第21回社会人野球日本選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第21回社会人野球日本選手権大会(だい21かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、1994年10月16日から10月24日にかけてグリーンスタジアム神戸で開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要[編集]

  • この夏の都市対抗野球を制した本田技研鈴鹿は予選敗退、準優勝の西濃運輸は本戦1回戦敗退と精彩を欠いた。また、前年優勝の住友金属も予選で姿を消した。一方、第16回大会までに15回の出場を果たしていた松下電器は5年ぶりに本戦に返り咲いた。
  • 大昭和製紙北海道の休部を受けて、クラブチームとしてチームを引き継いだヴィガしらおいが初の全国大会出場を決めた。クラブチームの出場は14年ぶり2回目。
  • この大会を最後に休部することが発表されていた川崎製鉄神戸は、最後の大会で4強に食い込み、チーム最高タイの成績を収めた。
  • 関東勢同士の決勝は壮絶な打ち合いとなり、終盤の猛追を振り切った日本通運が初優勝を飾った。日産自動車は昨年準優勝の雪辱戦に挑んだがまたも準優勝に終わった。

出場チーム[編集]

代表枠 チーム 出場回数
北海道 たくぎん 2年連続9回目
北海道 ヴィガしらおい 2年連続14回目
東北 NTT東北 3年連続9回目
東北 ヨークベニマル 11年ぶり3回目
北信越 北陸銀行 4年ぶり3回目
北信越 NTT北陸 5年連続6回目
関東 日本通運 3年連続6回目
関東 川崎製鉄千葉 初出場
関東 プリンスホテル 2年ぶり4回目
関東 東芝 2年ぶり10回目
関東 日産自動車 2年連続7回目
東海 河合楽器 2年連続11回目
東海 ヤマハ 2年連続11回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 西濃運輸 3年ぶり9回目
近畿 日本IBM野洲 2年ぶり5回目
近畿 松下電器 5年ぶり16回目
近畿 NTT関西 2年連続3回目
近畿 日本生命 6年連続16回目
近畿 川崎製鉄神戸 5年連続9回目
近畿 神戸製鋼 3年ぶり13回目
中国 三菱自動車水島 8年ぶり2回目
中国 NKK 2年ぶり9回目
四国 JR四国 16年ぶり3回目
四国 NTT四国 12年連続14回目
九州 日産自動車九州 7年ぶり2回目
九州 本田技研熊本 2年ぶり7回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
神戸製鋼 0 3 0 2 0 2 0 4 0 11
NTT東北 3 0 0 1 0 1 0 2 0 7

勝:野村 敗:河村 本:大塚(東北)

  • 第2試合(10月16日)-延長14回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
北陸銀行 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 6
河合楽器 1 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 2x 7

勝:野末 敗:竹島 本:田原、佐藤(以上河合)

  • 第3試合(10月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車水島 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
プリンスホテル 1 0 0 1 1 0 0 0 X 3

勝:斉藤貢 敗:黒木 本:石田(プリンス)

1 2 3 4 5 6 7
たくぎん 0 0 0 0 0 0 0 0
川崎製鉄千葉 0 0 3 0 3 9 X 15

勝:須合 敗:萩原 本:木田、高岡、丹野、ハリソン(以上千葉)

  • 第5試合(10月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 2 0 0 0 0 0 1 1 0 4
日産自動車 0 0 0 2 0 1 0 0 5x 8

勝:北川 敗:杉浦 本:仁志(日生)、早川、渡辺敦(以上日産)

  • 第6試合(10月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヴィガしらおい 4 0 0 0 0 0 0 0 X 4

勝:桐木 敗:田中 本:小林(しらおい)

  • 第7試合(10月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT関西 1 0 0 0 0 0 0 5 X 6

勝:辻本 敗:杉山 本:羽生(関西)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 0 0 0 0 0 4 0 0 4
NKK 0 0 0 0 3 0 2 0 X 5

勝:古賀 敗:三原 本:谷川(NKK)

  • 第9試合(10月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 1 0 2 4 1 1 2 0 12
西濃運輸 0 0 0 4 1 0 3 0 0 8

勝:筒井 敗:渡辺 本:木下(松下)、森井、小森(以上西濃)

