第24回フェブラリーステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェブラリーステークス > 第24回フェブラリーステークス
映像外部リンク
2007 フェブラリーS
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

2007年2月18日東京競馬場で行なわれた第24回フェブラリーステークスについて詳述する。

レース施行時の状況[編集]

東京競馬場は朝から雨であったが、午後になって急速に回復した。中央・地方を通じて、ここまでGI競走で2着9回という惜敗続きのシーキングザダイヤが単勝1番人気に推された。2番人気は、前年暮れの東京大賞典でそのシーキングザダイヤらを破ったブルーコンコルド。3番人気は平安ステークス2着から参戦のサンライズバッカス。以下、1000万円下条件から3連勝で平安ステークスを制したメイショウトウコン武蔵野ステークス勝ちを含め7戦連続連対中のシーキングザベストまで単勝オッズ10倍以下の人気という混戦模様であった。当日の天候は晴、馬場状態は不良。

出走馬と枠順[編集]

枠番 馬番 競走馬名 斤量 騎手 オッズ 調教師
1 1 サカラート 牡7 57 吉田豊 123.4(14人) 石坂正
2 アジュディミツオー 牡6 57 内田博幸 14.3(7人) 川島正行
2 3 タガノサイクロン 牡4 57 池添謙一 63.7(12人) 池添兼雄
4 シーキングザダイヤ 牡6 57 武豊 3.9(1人) 森秀行
3 5 カフェオリンポス 牡6 57 岩田康誠 144.1(15人) 松山康久
6 メイショウトウコン 牡5 57 武幸四郎 8.0(4人) 安田伊佐夫
4 7 ブルーコンコルド 牡7 57 幸英明 4.0(2人) 服部利之
8 フィールドルージュ 牡5 57 ルメール 13.3(6人) 西園正都
5 9 リミットレスビッド 牡8 57 蛯名正義 43.3(11人) 加用正
10 シーキングザベスト 牡6 57 福永祐一 9.2(5人) 森秀行
6 11 オレハマッテルゼ 牡7 57 後藤浩輝 39.3(10人) 音無秀孝
12 サンライズバッカス 牡5 57 安藤勝己 5.9(3人) 音無秀孝
7 13 ダイワバンディット 牡6 57 北村宏司 165.2(16人) 増沢末夫
14 メイショウバトラー 牝7 55 ペリエ 17.2(8人) 高橋成忠
8 15 ビッググラス 牡6 57 村田一誠 20.0(9人) 中尾秀正
16 トーセンシャナオー 牡4 57 横山典弘 70.8(13人) 森秀行

レース展開[編集]

好スタートからダイワバンディットが先頭に立ち、これにトーセンシャナオー、オレハマッテルゼ、メイショウバトラーなどが続いた。シーキングザダイヤ、ブルーコンコルド、サンライズバッカスの人気3頭はいずれも中団からやや後方を進んでいた。1000メートル通過が58秒9。4コーナーを回って最後の直線、ビッググラス、シーキングザベストなどが横一線に広がった外から、サンライズバッカスが差し脚を伸ばして先頭。坂を登ってからようやく追い込んできたブルーコンコルドが1馬身半まで差を詰めたが及ばず、サンライズバッカスが優勝した。

着順[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 6 12 サンライズバッカス 1.34.8
2 4 7 ブルーコンコルド 1.35.0 1 1/2馬身
3 8 15 ビッググラス 1.35.4 2 1/2馬身
4 3 5 カフェオリンポス 1.35.5 1/2馬身
5 4 8 フィールドルージュ 1.35.6 3/4馬身
6 5 10 シーキングザベスト 1.35.6 ハナ
7 1 1 サカラート 1.35.6 ハナ
8 5 9 リミットレスビッド 1.35.6 ハナ
9 2 4 シーキングザダイヤ 1.35.6 クビ
10 7 14 メイショウバトラー 1.35.8 1馬身
11 3 6 メイショウトウコン 1.36.0 1 1/4馬身
12 2 3 タガノサイクロン 1.36.2 1 1/4馬身
13 7 13 ダイワバンディット 1.36.3 クビ
14 1 2 アジュディミツオー 1.36.4 3/4馬身
15 8 16 トーセンシャナオー 1.36.7 2馬身
16 6 11 オレハマッテルゼ 1.36.8 1/2馬身