第22回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第22回アカデミー賞
開催日 1950年3月23日
会場 カリフォルニア州 ロサンゼルス ハリウッド RKOパンテージズ・シアター
司会 ポール・ダグラス
ハイライト
作品賞 オール・ザ・キングスメン
最多部門受賞 女相続人』(4)
最多部門
ノミネート
『女相続人』(8)
 < 第21回 アカデミー賞 第23回 > 

第22回アカデミー賞は、1949年の映画を対象としており、授賞式は1950年3月23日に行われた。司会はポール・ダグラスが務めた。

受賞とノミネート一覧[編集]

太文字のものが受賞である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
原案賞 短編アニメ賞
  • 甦る熱球』 – ダグラス・モロー
    • 硫黄島の砂』 – ハリー・ブラウン
    • 白熱』 – ヴァージニア・ケロッグ
    • 『星は輝く』 – クレア・ブース・ルース
    • 春の珍事』 – シャーリー・W・スミス、ヴァレンタイン・デイヴィス
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞(一巻) 短編実写映画賞(二巻)
  • Aquatic House Partyジャック・イートン
    • Roller Derby Girl – ジャスティン・ハーマン
    • So You Think You're Not Guilty – ゴードン・ホリングゼッド
    • Spills and Chills – ウォルトン・C・アメント
    • Water Trix – ピート・スミス
  • ヴァン・ゴッホ』 – ガストン・ディールロベール・ヘッセン
    • The Boy and the Eagle – ウィリアム・ラスキー
    • Chase of Death – アーヴィング・アレン
    • The Grass Is Always Greener – ゴードン・ホリングゼッド
    • Snow Carnival – ゴードン・ホリングゼッド
ドラマ・コメディ音楽賞 ミュージカル音楽賞
歌曲賞 録音賞
美術監督賞(白黒) 美術監督賞(カラー)
  • 若草物語』 – 美術: セドリック・ギボンズポール・グロッシー、装置: エドウィン・B・ウィリスジャック・D・ムーア
    • 『ドン・ファンの冒険』 – 美術: エドワード・キャリア、装置: ライル・レイフスナイダー
    • 『死せる恋人に捧ぐる悲歌』 – 美術・装置: ジム・モラハン、ウィリアム・ケルナー、マイケル・レルフ
撮影賞(白黒) 撮影賞(カラー)
  • 黄色いリボン』 – ウィントン・C・ホック
    • Sand – チャールズ・G・クラーク
    • 若草物語』 – ロバート・プランク、チャールズ・ショーンボーム
    • 『ジョルスン再び歌う』 - ウィリアム・スナイダー
    • 『ブロードウェイのバークレー夫妻』 – ハリー・ストラドリング
衣裳デザイン賞(白黒) 衣裳デザイン賞(カラー)
  • ドン・ファンの冒険』 – リー・ローデストラビーヤマージョリー・ベスト
    • 『ママは大学一年生』 – カイ・ネルソン
編集賞 特殊効果賞
  • 猿人ジョー・ヤング』 – アーコ・プロダクションRKOラジオ
    • 『タルサ』 – ウォルター・ウェンジャー、イーグル・ライオン

アカデミー名誉賞[編集]

外国語映画賞[編集]

アカデミー子役賞[編集]

統計[編集]

複数候補
  • 8候補: 『女相続人』
  • 7候補: 『オール・ザ・キングスメン』、『星は輝く』
  • 6候補: 『戦場』、『チャンピオン』
  • 4候補: 『硫黄島の砂』、『頭上の敵機』
  • 3候補: 『ジョルスン再び歌う』、『三人の妻への手紙』、『ピンキー』
  • 2候補: 『ドン・ファンの冒険』、『落ちた偶像』、『若草物語』、『愚かなり我が心』、『狐の王子』
複数受賞
  • 4受賞: 『女相続人』
  • 3受賞: 『オール・ザ・キングスメン』
  • 2受賞: 『戦場』、『三人の妻への手紙』、『頭上の敵機』