947 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第18回選抜中等学校野球大会(だい18かいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1941年3月23日から3月28日まで甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

この後、日中戦争の激化、太平洋戦争の開戦などが重なり、次回大会が行われるのは1947年のこととなる。

出場校[編集]

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 決勝[編集]

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
           
 平安中 5
 下関商 11  
 下関商 0
   熊本工 1  
 早稲田実 0
 熊本工 7  
 熊本工 4
   東邦商 5  
 島田商 1
 海南中 3  
 海南中 2
   東邦商 5  
 海草中 1
 東邦商 2  
 東邦商 5
   一宮中 2
 桐生中 0
(延長14回)
 滝川中 6  
 滝川中 1
   岐阜商 2x  
 福岡工 2
 岐阜商 3x  
 岐阜商 2
   一宮中 12  
 志度商 0
 日新商 3  
 日新商 0
   一宮中 3  
 大田中 0
 一宮中 8  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東邦商 1 4 0 0 0 0 0 0 0 5 6 3
一宮中 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 7 5
  1. (東) : 玉置 - 池端
  2. (一) : 林安 - 寺沢
  3. 審判:球審…天知、塁審…島津・高瀬・森田
  4. 試合時間:1時間43分

大会本塁打[編集]

なし

関連事項[編集]