第23回全日本大学女子サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に
表示されていない場合があります。
2014年度 第23回全日本大学女子サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2015年1月7日 - 18日
参加チーム数 24
優勝 日本体育大学(2年ぶり16回目)
準優勝 大阪体育大学(7年ぶり3回目)
試合総数 24
ゴール数 124 (1試合平均 5.17 点)
観客動員数 9,234 (1試合平均 385 人)
得点王 藤掛まゆ(6得点)
テンプレートを表示

第23回全日本大学女子サッカー選手権大会は、2015年1月7日から18日にかけて兵庫県東京都で開催された、全日本大学女子サッカー選手権大会である。別称は、インターカレッジ女子サッカー(略称・通称:インカレ女子サッカー)。

概要[編集]

今大会は冠スポンサーが付き、大会正式名称は「第23回全日本大学女子サッカー選手権大会 supported by Microsoft Surface」。大会キャッチコピーは「私、咲け。」。

大会運営団体[編集]

大会要項・競技方法[編集]

基本的に大会実施年度のJFAサッカー競技規則に従い、参加チームによるノックアウト方式で、3位決定戦も行う。

主な独自規定[編集]

1回戦 - 準々決勝
  • 交代は、登録した7名以内の交代要員の中から5名まで。
  • 時間内で勝敗が決しない場合はPK戦を行う。(3位決定戦まで)
準決勝以降
  • 交代は、登録した7名以内の交代要員の中から3名まで。
決勝
  • 時間内で勝敗が決しない場合は延長戦20分(10分ハーフ)を行う。延長戦でも勝敗が決しない場合はPK戦を行う。

日程[編集]

会場[編集]

出場校[編集]

  • 前回大会優勝の吉備国際大学の所属地域が中国のため、中国地域の枠が1チーム増えている。
  • 参加資格により、単一大学の選手が11名に満たない場合、合同チームでの参加ができる。編成は、同大学の大学院生・同地域内の他大学の学生・同都道府県内の2大学合同が条件である。その際のチーム名は、中心となる大学または両大学名併記となる。
地域予選
地域 出場枠/予選参加数 チーム 所在 参加リーグ
北海道 1/1 札幌大学(合同)[9] 北海道 北海道女子サッカーリーグ[10]
東北 2/5 1仙台大学 宮城県 -
2聖和学園短期大学(合同)[11]
関東 6/10 1日本体育大学 神奈川県 チャレンジリーグ
2早稲田大学 東京都 関東女子サッカーリーグ1部
3関東学園大学 群馬県
4武蔵丘短期大学 埼玉県
5国士舘大学 東京都 関東女子サッカーリーグ2部
6筑波大学 茨城県 関東女子サッカーリーグ1部
北信越 2/5 1新潟医療福祉大学 新潟県 北信越女子サッカーリーグ
2信州大学 長野県
東海 2/6 1静岡産業大学 静岡県 チャレンジリーグ
2愛知東邦大学 愛知県 東海女子サッカーリーグ2部
関西 4/8 1姫路獨協大学 兵庫県 関西学生女子サッカーリーグ
2大阪体育大学 大阪府
3武庫川女子大学 兵庫県
4大阪国際大学 大阪府
中国 2+1/5 1徳山大学 山口県 中国女子サッカーリーグ
2吉備国際大学 岡山県 なでしこリーグ
3広島大学 広島県 中国女子サッカーリーグ
四国 2/4 1環太平洋大学短期大学部 愛媛県 チャレンジリーグ
2愛媛大学 愛媛県女子サッカーリーグ1部
九州 2/4 1九州共立大学 福岡県 -
2福岡大学 九州女子サッカーリーグ

トーナメント[編集]

1回戦 - 準々決勝[編集]

※関東第1 - 4、北信越第1、関西第1・2、中国第1の代表校には、シード権が与えられる。

1回戦(M1・2)   2回戦(M9・10)   準々決勝(M17)
                   
       徳山大学 2  
 愛知東邦大学 0      大阪国際大学 3  
 大阪国際大学 4        大阪国際大学 0
     武蔵丘短期大学 4
       環太平洋大学短期大学部 2
 信州大学 1      武蔵丘短期大学 5  
 環太平洋大学短期大学部 3  
1回戦(M3・4)   2回戦(M11・12)   準々決勝(M18)
                   
       大阪体育大学 5  
 仙台大学 9      仙台大学 0  
 広島大学 0        大阪体育大学 1
     国士舘大学 0
       国士舘大学(PK) 1(4)
 九州共立大学 0      早稲田大学 1(2)  
 国士舘大学 12  
1回戦(M5・6)   2回戦(M13・14)   準々決勝(M19)
                   
