第19回世界卓球選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第19回世界卓球選手権インドボンベイで1952年2月1日から2月10日にかけて開催された。

概要[編集]

第19回大会は初めてアジアでの開催となった世界選手権である。 また、日本代表が初めて参加した世界選手権であり、男女5人の日本人選手が出場し7種目中4種目で優勝する活躍を見せ世界に衝撃を与えた[1][2]

競技結果[編集]

種目
男子シングルス 日本の旗佐藤博治 ハンガリーの旗ヨージェフ・コチアン フランスの旗Rene Roothooft
フランスの旗Guy Amouretti
女子シングルス ルーマニアの旗アンジェリカ・ロゼアヌ ハンガリーの旗Gizella Farkas オーストリアの旗Ermelinde Wertl
イングランドの旗Rosalind Rowe
男子ダブルス 日本の旗藤井則和
日本の旗林忠明
イングランドの旗リチャード・バーグマン
イングランドの旗ジョニー・リーチ
アメリカ合衆国の旗Douglas Cartland
アメリカ合衆国の旗Marty Reisman
イングランドの旗ビクトル・バルナ
イングランドの旗Adrian Haydon
女子ダブルス 日本の旗西村登美江
日本の旗楢原静
イングランドの旗Diane Rowe
イングランドの旗Rosalind Rowe
スコットランドの旗Helen Elliott
オーストリアの旗Ermelinde Wertl
ハンガリーの旗Gizella Farkas
ハンガリーの旗Edit Sagi
混合ダブルス ハンガリーの旗フェレンツ・シド
ルーマニアの旗アンジェリカ・ロゼアヌ
イングランドの旗ジョニー・リーチ
イングランドの旗Diane Rowe
イングランドの旗ビクトル・バルナ
イングランドの旗Rosalind Rowe
ハンガリーの旗ヨージェフ・コチアン
ハンガリーの旗Gizella Farkas
男子団体 ハンガリーの旗 ハンガリー イングランドの旗 イングランド 日本の旗 日本
香港 イギリス領香港
女子団体 日本の旗 日本 ルーマニアの旗 ルーマニア イングランドの旗 イングランド

日本代表[編集]

男子代表は佐藤博治藤井則和林忠明の3名。

女子代表は西村登美江、楢原静の2名。

種目別代表

  • 男子シングルス(3名) 佐藤博治、藤井則和、林忠明
  • 女子シングルス(2名) 西村登美江、楢原静
  • 男子ダブルス(1組) 藤井則和/林忠明
  • 女子ダブルス(1組) 西村登美江/楢原静
  • 混合ダブルス(2組) 藤井則和/楢原静、佐藤博治/西村登美江

男子シングルス

  • 佐藤博治 優勝
  • 藤井則和 ベスト16
  • 林忠明 ベスト64

女子シングルス

  • 西村登美江 ベスト8
  • 楢原静 ベスト32

男子ダブルス

  • 藤井則和/林忠明 優勝

女子ダブルス

  • 西村登美江/楢原静 優勝

混合ダブルス

  • 藤井則和/楢原静 ベスト16
  • 佐藤博治/西村登美江 ベスト32

団体

  • 男子 銅メダル
  • 女子 優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]