第20次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第20次長期滞在
ISS Expedition 20 Patch.svg
徽章
コールサイン Expedition 20
乗組員数 6名
打上げ日 2009年5月27日10:34UTC[1]
打上げ地点 カザフスタンバイコヌール宇宙基地
打上げ機 ソユーズTMA-14STS-127ソユーズTMA-15STS-128
帰還日 2009年10月11日
宇宙遊泳時間 4時間54分(EVA1)、12分(EVA2)
ミッション期間 5ヶ月間
The ISS Expedition 20.jpg
前:ディビュナー、パダルカ、ロマネンコ
後:サースク、バラット、ストット、コプラ、若田光一
前回 次回
第19次長期滞在 ISS Expedition 19 Patch.svg 第21次長期滞在 ISS Expedition 21 Patch.svg

第20次長期滞在(Expedition 20)は、国際宇宙ステーションへの20回目の長期滞在である。2009年5月27日10:34EDTにソユーズTMA-15バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた[1]。2009年5月29日にISSとドッキングし、公式に第19次長期滞在から第20次長期滞在に引き継がれた[2]

第20次長期滞在は、6人がステーションで生活する初めての長期滞在である。6人で居住するために、乗組員は2機のソユーズTMAで別々に飛来した。ソユーズTMA-14は2009年3月26日に第19次長期滞在の乗組員を運び、ソユーズTMA-15は2009年5月27日に打ち上げられた。

ゲンナジー・パダルカは、6人での長期滞在の初めての機長であり、連続した2つの長期滞在で初めて連続して機長を務める。ニコール・ストットスペースシャトルで打ち上げられた最後の長期滞在乗組員となった。

若田光一は、匂いのつかない下着の実験をするため、1ヶ月間下着を洗わずに同じものをはき続けた。[3]

乗組員[編集]

職務[4] 第1期
(2009年5月-7月)
第2期
(2009年7月-8月)
第3期
(2009年8月-10月)
船長 ゲンナジー・パダルカ, RSA
(3度目の飛行)
フライトエンジニア1 マイケル・バラット, NASA
(初飛行)
フライトエンジニア2 若田光一, JAXA
(3度目の飛行)
ティモシー・コプラ, NASA
(初飛行)
ニコール・ストット, NASA
(初飛行)
フライトエンジニア3 フランク・ディビュナー, ESA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア4 ロマン・ロマネンコ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア5 ロバート・サースク, CSA
(2度目の飛行)

バックアップ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b NASA HQ (2009年5月24日). “Expedition 20 Crew Launches from Baikonur”. NASA. 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ NASA HQ (2009年5月29日). “Expedition 20 Crew Docks with Space Station”. NASA. 2009年6月4日閲覧。
  3. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8177743.stm
  4. ^ NASA HQ (2008年). “NASA Assigns Space Station Crews, Updates Expedition Numbering”. NASA. 2008年11月21日閲覧。