第18普通科連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第18普通科連隊
UH-1J & rapeling infantry.JPG
所属隊員によるラペリング降下
創設 1954年(昭和29年)8月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
兵種/任務/特性 機械化歩兵
人員 約600名
所在地 北海道 札幌市
編成地 千歳
上級単位 第11師団 - 第11旅団
担当地域 道央
テンプレートを表示

第18普通科連隊(だいじゅうはちふつうかれんたい、JGSDF 18th Infantry Regiment(Mechanized))は、北海道札幌市真駒内駐屯地に駐屯する第11旅団隷下の普通科連隊である。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)8月25日:第18普通科連隊本部及び本部中隊が千歳駐屯地(現・北千歳駐屯地)において編成完結。
    • 9月25日:第1大隊が真駒内駐屯地において編成完結。
    • 10月30日:第18普通科連隊が真駒内に移駐。
  • 1955年(昭和30年)9月10日:第2大隊が倶知安駐屯地に移駐。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:第4大隊及び特車中隊が編成完結。第7混成団新編により、同団隷下に編入。
  • 1961年(昭和36年)2月:第4大隊を除き、第5管区隊隷下へ異動[1]。第4大隊は、第24普通科連隊へと改編。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第11師団編成に伴い、同師団隷下に編入。
  • 1989年(平成元年)3月24日:師団改編により、自動車化。
  • 1992年(平成 4年):装甲車化連隊に改編。
  • 2004年(平成16年):全中隊に96式装輪装甲車を配備。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第11師団の旅団化に伴い、第4中隊と重迫撃砲中隊を廃止、普通科連隊(軽)に改編。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第11後方支援隊第2整備中隊へ移管。
  • 2011年(平成23年)4月22日:本連隊を母体に北部方面混成団第52普通科連隊本部及び第1中隊を新編。
  • 2019年(平成31年)3月26日:機動旅団改編に伴い、重迫撃砲中隊を新編

部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1普通科中隊 96式装輪装甲車
  • 第2普通科中隊 高機動車
  • 第3普通科中隊 高機動車
  • 重迫撃砲中隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第18普通科連隊長 1等陸佐 渡邊孝太郎 2018年03月23日 陸上自衛隊研究本部企画調整官
歴代の第18普通科連隊長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 戸次俊雄 1954年08月25日 - 1956年03月15日 防衛大学校派遣勤務 北部方面総監部第3部長
02 山田政次 1956年03月16日 - 1958年03月15日 陸上幕僚監部勤務 陸上自衛隊富士学校普通科部
研究課長
03 村井利夫 1958年03月16日 - 1960年03月15日 普通科教導連隊副連隊長 第7混成団本部幕僚長
04 正宝治平 1960年03月16日 - 1961年07月31日 陸上自衛隊富士学校企画室勤務 北部方面総監部第3部長
05 高木成助 1961年08月01日 - 1964年03月15日 陸上幕僚監部監理部管理班長 陸上幕僚監部募集課長
06 生亀元 1964年03月16日 - 1966年03月15日 北部方面総監部業務室長 陸上幕僚監部幕僚庶務室庶務班長
07 藤原幸三郎 1966年03月16日 - 1968年07月15日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上幕僚監部第5部学校班長
08 梅野文則 1968年07月16日 - 1970年07月15日 第12師団司令部第2部長 陸上幕僚監部第2部情報第2班長
09 宮田澄男 1970年07月16日 - 1972年07月16日
[2][3]
陸上幕僚監部第1部勤務 陸上自衛隊幹部候補生学校学生隊長
10 栗原英三郎 1972年07月17日 - 1974年07月15日 陸上自衛隊幹部学校勤務 統合幕僚会議事務局第3幕僚室勤務
11 白井明雄 1974年07月16日 - 1976年03月15日 第11師団司令部第3部長 陸上幕僚監部第5部普通科班長
12 原豊 1976年03月16日 - 1978年03月15日 統合幕僚会議事務局第1幕僚室勤務 自衛隊福島地方連絡部
13 田邊國三 1978年03月16日 - 1979年07月31日 統合幕僚会議事務局第4幕僚室勤務 中部方面総監部装備部長
14 佐々茂樹 1979年08月01日 - 1982年03月15日 北部方面総監部総務部総務課長 北部方面総監部付
15 堀東一 1982年03月16日 - 1984年06月30日 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
教範教養班長
西部方面総監部人事部長
16 中嶋鋭一郎 1984年07月01日 - 1987年03月15日 陸上幕僚監部調査部調査第1課
保全班長
陸上自衛隊調査学校学校教官
17 大窪哲哉 1987年03月16日 - 1989年03月15日 陸上幕僚監部教育訓練部教育課
学校第1班長
第9師団司令部幕僚長
18 畠山昌彦 1989年03月16日 - 1991年03月31日 東北方面総監部調査部調査課長 自衛隊愛媛地方連絡部
19 長谷部裕 1991年04月01日 - 1994年03月31日 統合幕僚会議事務局第1幕僚室勤務 中部方面総監部監察官
20 池田三千穗 1994年04月01日 - 1996年12月15日 陸上自衛隊富士学校総務部総務課長 北熊本駐屯地業務隊
21 川畑初夫 1996年12月16日 - 1998年07月31日 陸上自衛隊業務学校学校教官 陸上自衛隊業務学校人事教育部長
22 二宮五郎 1998年08月01日 - 2000年07月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上自衛隊業務学校人事教育部長
23 佐藤法夫 2000年08月01日 - 2002年12月01日 第7師団司令部第3部長 防衛研究所主任研究官
24 冨塚要介 2002年12月02日 - 2004年11月30日 陸上自衛隊少年工科学校生徒隊長 北部方面総監部監察官
25 平賀遵 2004年12月01日 - 2006年08月03日 統合幕僚会議事務局第3幕僚室勤務 陸上自衛隊研究本部研究員
26 山出昇 2006年08月04日 - 2007年12月02日 東部方面情報保全隊 陸上自衛隊関東補給処総務部長
27 澤井研次 2007年12月03日 - 2009年07月31日 第10師団司令部監察官 北部方面総監部付
28 田村浩仁 2009年08月01日 - 2010年11月30日 陸上自衛隊富士学校主任教官 統合幕僚学校教育課第1教官室
学校教官
29 福增与志朗 2010年12月01日 - 2012年07月31日 第10師団司令部監察官 第3師団司令部監察官
30 山崎繁 2012年08月01日 - 2014年07月31日 第12旅団司令部第3部長 陸上自衛隊富士学校総務部
総務課長
31 今井俊典 2014年08月01日 - 2016年07月31日 第15旅団司令部第3部長 北部方面後方支援隊
北部方面輸送隊
32 石川貴茂 2016年08月01日 - 2018年03月22日 東北防衛局防衛補佐官
33 渡邊孝太郎 2018年03月23日 - 陸上自衛隊研究本部企画調整官

主要装備[編集]

過去の装備

脚注[編集]

  1. ^ 陸上自衛隊60年史(6),佐野顕,スピアヘッド,第13号,2012年,P90-95
  2. ^ 1972年01月11日 札幌オリンピック支援集団バイアスロン競技支援隊長兼補
  3. ^ 1972年02月16日 札幌オリンピック支援集団バイアスロン競技支援隊長兼補解除

DVD「精鋭たちの群像」(HAJIMEVISION)

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2014年8月1日閲覧。