第23回全日本都市対抗バレーボール優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第23回全日本都市対抗バレーボール優勝大会
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
参加チーム数 男子:21
女子:17
前回優勝 男子:松下電器
女子:日立武蔵
テンプレートを表示

第23回全日本都市対抗バレーボール優勝大会(だい23かいぜんにほんとしたいこう バレーボールゆうしょうたいかい)は、1974年4月27日から5月1日にかけて行われた、第23回目の全日本都市対抗バレーボール優勝大会である。

概要[編集]

  • 日程:1974年4月27日 - 5月1日
  • 会場:大阪府立体育館
  • 参加チーム数:男子 21チーム、女子 17チーム

試合方法[編集]

参加チームを3-4チーム×男子6組、女子5組のグループに分けグループ戦を行い、勝ち抜けしたチームがトーナメント戦を行い、優勝を争う。

男子[編集]

参加チームと組み合わせ[編集]

A組 B組 C組 D組 E組 F組
チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名
日本ビクター横浜 神奈川県 シチズン時計 東京都 新日鉄室蘭 北海道 日本ビクター 神奈川県 湯沢クラブ 秋田県 日本鋼管 神奈川県
和歌山教員 和歌山県 住友軽金属 愛知県 東レ九鱗会 静岡県 新日鉄堺 大阪府 富士フイルム 神奈川県 サントリー 大阪府
専売広島 広島県 神戸製鋼 兵庫県 松下電器 大阪府 電電中国 広島県 日本電熱 長野県 帝人三原 広島県
住友金属 福岡県 旭化成 岡山県 帝人松山 愛媛県

グループ戦[編集]

A組
#101
専売広島 2 - 0
(15-0)
(15-10)
日本ビクター横浜
#102
住友金属 2 - 0
(15-5)
(15-11)
和歌山教員
#103
和歌山教員 2 - 0
(15-4)
(17-15)
日本ビクター横浜
B組
#104
旭化成 2 - 1
(11-15)
(15-13)
(17-15)
シチズン時計
#105
住友軽金属 2 - 0
(15-9)
(15-9)
神戸製鋼
#106
シチズン時計 2 - 1
(15-10)
(10-15)
(15-8)
神戸製鋼
C組
#107
松下電器 2 - 0
(15-2)
(15-8)
帝人松山
#108
東レ九鱗会 2 - 0
(15-3)
(15-5)
新日鉄室蘭
#109
新日鉄室蘭 2 - 0
(15-13)
(15-8)
帝人松山
D組
#110
日本ビクター 2 - 0
(15-11)
(15-10)
電電中国
#111
新日鉄堺 2 - 0
(15-3)
(15-4)
電電中国
E組
#112
湯沢クラブ 2 - 0
(15-13)
(15-13)
日本電熱
#113
富士フイルム 2 - 0
(15-3)
(15-5)
日本電熱
F組
#114
帝人三原 2 - 0
(15-9)
(15-6)
サントリー
#115
日本鋼管 2 - 1
(11-15)
(15-13)
(16-14)
サントリー

トーナメント戦[編集]

1回戦[編集]

#121 1974年4月28日
住友軽金属 3 - 0
(15-2)
(15-7)
(15-9)
日本ビクター
#122 1974年4月28日
富士フイルム 3 - 0
(15-7)
(15-9)
(15-1)
住友金属
#123 1974年4月28日
専売広島 3 - 0
(15-5)
(15-3)
(15-4)
新日鉄室蘭
#124 1974年4月28日
日本鋼管 3 - 0
(15-4)
(15-2)
(15-9)
和歌山教員
#125 1974年4月28日
旭化成 3 - 0
(15-2)
(15-7)
(15-13)
帝人三原
#126 1974年4月28日
東レ九鱗会 3 - 0
(15-6)
(15-6)
(15-4)
シチズン時計
#127 1974年4月28日
新日鉄堺 3 - 0
(15-1)
(15-3)
(15-3)
湯沢クラブ

2回戦[編集]

#128 1974年4月29日
松下電器 3 - 0
(16-14)
(15-10)
(16-14)
住友軽金属
#129 1974年4月29日
富士フイルム 3 - 0
(15-9)
(15-2)
(15-11)
専売広島
#130 1974年4月29日
日本鋼管 3 - 0
(15-5)
(15-7)
(15-12)
旭化成
#131 1974年4月29日
新日鉄堺 3 - 0
(15-11)
(15-4)
(15-7)
東レ九鱗会

準決勝[編集]

