第20回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第20回選抜高等学校野球大会
試合日程 1948年4月1日 - 4月6日
出場校 16校
優勝校 京都一商京都、初優勝)
試合数 15試合
入場行進曲鐘の鳴る丘
大会本塁打 1本塁打
 < 19471949 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第20回選抜高等学校野球大会(だい20かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1948年4月1日から4月6日まで甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

この年に学制改革により旧制中等学校新制高等学校に改組されるため「第1回選抜高等学校野球大会」として開催されたが、1955年に中等学校の大会と通算されることになり「第20回選抜高等学校野球大会」となっている。この大会より警察音楽隊による入場行進曲の演奏が始まる。
出場16校出場校の校名はすべて中等学校時代の名称が採用されたが、これは、大会要項発表時はまだ旧学制下で、開催時は、新制学校名仮称などの校名変更の過渡期であり、エントリー時の混乱防止の観点からである。

出場校[編集]

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 決勝[編集]

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
           
 京都二商 7
 大分中 0  
 京都二商 1
   享栄商 0  
 享栄商 4
 徳島商 3  
 京都二商 4
   下関商 2  
 高知商 5
 桐生工 2  
 高知商 1
(延長14回)
   下関商 7  
 下関商 4
(延長11回)
 浪華商 0  
 京都二商 0
   京都一商 1x
 田辺中 14
 岐阜商 2  
 田辺中 2
(延長13回)
   京都一商 4  
 京都一商 3
 小倉中 2  
 京都一商 4
   北野中 1  
 北野中 5
 金沢三中 3  
 北野中 3
   神戸二中 2  
 神戸二中 2
 早稲田実 1  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
京都二商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
京都一商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1
  1. (延長11回)
  2. (二) : 足立 - 森
  3. (一) : 北本 - 種田

大会本塁打[編集]

  • 第1号:鈴江準一郎(徳島商)

関連項目[編集]