第22即応機動連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第22即応機動連隊
JGSDF 22nd Inf. official.jpg
訓練中の第22普通科連隊の隊員たち
創設 1958年昭和33年)6月17日
(第22普通科連隊)
廃止 2019年(平成31年)3月25日
再編成 2019年(平成31年)3月26日
(第22即応機動連隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 諸職種混成
所在地 宮城県 多賀城市 大和町
編成地 南仙台
上級単位 第6師団
担当地域 宮城県
テンプレートを表示

第22即応機動連隊(だいにじゅうにそくおうきどうれんたい、JGSDF 22nd Rapid Deployment Regiment)は、宮城県多賀城市多賀城駐屯地ならび宮城県黒川郡の大和駐屯地に所在する、陸上自衛隊第6師団隷下の即応機動連隊である。警備担任区域は多賀城市、塩竈市東松島市石巻市名取市岩沼市登米市気仙沼市栗原市大崎市仙台市七ヶ浜町松島町女川町南三陸町美里町涌谷町利府町であり、訓練は王城寺原演習場などで実施する。

概要[編集]

26中期防に基づき、第22普通科連隊を基幹に第6戦車大隊第6特科連隊第6高射特科大隊の一部を統合・再編した2個即応機動連隊(諸職種混成の戦闘団に準ずる部隊)のうちのひとつである。連隊本部・本部管理中隊・普通科中隊・火力支援中隊は多賀城駐屯地に、隷下の機動戦闘車隊は母体となった第6戦車大隊が所在していた大和駐屯地に引き続き駐屯している。

沿革[編集]

第22普通科連隊

  • 1958年(昭和33年)6月17日:南仙台駐屯地において第22普通科連隊が編成完結。
  • 1961年(昭和36年)8月5日:多賀城駐屯地に移駐(第1・第3大隊欠)[1]
  • 1962年(昭和37年)8月15日:第6管区隊の第6師団への改編に伴い、連隊再編。本部管理中隊及び4個普通科中隊、重迫撃砲中隊編成となる。
  • 1990年(平成02年)3月26日:師団近代化への改編により、自動車化。
  • 1999年(平成11年)3月26日:第6対戦車隊の廃止に伴い、対戦車中隊を新編。
  • 2006年(平成18年)3月27日:即応近代化改編により、軽装甲機動車01式軽対戦車誘導弾が配備。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第6後方支援連隊第2整備大隊へ移管。
  • 2008年(平成20年)10月:平成20年度派米諸職種共同訓練に参加。
  • 2018年(平成30年)8月1日:郡山・仙台・八戸等から昇任した野戦特科隊員を基幹とした新重迫撃砲中隊が始動。 
連隊の即応機動連隊化に向けた各中隊の慣熟訓練のため、師団内の第6戦車大隊から複数両の96式装輪装甲車(B型・Ⅱ型のB型)が一時的な管理替えで連隊本部に配備される。連隊の新装備として本部管理中隊対戦車小隊に中距離多目的誘導弾を配備。

第22即応機動連隊

部隊編成[編集]