#132 1974年4月30日
富士フイルム 3 - 0
(15-10)
(19-17)
(15-6)
松下電器
#133 1974年4月30日
新日鉄堺 3 - 1
(13-15)
(15-8)
(15-2)
(15-12)
日本鋼管

3位決定戦[編集]

#134 1974年5月1日
松下電器 3 - 0
(15-11)
(15-8)
(15-10)
日本鋼管

決勝[編集]

#135 1974年5月1日
新日鉄堺 3 - 1
(13-15)
(15-5)
(15-5)
(15-8)
富士フイルム

最終順位[編集]

順位 チーム名 都道府県名
優勝 新日鉄堺 大阪府
準優勝 富士フイルム 神奈川県
3位 松下電器 大阪府
4位 日本鋼管 神奈川県

女子[編集]

参加チームと組み合わせ[編集]

A組 B組 C組 D組 E組
チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名 チーム名 都道府県名
日東紡富久山 福島県 富士フイルム 神奈川県 日立茂原 千葉県 三洋電機 群馬県 ヤシカ 東京都
日立武蔵 東京都 鐘紡 三重県 ユニチカ貝塚 大阪府 石川繊維 石川県 ヤクルト本社 神奈川県
住友軽金属 愛知県 専売茨木 大阪府 久光製薬 佐賀県 東洋紡守口 大阪府 新日鉄堺 大阪府
倉紡倉敷 岡山県 石川島播磨重工呉 広島県

グループ戦[編集]

A組
#201
日立武蔵 2 - 0
(15-4)
(15-1)
日東紡富久山
#202
倉紡倉敷 2 - 0
(15-2)
(15-4)
住友軽金属
#203
住友軽金属 2 - 1
(15-17)
(16-14)
(15-10)
日東紡富久山
B組
#204
富士フイルム 2 - 0
(15-1)
(15-5)
専売茨木
#205
鐘紡 2 - 0
(15-4)
(15-8)
石川島播磨重工呉
#206
石川島播磨重工呉 2 - 0
(15-3)
(15-1)
専売茨木
C組
#207
久光製薬 2 - 1
(15-9)
(10-15)
(15-6)
日立茂原
#208
ユニチカ貝塚 2 - 0
(15-3)
(15-2)
日立茂原
D組
#209
東洋紡守口 2 - 0
(15-2)
(15-1)
石川繊維
#210
三洋電機 2 - 0
(15-10)
(15-5)
石川繊維
E組
#211
ヤクルト本社 2 - 0
(15-9)
(18-16)
新日鉄堺
#212
ヤシカ 2 - 0
(15-2)
(15-5)
新日鉄堺

トーナメント戦[編集]

1回戦[編集]

#221 1974年4月28日
東洋紡守口 3 - 0
(15-7)
(15-7)
(15-4)
住友軽金属
#222 1974年4月28日
三洋電機 3 - 0
(15-7)
(15-13)
(15-0)
石川島播磨重工呉
#223 1974年4月28日
ユニチカ貝塚 3 - 1
(6-15)
(15-4)
(15-1)
(15-3)
ヤクルト本社
#224 1974年4月28日
倉紡倉敷 3 - 0
(15-6)
(15-9)
(15-4)
久光製薬

2回戦[編集]

#225 1974年4月29日
日立武蔵 3 - 0
(15-5)
(15-3)
(15-4)
東洋紡守口
#226 1974年4月29日
三洋電機 3 - 0
(15-9)
(15-11)
(15-6)
富士フイルム
#227 1974年4月29日
ヤシカ 3 - 0
(15-8)
(15-8)
(15-11)
ユニチカ貝塚
#228 1974年4月29日
鐘紡 3 - 0
(15-6)
(15-5)
(15-2)
倉紡倉敷

準決勝[編集]

#229 1974年4月30日
日立武蔵 3 - 1
(11-15)
(15-9)
(15-12)
(15-10)
三洋電機
#230 1974年4月30日
ヤシカ 3 - 2
(13-15)
(15-11)
(15-8)
(8-15)
(15-8)
鐘紡

3位決定戦[編集]

#231 1974年5月1日
鐘紡 3 - 0
(15-10)
(15-12)
(15-9)
三洋電機

決勝[編集]

#232 1974年5月1日
日立武蔵 3 - 0
(15-7)
(15-11)
(18-16)
ヤシカ

最終順位[編集]

順位 チーム名 都市名
優勝 日立武蔵 東京都
準優勝 ヤシカ 東京都
3位 鐘紡 三重県
4位 三洋電機 群馬県

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1974年6月号 178-179ページ