第24回気候変動枠組条約締約国会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第24回気候変動枠組条約締約国会議
(COP24)
President Rumen Radev attends the UN Climate Change Conference in Katowice, Poland 01.jpg
各国の代表団
開催期間 2018年12月2日-12月15日
開催地 ポーランドの旗 ポーランド カトヴィツェ
参加国 気候変動枠組条約締約国
議長 ミハウ・クリティカ
公式サイト http://www.cop24.katowice.eu/

第24回気候変動枠組条約締約国会議(だい24かいきこうへんどうわくぐみじょうやくていやくこくかいぎ、英語: 24th Conference of Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change)は、2018年12月2日から12月15日の日程でポーランドカトヴィツェで開催された。通称COP24COP21で採択されたパリ協定を運用する実施指針を採択した。

交渉の概要[編集]

パリ協定の実施指針[編集]

2015年パリで開かれたCOP21ですべての国を対象としたパリ協定が成立した。その後パリ協定の具体的なルール作りが急ピッチで進められ、COP24における交渉で詳細なルール(実施指針)が決められることになっていた。今後の気候変動対策が順調に進むことができるかどうかの分岐点ともなるため、交渉の進捗に注目が集まった。交渉は難航し日程の延長もされたが、最終的にはすべての国を対象とした、ほぼ統一的なルールを採択する結果となった[1]

実施指針の主な点

  • 各国の国別目標(NDC) :各国が策定する気候変動対策の目標にどのような項目を設けるか
  • 透明性 :各国の排出削減の取組みの報告とそのチェック
  • グローバル・ストックテイク :5年ごとの世界全体での結果の検討について

タラノア対話[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【動画あり】COP24「パリ協定のルール作り」に成功!”. 2019年1月29日閲覧。

参考文献[編集]