第22航空群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第22航空群
Fleet Air Wing 22 logo.jpg
第22航空群ロゴマーク
創設 1987年(昭和62年)12月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 対艦・対潜航空部隊
ヘリコプター
所在地 長崎県 大村市
上級単位 航空集団
テンプレートを表示

第22航空群(だいにじゅうにこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 22 )とは、海上自衛隊航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、大村航空基地長崎県大村市)に配備されている。 群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

沿革[編集]

大村航空基地に駐機するSH-60J(左前)8267号機とSH-60K(右奥)8467号機
※ 新編時の編成(司令部・第122航空隊・第123航空隊・第22支援整備隊・大村航空基地隊)
  1. 第122航空隊、第124航空隊、佐世保地方隊大村航空隊を廃止、統合し「第22航空隊」を新編。
  2. 呉地方隊小松島航空隊を編入し「第24航空隊」に改編。
  3. 小月航空基地の小月救難飛行隊が廃止となり、同隊所属のUH-60J救難ヘリコプターが大村航空基地に移転し「第72航空隊」を新編。
  4. 鹿屋航空基地の鹿屋救難飛行隊を編入し「第72航空隊鹿屋航空分遣隊」に改編。徳島航空基地の徳島救難飛行隊を編入し「第72航空隊徳島航空分遣隊」に改編。
  1. 第22航空隊の第22列線整備隊、第72航空隊の第72列線整備隊と第22整備補給隊の第22検査隊を廃止、統合し第22整備補給隊に「第22機側整備隊」が新編[3]
  2. 大村航空基地隊の警衛隊、運航隊地上救難班、管理隊車両班が統合され「大村航空警備隊」に改編[4]
  3. 小松島航空基地隊の警衛班を航空警衛班に改編。
  • 4月2日:第72航空隊が廃止となり、第22航空隊に第224飛行隊及び鹿屋航空分遣隊を新編[3]

司令部編成[編集]

司令部は、大村航空基地に設置されている。

  • 航空群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成[編集]

第22航空群所属のSH-60K、SH-60J、UH-60J
第24航空隊所属のSH-60J
  • 第22航空隊(大村航空基地
    • 隊本部
    • 第221飛行隊・第222飛行隊・第223飛行隊:SH-60J/SH-60K(コールサイン "WYVERN")
    • 第224飛行隊:UH-60J(コールサイン "RESCUELARK")
    • 鹿屋航空分遣隊:UH-60J(鹿屋航空基地
  • 第24航空隊(小松島航空基地
    • 隊本部
      • 総務室
      • 幕僚室
      • 先任伍長室
    • 第241飛行隊:SH-60J(コールサイン "SHADOW")
    • 第241整備補給隊
      • 整備補給班
      • 航空機整備班
      • 装備整備班
      • 補給班
    • 小松島航空基地隊
      • 小松島管理班
      • 小松島航空警備班
      • 小松島運航班
      • 小松島通信班
      • 小松島経理班
      • 小松島厚生班
      • 小松島衛生班
  • 第22整備補給隊(大村航空基地)
    • 隊本部
    • 第22航空機整備隊
    • 第22電子整備隊
    • 第22武器整備隊
    • 第22機側整備隊
    • 第22補給隊
  • 大村航空基地隊(大村航空基地)
    • 隊本部
    • 大村管理隊
    • 大村航空警備隊
    • 大村運航隊
    • 大村経理隊
    • 大村厚生隊
    • 大村航空衛生隊

再編前の部隊編成[編集]

2008年(平成20年)3月25日以前の部隊編成(航空部隊のみ)を下記に示す。

  • 第122航空隊(大村航空基地)
    • 隊本部
    • 第122飛行隊:SH-60J(コールサイン "SNIPER")
    • 第122列線整備隊
  • 第124航空隊(大村航空基地)
    • 隊本部
    • 第124飛行隊:SH-60J(コールサイン "GANNET")
    • 第124列線整備隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第22航空群司令 海将補 國見泰寛 2020年08月25日 海上幕僚監部総務部副部長
首席幕僚 1等海佐 北林治 2019年08月02日 第25航空隊司令
第22航空隊司令 1等海佐 速水孝明 2021年04月05日 第25航空隊副長
兼 本部幕僚室長
→2021年1月8日 第22航空群司令部勤務
第24航空隊司令 1等海佐 林隆司 2019年11月01日 海上幕僚監部人事教育部
補任課服務室長
第22整備補給隊司令 1等海佐 木下周一 2019年08月02日 第1整備補給隊司令
大村航空基地隊司令 1等海佐 佐藤友明 2020年08月28日 小月教育航空群司令部首席幕僚
歴代の第22航空群司令
(特記ない限り海将補
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 今道周太 1987.12.1 - 1989.6.29 成蹊大
9期幹候
鹿屋教育航空群司令 退職
2 武内秀郎 1989.6.30 - 1990.7.8 早大
9期幹候
海上自衛隊幹部学校副校長
兼 企画部長
3 新井春雄 1990.7.9 - 1992.6.15 防大6期 大湊航空隊司令 舞鶴地方総監部幕僚長 就任時1等海佐
1990.12.15 海将補昇任
4 島 信行 1992.6.16 - 1994.3.31 15期幹候 海上幕僚監部調査部通信課長 退職 就任時1等海佐
1993.3.24 海将補昇任
5 織田 勝 1994.4.1 - 1995.3.22 防大8期 教育航空集団司令部幕僚長 第21航空群司令
6 清水幸夫 1995.3.23 - 1996.6.30 防大7期 海上自衛隊第3術科学校 退職
7 小串 茂 1996.7.1 - 1998.12.7 防大13期 第31航空群司令部首席幕僚 佐世保地方総監部幕僚長
8 柳田 晃 1998.12.8 - 2001.3.26 防大12期 第51航空隊司令 退職
9 小豆野実 2001.3.27 - 2003.3.26 防大16期 海上自衛隊幹部学校図演装置運用課長 海上幕僚監部監察官
10 植月政則 2003.3.27 - 2005.7.27 防大18期 第51航空隊司令 海上自衛隊幹部学校副校長
11 鮒田英一 2005.7.28 - 2007.3.27 東大
31期幹候
統合幕僚会議事務局第5幕僚室 舞鶴地方総監部幕僚長
12 山本敏弘 2007.3.28 - 2008.11.30 防大22期 第51航空隊司令 第21航空群司令
13 中田芳基 2008.12.1 - 2010.7.25 防大24期 海上幕僚監部人事教育部教育課長 情報本部情報官
14 渡邊剛次郎 2010.7.26 - 2012.3.29 防大29期 海上幕僚監部防衛部防衛課長 海上幕僚監部総務部副部長
15 日向綿次郎 2012.3.30 - 2013.8.21 防大24期 教育航空集団司令部幕僚長 第21航空群司令
16 西 成人 2013.8.22 - 2015.8.3 防大30期 統合幕僚監部防衛計画部防衛課長 海上幕僚監部監察官
17 大町克士 2015.8.4 - 2018.3.26 防大34期 海上幕僚監部防衛部防衛課長 海上自衛隊幹部学校副校長
18 岡田真典 2018.3.27 - 2020.8.24 防大30期 開発隊群司令 退職
19 國見泰寛 2020.8.25 - 防大35期 海上幕僚監部総務部副部長

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第18条の5”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2020年1月4日閲覧。
  2. ^ 第224飛行隊(大 村)紹介
  3. ^ a b 第22航空隊指揮官便り
  4. ^ 大村航空基地HP 大村航空基地隊ニュース