第22普通科連隊廃止時の編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第22即応機動連隊長
兼 多賀城駐屯地司令
1等陸佐 大場智覚 2019年03月26日 第22普通科連隊長
兼 多賀城駐屯地司令
歴代の連隊長
(1等陸佐・多賀城駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
第22普通科連隊長
01 樋口六之助 1958年06月17日 - 1960年07月31日 第21普通科連隊 東北方面監察隊長
東北方面総監部監察課長
02 谷口太郎 1960年08月01日 - 1962年03月15日 陸上自衛隊幹部学校教育部教官 陸上自衛隊幹部学校学校教官
03 竹田津護作 1962年03月16日 - 1963年07月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上幕僚監部第4部副部長
04 中山平八郎 1963年08月01日 - 1965年03月15日 陸上幕僚監部第3部研究班長 東北方面総監部第3部長
05 布施谷力 1965年03月16日 - 1967年03月15日 東部方面総監部第2部長 第4師団司令部幕僚長
06 安田隆雄 1967年03月16日 - 1968年07月15日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 第13師団司令部幕僚長
07 南雲克郎 1968年07月16日 - 1970年07月15日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 自衛隊長野地方連絡部
08 河野一敏 1970年07月16日 - 1972年03月15日 東北方面総監部第2部長 第10師団司令部幕僚長
09 佐藤瑞 1972年03月16日 - 1974年07月15日 西部方面総監部第1部長 東北方面総監部総務課勤務
10 馬郡道生 1974年07月16日 - 1976年03月15日 陸上幕僚監部付 陸上幕僚監部第5部学校班長
11 飯澤耕作 1976年03月16日 - 1977年07月31日 自衛隊山形地方連絡部 東北方面総監部監察官
12 黒田崧 1977年08月01日 - 1979年03月15日 陸上幕僚監部第1部勤務 陸上自衛隊幹部学校研究員
13 枡康博 1979年03月16日 - 1980年07月31日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛班長
第7師団司令部幕僚長
14 野口有三 1980年08月01日 - 1983年03月15日 陸上幕僚監部調査部付 西部方面総監部幕僚副長
陸将補昇任)
15 瀬戸昭 1983年03月16日 - 1985年08月07日 西部方面総監部人事部人事課長 東北方面総監部総務部長
16 木家勝 1985年08月08日 - 1987年07月31日 北部方面総監部防衛部防衛課長 北部方面総監部防衛部長
17 藤原利將 1987年08月01日 - 1989年06月29日 陸上幕僚監部監理部総務課
庶務班長
陸上幕僚監部教育訓練部教育課長
18 小野寺平正 1989年06月30日 - 1991年07月31日 第12師団司令部第3部長 北部方面総監部人事部長
19 佐々木達士 1991年08月01日 - 1993年03月23日 東部方面総監部防衛部訓練課長 東北方面総監部防衛部長
20 清水明德 1993年03月24日 - 1995年06月29日 中部方面総監部防衛部防衛課長 陸上幕僚監部総括副監察官
21 井岡久 1995年06月30日 - 1997年12月07日 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
訓練班長
陸上幕僚監部防衛部研究課長
22 内田益次郎 1997年12月08日 - 1998年12月07日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課長
23 木﨑俊造 1998年12月08日 - 2000年06月29日 陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛班長 陸上幕僚監部人事部援護業務課長
24 上口信行 2000年06月30日 - 2002年12月01日 北部方面総監部防衛部訓練課長 陸上自衛隊幹部候補生学校学生隊長
25 加藤誠 2002年12月02日 - 2005年07月31日 陸上自衛隊研究本部企画調整官 自衛隊島根地方連絡部
26 角南良児 2005年08月01日 - 2007年03月27日 陸上幕僚監部教育訓練部教育訓練課
訓練・演習班長
統合幕僚監部運用部運用第2課長
27 菅野茂 2007年03月28日 - 2009年07月31日 陸上幕僚監部人事部補任課
人事第2班長
陸上自衛隊研究本部研究員
28 國友昭 2009年08月01日 - 2012年03月22日 第13旅団司令部第3部長 第12旅団司令部幕僚長
29 永田真一 2012年03月23日 - 2014年08月04日 北部方面総監部防衛部防衛課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
30 松永幸二 2014年08月05日 - 2015年08月03日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
業務計画班長
陸上幕僚監部防衛部防衛課長
31 二瓶惠司 2015年08月04日 - 2018年03月22日 陸上幕僚監部防衛部
情報通信・研究課情報通信室勤務
陸上幕僚監部人事教育部
人事教育計画課予備自衛官室長
大場智覚 2018年03月23日 - 2019年03月25日 陸上幕僚監部人事教育部
募集・援護課総括班長
第22即応機動連隊長
兼 多賀城駐屯地司令
第22即応機動連隊長
01 大場智覚 2019年03月26日 - 第22普通科連隊長
兼 多賀城駐屯地司令

主要装備[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝雲新聞社編集局 監修・陸上幕僚監部『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社、1971年。
  2. ^ 防衛省人事発令(2019年3月26日1佐職) (PDF)

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年8月4日閲覧。