第20回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第20回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1934年8月13日 - 8月20日
出場校 22校
参加校数 675校
優勝校 呉港中(山陽・広島、初優勝)
試合数 21試合
大会本塁打 2本塁打
 < 19331935 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第20回全国中等学校優勝野球大会(だい20かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1934年昭和9年)8月13日から8月20日まで兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)の甲子園球場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

20回目の大会を記念して、甲子園球場の東側に20基の野球塔を建設し、1基ずつに過去の優勝校、選手、決勝審判名を刻んだ(現在は撤去済み)。入場式では優勝経験校の主将が優勝記念旗を持って行進した。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 札幌商 北海道 3年ぶり2回目
奥羽 秋田中 秋田 4年連続7回目
東北 福島師範 福島 初出場
北関東 桐生中 群馬 3年ぶり4回目
南関東 関東中 千葉 6年ぶり2回目
東京 早稲田実 東京 2年ぶり11回目
甲神静 島田商 静岡 初出場
東海 享栄商 愛知 初出場
信越 長野商 長野 2年ぶり4回目
北陸 敦賀商 福井 2年連続9回目
京津 京都商 京都 初出場
大阪 市岡中 大阪 5年ぶり9回目
兵庫 神戸一中 兵庫 13年ぶり3回目
紀和 海南中 和歌山 初出場
山陽 呉港中 広島 3年連続3回目
山陰 鳥取一中 鳥取 2年連続12回目
四国 高松中 香川 6年ぶり4回目
北九州 小倉工 福岡 2年ぶり4回目
南九州 熊本工 熊本 2年ぶり2回目
朝鮮 京城商 朝鮮 3年ぶり2回目
満州 大連商 満州 5年連続12回目
台湾 台北商 台湾 7年ぶり4回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 呉港中 5 - 1 長野商
  • 桐生中 4x - 3 早稲田実
  • 熊本工 8 - 4 小倉工
  • 鳥取一中 3 - 1 京都商
  • 市岡中 3x - 2 台北商(延長11回)
  • 享栄商 11 - 2 島田商

2回戦[編集]

  • 呉港中 8 - 0 桐生中
  • 海南中 5 - 0 神戸一中(海南中・長谷川が無安打無得点試合
  • 秋田中 5 - 1 福島師範
  • 敦賀商 1 - 0 大連商
  • 熊本工 8 - 1 鳥取一中
  • 高松中 8x - 7 関東中
  • 市岡中 1 - 0 享栄商
  • 京城商 9 - 8 札幌商

準々決勝[編集]

  • 呉港中 4 - 2 海南中
  • 秋田中 17 - 7 敦賀商
  • 熊本工 5 - 1 高松中
  • 市岡中 13 - 4 京城商

準決勝[編集]

  • 呉港中 9 - 0 秋田中
  • 熊本工 4 - 0 市岡中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
熊本工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
呉港中 0 0 0 0 2 0 0 0 X 2 8 2
  1. (熊) : 戸上 - 吉原
  2. (呉) : 藤村 - 原
  3. 審判:球審…天知、塁審…横沢・森田勇・池田

大会本塁打[編集]

  • 第1号:大塚善次郎(関東中)
  • 第2号:松山清次(熊本工)

関連項目[編集]