第204飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第204飛行隊
F-15J (955) of 204 Sqn in the refuelling training, -17 Dec. 2010 b.jpg
第204飛行隊のF-15J
創設 1964年12月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 沖縄県那覇基地
編成地 宮崎県新田原基地
通称号/略称 204SQ
上級単位 第9航空団
最終上級単位 南西航空方面隊
担当地域 南西防衛区域
テンプレートを表示

第204飛行隊(だい204ひこうたい、JASDF 204th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊南西航空方面隊第9航空団隷下の戦闘機部隊である。那覇基地に所属し、戦闘機にF-15J/DJ、連絡機にT-4を運用する。

同航空団隷下の第304飛行隊と共に、南西諸島全域の防空を担う戦闘飛行隊である。

概要[編集]

第204飛行隊部隊マークのイーグルヘッド

1964年(昭和39年)12月1日、航空自衛隊4番目のF-104J飛行隊として新田原基地第5航空団隷下にて発足。自衛隊法84条に基づく対領空侵犯措置任務と、運用機種であるF-104の機種転換操縦課程(操縦者教育)の両方を任務とした。

1985年(昭和60年)には航空自衛隊3番目のF-15J飛行隊として部隊改編を行うこととなる。新田原にてF-104の運用を終了した後、百里基地第7航空団隷下でF-15部隊として再編成。約24年間の長きに渡り首都圏防空を担った。

平成17年度中期防に基づき、2008年(平成20年)末に沖縄への移駐が決定。翌2009年(平成21年)1月那覇基地への部隊移駐を開始し第83航空隊隷下へ編入。3月には第302飛行隊から任務引継ぎを完了し、日本最南端のイーグル飛行隊として任務を再開した。

部隊マークは白頭鷲の横顔(イーグルヘッド)を描いたもので、「Eagle of Eagles(最強のイーグル飛行隊)」という意味を込めたとされる。八つの冠羽と下部三つの金冠羽で「第83航空隊」を表すようデザインされている。新田原基地に所属していた頃は、青と黄色淵で第五航空団共通の「Ⅴ」マークをかたどったデザインであった。部隊章は大きく羽を広げた白頭鷲の上を、F-15がコントレイルを曳きながら沖縄本島を周回しているデザイン。

また、同隊はミスティックイーグルと呼ばれる北欧神話に登場するワルキューレノーズアートとして描いていた事でも知られている。隊所属の現役整備員が考案し、後に著名漫画家やイラストレーターも制作に参加した。塗装は戦技競技会の出場機に対して行われ、96年以降はシリーズ化された。毎年進化する美しいデザインは関係者の注目を集めたが、2003年度の競技会を最後に描かれていない。

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年)12月1日 - F-104飛行隊として新田原基地の第5航空団隷下にて部隊編成。
12月2日 - F-104戦技課程開始[1]
11月28日 - ホットスクランブル2,000回達成[1]
4月16日 - F-15初配備[1]
4月23日 - F-15による初訓練実施[2]
6月21日 - F-15準備飛行隊新設[2]
12月1日 - 部隊創隊20周年記念式典を実施[1]
  • 1985年(昭和60年)3月2日 - F-15飛行隊として百里基地で部隊再編成。第7航空団隷下に編入。
6月10日 - F-15での航空総隊戦技競技会初参加[2]
12月2日 - F-15Jによる対領空侵犯措置任務付与[2]
  • 1986年(昭和61年)2月3日 - 築城基地での異機種間空戦訓練(DACT)初参加[2]
9月4日 - ミサイル不時発射事故[2]
1月19日 - 那覇基地への移駐完了、第83航空隊隷下に編入[5]
3月12日 - 第302飛行隊から任務引継ぎ。対領空侵犯措置任務を開始[6]
9月9日 - 東シナ海での日米共同訓練に参加[9]

歴代運用機[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 大日本絵画 月刊モデルグラフィックス2月号別冊 戦競1988 航空自衛隊昭和63年度航空総隊戦技競技会 72頁 「昭和63年度戦技競技会参加部隊史」
  2. ^ a b c d e f g h i j k イカロス出版 JWing No.81 2005年5月号 3頁-12頁 「精強飛行隊が守る首都圏の空 航空自衛隊百里基地第7航空団<第204・第305飛行隊>レポート」
  3. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 86頁-91頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '87戦競」
  4. ^ イカロス出版 JWing No.184 2013年12月号 21頁 「戦競2013 戦競、偉大なるその軌跡」松崎豊一
  5. ^ a b イカロス出版 Jwing No.129 2009年5月号 22頁-25頁 「ニッポンの主力戦闘機、F-15イーグル 航空自衛隊F-15史」石原肇
  6. ^ イカロス出版 Jwing No.194 2014年10月号 36頁-41頁 「特集 空自創設60周年記念シリーズ企画第3弾!! 日本を守る主力戦闘機 やっぱり、F-15 航空自衛隊F-15部隊ガイド」松崎豊一
  7. ^ イカロス出版 Jwing No.157 2011年9月号 97頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊・国内ニュース」
  8. ^ 航空自衛隊報道発表資料 29.8.16米空軍との共同訓練の実施について
  9. ^ 航空自衛隊報道発表資料 29.9.9米空軍との共同訓練の実施について

関連項目[編集]