第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
前橋競輪場・GI
レース詳細
開催日 2017年10月6日 - 9日
レース結果
優勝  渡邉一成 (福島県)
2位  新田祐大 (福島県)
3位  成田和也 (福島県)
2016
2018

第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントは、2017年10月6日)から9日)まで、前橋競輪場で行われた。優勝賞金2890万円[1][2](副賞含む[3][4])。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

[2][5][6]

  • 10月9日(月)第12レース[*1]
  • 誘導員…小林大介( 群馬県[7]
車番 選手 登録地
着差 決まり手 上がり
(秒)
H/B 特記
1 2 渡邉一成  福島県 SS 差し 9.4
2 7 新田祐大  福島県 SS 3/4車身 捲くり 9.7 B
3 4 成田和也  福島県 S1 3/4車身 9.4
4 5 椎木尾拓哉  和歌山県 S1 1車身 9.3
5 9 金子貴志  愛知県 S1 1/2車身 9.5
6 8 岡村潤  静岡県 S1 2車身 9.6
7 6 吉田敏洋  愛知県 S1 2車身 9.7
8 1 深谷知広  愛知県 S1 9車身 10.6
9 3 浅井康太  三重県 SS 大差 11.9 H

配当金額[編集]

2枠連 2車連 3連勝 ワイド
複式 2=5 440円 2=7 480円 2=4=7 1,260円 2=4 620円
単式 2-5 1,110円 2-7 1,180円 2-7-4 3,670円 2=7 290円
4=7 860円

レース概要[編集]

[4] 中部は、愛知トリオに対して、浅井(近畿の椎木尾が付けた)は別線。

浅井の先行態勢で最終周回。打鐘の2センターから巻き返そうとした深谷は不発。新田がラインを連れてバックで抜き去り、番手の渡邉がGI連覇。福島トリオでの上位独占となった。

その他[編集]

  • 今回、最終日も12レース制^[*1]になった(敗者戦が1個増えて帰郷なし)[8][9]
  • 決勝戦の地上波中継は、テレビ東京TXN系列 全6局ネット》が放送[10]
  • 決勝メンバー中、椎木尾拓哉[11][12]と岡村潤[13]は今回がGI初優出となった。
  • 4日間の総売上は80億5304万8300円(目標85億円)[1]。前年比96.3%で、4日制GIワースト(昨年11月の競輪祭)を更新した[14](翌2018年の寛仁親王牌で再更新[15])。

脚注[編集]

[ヘルプ]
寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
前回 (2016年 第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
2017年・前橋)
次回(2018年
第25回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
(前橋)
第27回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
(前橋)