第2次ミハイル・フラトコフ内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フラトコフ首相

第2次ミハイル・フラトコフ内閣ロシア語: Второе правительство Фрадкова)は、ロシア連邦内閣。約2ヶ月続いた第1次ミハイル・フラトコフ内閣から引き継いで組閣された。ミハイル・フラトコフ首相によって2004年5月12日から2007年9月12日までの約3年4ヶ月の間率いられた[1]

ウラジーミル・プーチン大統領2004年5月7日に議会の承認を得て大統領2期目に突入し、5月12日に首相のフラトコフが議会の承認を得、大統領によって指名された。また、他の17人の大臣は5月20日に議会の承認を得た。首相と17人の大臣は第一次内閣と同じ顔ぶれであり、唯一情報・通信大臣に就いたレオニード・レイマンのみが新任となった。8人の大臣はさらに以前のミハイル・カシヤノフ内閣でも同じ役についていた。

経過[編集]

地域発展大臣のポストが新設され、ベスラン学校占拠事件後、南部連邦管区大統領全権代表を解任されたウラジーミル・ヤコブレフがその任に就く。
ドミトリー・コザクが官房長官をセルゲイ・ナルイシキンと交代し、ヤコブレフの代わりに南部連邦管区大統領全権代表に就く。
大統領府長官だったドミートリー・メドヴェージェフが第一副首相に就任。
セルゲイ・イワノフが国防相兼任のまま副首相に就任。
プーチン大統領は司法大臣のユーリ・チャイカを解任し、検事総長だったウラジーミル・ウスチノフを後任に任命。ユーリ・チャイカはウスチノフの後任として自身2度目の検事総長に就任した。
セルゲイ・イワノフが副首相・国防相兼任から第一副首相に昇格し、セルゲイ・ナルイシキンが官房長官兼任のまま副首相に就任。後任の国防相に財務省連邦税務庁長官だったアナトリー・セルジュコフが就任。
プーチン大統領はフラトコフ首相の辞任を受け入れ、法律に従って内閣は解散した。フラトコフは新首相のヴィクトル・ズプコフが就任する9月14日までは首相を続け、新内閣が発足した9月24日ゲルマン・グレフウラジーミル・ヤコブレフミハイル・ズラボフが解任された。

閣僚[編集]

職名[2] 氏名 就任日 退任日 備考
首相
Mikhail Fradkov (Brasília, 04 April 2006).jpeg
ミハイル・フラトコフ 2004年5月12日 2007年9月14日 (留任)
第一副首相
Medvedev WEF 2007 cr.jpg
ドミートリー・メドヴェージェフ 2005年11月14日 2007年9月24日 -
第一副首相
Sergei Ivanov, smiling, in red vest.JPG
セルゲイ・イワノフ 2007年2月15日 2007年9月24日 副首相・国防大臣から昇格
副首相
Александр Дмитриевич Жуков.jpg
アレクサンドル・ジューコフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
副首相
Sergei Ivanov, holding a press conference in Fairbanks, Aug. 27, 2006.jpg
セルゲイ・イワノフ  2005年11月14日 2007年2月15日 国防大臣兼任
Naryshkin Sergey Evgenyevich.jpg
セルゲイ・ナルイシキン 2007年2月15日 2007年9月24日 官房長官兼任
内務大臣
Rashid Nurgaliev.jpeg
ラシド・ヌルガリエフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
非常事態大臣
Sergey Shoigu.jpg
セルゲイ・ショイグ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
保健・福祉大臣
Mikhail Zurabov-1.jpg
ミハイル・ズラボフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
外務大臣
Sergeilavrov.jpg
セルゲイ・ラブロフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
情報・通信大臣
Leonid Reiman.jpg
レオニード・レイマン 2004年5月20日 2007年9月24日 -
文化・マスメディア大臣
Alexander Sergeevich Sokolov.jpg
アレクサンドル・ソコロフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
国防大臣
Sergey Borisovich Ivanov in the Pentagon on Jan. 11, 2005.jpg
セルゲイ・イワノフ 2004年5月20日 2007年2月15日 (留任)/2005年11月14日から副首相兼任
AE-Serdyukov.jpg
アナトリー・セルジュコフ 2007年2月15日 2007年9月24日 -
教育科学大臣
Andrei Fursenko 2010 Moscow Unesco.jpg
アンドレイ・フルセンコ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
天然資源大臣
Yuri Trutnev.jpg
ユーリ・トルトネフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
地域発展大臣
Vladimir Yakovlev in 2000.jpg
ウラジーミル・ヤコブレフ 2004年9月13日 2007年9月24日 -
農業・漁業大臣
Alexey Gordeyev, 2014.jpeg
アレクセイ・ゴルデーエフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
エネルギー・産業大臣
Viktor Khristenko.jpg
ヴィクトル・フリステンコ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
運輸大臣
Igor Yevgenyevich Levitin.jpg
イーゴリ・レヴィチン 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
財務大臣
Alexei Kudrin-1.jpg
アレクセイ・クドリン 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
経済発展・貿易大臣
Herman Gref - World Economic Forum Annual Meeting Davos 2007.jpg
ゲルマン・グレフ 2004年5月20日 2007年9月24日 (留任)
司法大臣
RIAN archive 128943 The G8 Interior, Justice Ministers' and Attorney Generals' Meeting.jpg
ユーリ・チャイカ 2004年5月20日 2006年6月23日 (留任)、検事総長に異動
RIAN archive 628836 Prosecutor General Vladimir Ustinov.jpg
ウラジーミル・ウスチノフ 2006年6月23日 2007年9月24日 検事総長から異動
官房長官
Dmitry Kozak.jpg
ドミトリー・コザク 2004年5月20日 2004年9月13日 (留任)
Naryshkin Sergey Evgenyevich.jpg
セルゲイ・ナルイシキン 2004年9月13日 2007年9月24日 2007年2月15日から副首相兼任

脚注[編集]

  1. ^ Указом Президента Российской Федерации от 12.09.2007 № 1184 «О Правительстве Российской Федерации» принято заявление Председателя Правительства РФ и объявлено об отставке Правительства РФ. Тем же указом Президент РФ поручил Правительству РФ продолжать исполнять свои обязанности до формирования нового Правительства РФ.
  2. ^ Согласно Конституции Российской Федерации Правительство Российской Федерации состоит из Председателя Правительства Российской Федерации, заместителей Председателя Правительства Российской Федерации и федеральных министров. Структуру федеральных органов исполнительной власти и кандидатуры на должности заместителей Председателя Правительства Российской Федерации и федеральных министров утверждает Президент Российской Федерации по представлению Председателя Правительства Российской Федерации.