第206飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第206飛行隊
Hyakuri3.jpg
第206飛行隊のF-104J(展示機)
創設 1965年12月20日
廃止 1978年12月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 茨城県百里基地
編成地 茨城県百里基地
通称号/略称 206SQ
上級単位 第7航空団
最終上級単位 中部航空方面隊
テンプレートを表示

第206飛行隊(だい206ひこうたい、JASDF 206th Tactical Fighter Squadron)は、かつて航空自衛隊にあった中部航空方面隊第7航空団隷下にあった戦闘機部隊。航空自衛隊6番目のF-104J/DJ戦闘機を運用する飛行隊として、1965年(昭和40年)に百里基地で新編され、1978年(昭和53年)に閉隊するまで首都圏及び関東地方の要撃任務を実施した。

概要[編集]

第206飛行隊はF-104J/DJ戦闘機を運用する飛行隊として、1965年(昭和40年)12月20日に、茨城県百里基地第7航空団隷下の戦闘機部隊として新編された[1]

1978年(昭和53年)12月1日F-4EJを装備する第305飛行隊が編成されたことに伴い、第206飛行隊は閉隊した[1]

部隊マークは、青いシェブロン偕楽園の梅紋を描いたものになっている[1]

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年)12月20日 - F-104J/DJ飛行隊として百里基地の第7航空団隷下にて部隊編成[2]
  • 1967年(昭和42年)3月13日 - 無事故飛行5,000時間達成[3]
4月26日 - F-104J(46-8585号機)が第201飛行隊T-33Aと空中接触して墜落[3]
8月22日 - 百里基地でのアラート待機任務開始[2]

歴代運用機[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c イカロス出版 JWing No.121 2008年9月号 52頁 「集まれ!日本の戦闘機部隊 航空自衛隊、過去の戦闘機部隊」
  2. ^ a b c イカロス出版 Jwing No.31 2001年3月号 44頁 「僕らの航空自衛隊の50年。これがすべての戦闘機部隊、すべての戦闘機だ!」松崎豊一
  3. ^ a b イカロス出版 自衛隊の名機シリーズ復刻版!! 航空自衛隊F-86 /F-104 112頁-114頁 「F-86/F-104年表」

関連項目[編集]

  • 第305飛行隊 - 第206飛行隊の後身として梅紋を引き継ぐ。