       姫路獨協大学 1  
 静岡産業大学 16      静岡産業大学 2  
 聖和学園短期大学 0        静岡産業大学 0
     吉備国際大学 1
       吉備国際大学 1
 福岡大学 1      関東学園大学 0  
 吉備国際大学 13  
1回戦(M7・8)   2回戦(M15・16)   準々決勝(M20)
                   
       新潟医療福祉大学 3  
 武庫川女子大学 10      武庫川女子大学 1  
 愛媛大学 0        新潟医療福祉大学 0
     日本体育大学 6
       筑波大学 0
 筑波大学 3      日本体育大学 1  
 札幌大学 0  


準決勝 - 決勝[編集]

準決勝 決勝
M21   M24
 武蔵丘短期大学 1  大阪体育大学 0(2)
 大阪体育大学 4      日本体育大学(PK) 0(4)
M22  
 吉備国際大学 0   3位決定戦
 日本体育大学 1     M23
   武蔵丘短期大学 0
   吉備国際大学 6

3位決定戦[編集]

#23
2015年1月18日
10:15
武蔵丘短期大学 0 - 6 吉備国際大学
公式記録 (PDF) 高塚綾音 18分にゴール 18分
西川明花 28分にゴール 28分56分60分
濱本まりん 29分にゴール 29分
村松真冬 64分にゴール 64分
味の素フィールド西が丘
観客数: 2150人
主審: 徳永光恵

決勝戦[編集]

#24
2015年1月18日
13:08
大阪体育大学 0 - 0
(延長)
日本体育大学
公式記録 (PDF)
  PK戦  
本多由佳 成功
三橋眞奈 成功
加藤みづほ ミス
松岡沙由理 ミス
2 - 4 成功 長嶋洸
成功 阿部理絵
成功 羽座妃粋
成功 植村祥子
味の素フィールド西が丘
観客数: 3555人
主審: 山下良美

結果・表彰[編集]

  • フェアプレー賞は、JFA選考基準に従いベスト4進出チームの中から選ばれる。
チーム 備考
優勝 日本体育大学 2年ぶり16回目(最多更新)
準優勝 大阪体育大学 7年ぶり3回目
3位 吉備国際大学 2年ぶり4回目
フェアプレー賞
4位 武蔵丘短期大学

得点ランキング[編集]

得点数 選手(学年) チーム/出身 備考
6 藤掛まゆ(4年) 国士舘大学/浦和レッズレディースユース 関東女子サッカーリーグ2部2014年度得点王
5 星山彩香(2年) 武蔵丘短期大学/北海道大谷室蘭高等学校 武蔵丘短期大学女子サッカー部CIENCIA所属
4 西川樹(4年) 大阪国際大学/京都精華女子高等学校 バニーズ京都SC内定
窪田美月(2年) 静岡産業大学/日ノ本学園高等学校 静岡産業大学磐田ボニータ所属
本多由佳(3年) 大阪体育大学/JFAアカデミー福島 -
西川明花(4年) 吉備国際大学/北海道文教大学明清高等学校 ベガルタ仙台レディース内定

テレビ放送[編集]

  • 決勝戦(13:00 - 15:54、BSフジ)生中継[12]
  • 決勝ダイジェスト(2015年1月26日1:10 - 2:10、フジテレビ)SPORT PLUS枠

チーム紹介動画コンテスト[編集]

YouTubeのJUWFAチャンネル[13]アップロードされた各チームの紹介動画を用いて、Facebookいいね!Twitterリツイートの総数を争う。(武庫川女子大学・広島大学の動画は無い。)

脚注[編集]

  1. ^ 日程・結果 (PDF) - 北海道サッカー協会
  2. ^ 大会/リーグ戦スケジュール・結果 - 関東大学女子サッカー連盟
  3. ^ 結果 (PDF) - 関西サッカー協会
  4. ^ 結果 (PDF) - 東北サッカー協会
  5. ^ 結果 (PDF) - 愛知県サッカー協会女子委員会
  6. ^ 女子 (PDF) - 岡山県サッカー協会
  7. ^ 結果 (PDF) - 愛媛サッカー協会
  8. ^ 結果 (PDF) - 九州サッカー協会
  9. ^ 北翔大学との合同チーム。
  10. ^ 2014年度から初参戦。
  11. ^ 尚絅学院大学仙台白百合女子大学宮城学院女子大学との合同チーム。
  12. ^ 決勝戦 - BSフジ
  13. ^ 全日本大学女子サッカー連盟 - YouTube

関連項目[編集]