第2回立法院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

第2回立法院議員総選挙(だい2かいりっぽういんぎいんそうせんきょ)は、1954年3月14日に行われた琉球政府立法院議員選挙である。

選挙データ[編集]

公示日[編集]

投票日[編集]

  • 1954年3月14日

議席数[編集]

  • 29議席

選挙制度[編集]

有権者数[編集]

  • 325,303人
    (男性:144,387人、女性:180,916人)

立候補者数[編集]

  • 63人

主な争点[編集]

奄美群島本土復帰したことにより、奄美地区の選挙区有権者が今回から除外されることになった。

この頃になると、琉球民主党沖縄社会大衆党による二大政党制の傾向が明確になり、小選挙区制の導入と相まって激烈な選挙戦となった。

琉球民主党は、行政主席比嘉秀平を総裁とする保守系の与党で、対米協調路線をとった。一方、野党の社会大衆党は、「ヒューマニズム」を基調とし本土復帰を強く掲げた。

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 80.31%

当選者[編集]

  • 第1区 - 宮城正行
  • 第2区 - 中里猛
  • 第3区 - 長田成徳
  • 第4区 - 兼次佐一
  • 第5区 - 比嘉宇太郎
  • 第6区 - 新里銀三
  • 第7区 - 仲宗根巌
  • 第8区 - 天願雄治郎
  • 第9区 - 新垣金造
  • 第10区 - 当山真志
  • 第21区 - 長嶺秋夫
  • 第22区 - 玉城瑩
  • 第23区 - 石嶺真誠
  • 第24区 - 照屋善清
  • 第25区 - 砂川恵敷
  • 第26区 - 下里恵良
  • 第27区 - 与那覇金一郎
  • 第28区 - 大浜国浩
  • 第29区 - 星克

党派別獲得議席[編集]

党派 得票数 得票率 議席
琉球民主党 142,795 45.6% 12
沖縄社会大衆党 129,610 41.4% 12
沖縄人民党 18,315 5.0% 2
無所属 22,467 7.2% 3

出:表「党派別当選者数および得票数」、沖縄タイムス編集発行『沖縄年鑑』1969(昭和44年)復刻版、446頁 

親米保守派の民主党は、当初目標としていた過半数を確保することができなかった。これに対し、沖縄の祖国復帰を主張する社大党と人民党で全議席の半数近くを占める結果となった。

関連項目[編集]