  • 第10試合(10月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車九州 0 1 1 0 0 2 1 0 0 5
NTT北陸 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:藤井 敗:伊藤 本:川崎(北陸)

2回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研熊本 0 0 0 1 1 1 0 0 0 3
神戸製鋼 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:玉城 敗:米

  • 第2試合(10月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 5 0 2 3 0 0 0 10
河合楽器 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2

勝:斉藤貢 敗:野末 本:長谷部(河合)

  • 第3試合(10月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 2 0 0 0 2 2 0 0 0 6
日本IBM野洲 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4

勝:松田 敗:若林 本:塩田(千葉)

  • 第4試合(10月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3
日産自動車 0 0 2 0 1 2 0 1 X 4

勝:北川 敗:古谷 本:三好(四国)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヴィガしらおい 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
ヨークベニマル 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:加藤 敗:中川 本:佐藤耕(しらおい)

  • 第6試合(10月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関西 0 0 1 1 0 0 3 0 0 5
日本通運 4 2 2 0 0 1 0 0 X 9

勝:黒川 敗:前田

  • 第7試合(10月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NKK 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
松下電器 0 1 2 0 2 1 0 0 X 6

勝:田中 敗:古賀 本:原井(松下)

  • 第8試合(10月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄神戸 0 0 0 2 2 1 0 0 0 5
日産自動車九州 0 3 0 0 0 0 0 1 0 4

勝:豊田 敗:藤井 本:金(神戸)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 3 0 0 0 0 2 2 7
本田技研熊本 0 0 0 5 1 0 0 0 2x 8

勝:中武 敗:佐藤康 本:若林(熊本)、高木、奥村伸(以上プリンス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日産自動車 0 2 1 2 1 0 0 1 0 0 4 11
川崎製鉄千葉 0 0 0 1 1 0 3 1 0 0 3 10

勝:木寺 敗:松田 本:上島、早川、渡辺等(以上日産)、海老沢(千葉)

  • 第3試合(10月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヴィガしらおい 0 1 0 1 0 0 0 3 0 5
日本通運 1 0 0 0 2 0 0 5 X 8

勝:黒沢 敗:渡部 本:酒井(しらおい)

  • 第4試合(10月22日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
川崎製鉄神戸 5 0 0 0 1 0 1 4 11
松下電器 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:豊田 敗:賀喜

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 0 3 0 0 3 2 0 0 8
本田技研熊本 0 1 0 0 0 0 0 1 1 3

勝:北川 敗:玉城 本:早川、上島(以上日産)

  • 第2試合(10月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄神戸 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2
日本通運 0 0 0 0 0 1 1 2 X 4

勝:黒川 敗:豊田 本:宮下(日通)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 1 0 1 3 0 0 1 3 0 9
日産自動車 0 1 0 1 0 0 1 5 0 8

勝:黒沢 敗:木寺 本:松田2(日通)、青柳(日産)
(日本通運は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 最高殊勲選手賞 松田訓(内野手:日本通運)
  • 敢闘賞 北川哲也(投手:日産自動車)
  • 打撃賞 田中泰(内野手:日本通運)
  • 首位打者賞 中本浩(内野手:松下電器) 11打数7安打 .636
  • 大会優秀選手
    • 投手
    北川哲也(日産自動車)
    豊田次郎(川崎製鉄神戸)
    • 捕手
    工藤寿(日本通運)
    大城健(川崎製鉄神戸)
    • 一塁手
    田中泰(日本通運)
    中本浩(松下電器)
    • 二塁手
    大平幸治(日産自動車)
    宮下森(日本通運)
    • 三塁手
    渡辺等(日産自動車)
    • 遊撃手
    藪宏明(日本通運)
    木田健一郎(川崎製鉄千葉)
    • 外野手
    早川健一郎(日産自動車)
    米田幸司(川崎製鉄神戸)
    石田勝彦(プリンスホテル)
    安藤芳人(本田技研熊本)
    ケニー・ハリソン(川崎製鉄千葉)
    • 指名打者
    松田訓(日本通運)

同大会の記録[編集]

  • 毎回安打
1回戦・神戸製鋼-NTT東北戦で両チームが達成。
松下電器が1回戦・対西濃運輸戦で達成。