第20回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第20回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
弥彦競輪場・GI
レース詳細
開催日 2011年6月30日 - 7月3日
レース結果
優勝  浅井康太 (三重県)
2位  山口幸二 (岐阜県)
3位  坂上樹大 (石川県)
2010
2012
本来の表記は「第20回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

第20回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(だい20かい ともひとしんのうはい・せかいせんしゅけんきねんとーなめんと)は、2011年6月30日から7月3日まで、弥彦競輪場で開催された、寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントである。

弥彦競輪場でGI初開催[編集]

過去にふるさとダービーは幾度なく開催された弥彦競輪場であるが、GIは初の開催となった。場内は4日間連日満員状態となり、最終日の入場者数は6055名、4日間の総入場者数は15656名を記録した。

決勝戦[編集]

レース概略[編集]

最終4角付近で抜け出した浅井がGI初優勝。2着の山口は審議対象(最終バック付近での山内と大塚の落車に関して)になったがセーフ。

競走成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 4 浅井康太 三重県 差し 11.1
2 3 山口幸二 岐阜県 1/2車身 マーク 11.9
3 6 坂上樹大 石川県 1/2車身 10.9
4 5 渡邉一成 福島県 1/2車身 11.5 HB
5 1 佐藤友和 岩手県 3車身 11.2
6 7 成田和也 福島県 2車身 11.3
7 8 山内卓也 愛知県 落車再乗
8 9 大塚健一郎 大分県 落車再乗
失格 2 神山雄一郎 栃木県 押圧

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 3=4 290円
枠番二連勝単式 4-3 550円
車番二連勝複式 3=4 420円
車番二連勝単式 4-3 710円
三連勝複式 3=4=6 4360円
三連勝単式 4-3-6 10060円
ワイド 3=4 230円
4=6 1800円
3=6 1370円

特記事項[編集]

  • 1日の第10R(二次予選A)にて、3連単85万9900円(502番人気)となり[2]、GI歴代最高配当を更新した(従来の最高は2009年11月21日第11Rの競輪祭77万4020円)[3][4]。後に2017年11月の第59回朝日新聞社杯競輪祭で再更新された(117万4990円)。

参考文献[編集]

脚注[編集]

寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
前回 (2010年 第20回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
2011年
次回(2012年
第19回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 第21回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント